Internet.org

  • Facebookがソーラー発電のインターネット・ドローンをテスト中、エアバスと提携

    Facebookがソーラー発電のインターネット・ドローンをテスト中、エアバスと提携

    昨年Facebookは世界中にインターネットを広げるソーラー発電ドローンを開発する野心的計画を中止したが、コンセプトは終わっていなかったようだ。 続きを読む

  • FacebookのインターネットドローンAquilaで運輸安全委員会が‘構造的欠陥’を調査中

    FacebookのインターネットドローンAquilaで運輸安全委員会が‘構造的欠陥’を調査中

    FacebookのInternet.orgとFree Basicsのメリットについては異論も多いけど、でもそれを届けるために作っている、太陽光を動力とする巨大なレーザー照射ドローンは相当クールだ。でもそのAquilaの最初のテスト飛行で露見した“構造的欠陥”は、Facebookが考えていたよりも深刻なようだ。Bloombergの記事によると、運輸安全委員会(NTSB)が調査を行っている。 続きを読む

  • マーク・ザッカーバーグ、Internet.org通信衛星の爆発に「深く失望」

    マーク・ザッカーバーグ、Internet.org通信衛星の爆発に「深く失望」

    今日(米国時間9/1)、SpaceXのロケットFalcon 9が、発射台上で爆発した。原因はまだわかっていない。詳細は現在調査中だが、同社がテスト中に起きた何らかの異常が大惨事を生んだことはたしかだ。幸い発射台近くに人はいなかった。しかしこの事故はFacebookのInternet.orgプロジェクトに深刻な影響を与えるだろう。通信に使用する人工衛星も事故で破壊されたためだ。 続きを読む

  • インド当局、FacebookのFree Basicsに一時中止要請

    インド当局、FacebookのFree Basicsに一時中止要請

    Facebookのプロジェクト、Internet.orgが提供するサービスであるFree Basicが、今週インドで厳しい状況に立たされている。まず、同社のメールキャンペーンが強引で誤解を与えるとして批判された。そして今度は、FacebookのパートナーであるReliance Communicationsが、インドの通信規制当局(TRAI)からの要求を受け、同社ネットワークでFree Basicsのサービスを一時中止することに同意した。 続きを読む

  • Facebookの野心的無料ネット接続、Internet.orgのアプリがインド全域で利用可能に

    Facebookの野心的無料ネット接続、Internet.orgのアプリがインド全域で利用可能に

    Facebookは途上国向けにインターネット接続を無料で提供しようという野心的なInternet.org計画を進めてきた。この努力が実を結び、今やインド全域でReliance Communicationsのネットワークを利用した基本サービスの接続アプリ、 Free Basicsが無料で利用できるようになった。このプロジェクトは途上国の人々に無料でネットへのアクセスを提供しようとするものだ。ただし一部からはこれに批判の声が上がっていた。 続きを読む

  • オバマ大統領曰く「全家庭でインターネットを利用可能とすることがアメリカ成長の鍵」

    オバマ大統領曰く「全家庭でインターネットを利用可能とすることがアメリカ成長の鍵」

    第三世界の国々にて、インターネットへのアクセス環境が十分に整っていないことは多くの人が意識している通りだ。その問題に対処するために、いろいろな意見がある中でもFacebookがInternet.orgを運用したりもしているわけだ。ただ、実のところはアメリカ合衆国の中においてさえ、4人に1人が家庭からインターネットにアクセスできないとうい事実は忘れられがちだ。 続きを読む

  • 新興国の利用者曰く、インターネットはモラル面でマイナスの効果を及ぼす?!

    新興国の利用者曰く、インターネットはモラル面でマイナスの効果を及ぼす?!

    新しく発表されたPew Researchのレポートでは、新興国においてインターネットがもたらす影響を調査している。人々が「インターネット」についてどのように考えているかに力点をおいている。 昨今、新興国にもインターネットに繋がる環境を構築しようと、FacebookやGoogleなどはかなりの投資を行なっている。たとえばFacebookは特定地域に無料のモバイルインターネットを提供しようとするInternet.orgなるプロジェクトを運営している。Googleの方も気球や高高度を飛ぶドローンなどを通じたアクセス手段を提供しようとしている。こ… 続きを読む

  • Facebook、太陽光発電で成層圏に滞空するドローンを買収か―50億人に安いネットアクセスの提供を狙う

    Facebook、太陽光発電で成層圏に滞空するドローンを買収か―50億人に安いネットアクセスの提供を狙う

    Facebookは、インターネットの利用が未だに自由にできない世界の50億人の人々に対して安価なアクセスを提供しようというInternet.orgイニシアチブの主要な後援者だ。TechCrunchが得た情報によると、この努力を大きく前進させるために、Facebookは太陽光発電を動力として大気圏上層に長期間滞空できるドローンを開発しているTitan Aerospaceと買収交渉に入っているという。われわれの情報源によると買収額は6000万ドル程度だという(*)。 このドローンは5年間無着陸で飛行を続けることができるという。Facebook… 続きを読む

  • Facebook、オープン・コンピュート・プロジェクトで10億ドル以上を節約

    Facebook、オープン・コンピュート・プロジェクトで10億ドル以上を節約

    Facebookは独自に省エネ性能の高いサーバーを設計したことで莫大な利益を上げているようだ。 今日(米国時間1/28)、CEOのマーク・ザッカーバーグはOpen Computeサミットで「Open Computeデザインにもとづいてインフラを構築することにより、の3年間でわれわれは10億ドル以上の経費節減に成功している」と述べた。 Facebookは2011年4月にOpen Computeプロジェクトをスタートさせた。その後参加者はIT産業全体に広がり、サーバー、データセンターのグリーン化に大きく貢献するようになった。現在のメンバーにはInt… 続きを読む

  • ザッカーバーグ、新たな使命を語る―次のターゲットはインターネットにアクセスできない50億人

    ザッカーバーグ、新たな使命を語る―次のターゲットはインターネットにアクセスできない50億人

    ユーザーが10億人に達した後もFacebookは前進を続けている。それどこころかインターネット・ユーザーの全員がFacebookに加入しても終わりではない。「世界をよりオープンでより結び付けられた場所にする」というFacebookの使命は地域や収入を問わず文字通り「世界中の人々」を対象としている。ファウンダー、CEOのマーク・ザッカーバーグが「われわれはインターネットを拡大するというより困難な課題に取り組むためにFacebookを再編成中だ」と語った理由はその点にある。 先月、ザッカーバーグはInternet.orgを立ち上げ、自ら執筆… 続きを読む