iOS

  • すべてのiPhoneで有効な脱獄ツールが新たに登場

    すべてのiPhoneで有効な脱獄ツールが新たに登場

    有名なiPhoneハッキングチーム「unc0ver」は、すべてのiPhoneのロックを解除できる新しい「脱獄=ジェイルブレイク」ツールをリリースした。最新のiOS 13.5が動作している現行モデルも対象だ。 続きを読む

  • 「ネコちゃん、出ておいで!」はステイホーム中のかわいい暇つぶしアプリ

    「ネコちゃん、出ておいで!」はステイホーム中のかわいい暇つぶしアプリ

    このステイホーム期間中、ずっと子どもと過ごしてきたみなさんは、そろそろ彼、彼女たちを楽しませる方法が底をついてきたころだろう。そこで朗報だ! あなたのiPhoneがネコになってくれる。 続きを読む

  • アップルとグーグルが新型コロナ暴露通知アプリのサンプルコードやUI、詳細ポリシーを公開

    アップルとグーグルが新型コロナ暴露通知アプリのサンプルコードやUI、詳細ポリシーを公開

    AppleとGoogleは、最初のバージョンのExposure Notification(暴露通知)APIの開発者向けに、さらなるリソースの提供を開始した。両社は、公的保健機関が新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が診断された患者との接触の可能性を個人に知らせる、クロスプラットフォームの通知手段の開発に取り組んでいる 続きを読む

  • アップルとグーグルが新型コロナ感染チェック用モバイルアプリを共同開発、プライバシー保護も確約

    アップルとグーグルが新型コロナ感染チェック用モバイルアプリを共同開発、プライバシー保護も確約

    AppleとGoogleは協力して個人が新型コロナウイルス(COVID-19)の感染リスクをチェックする分散型モニターツールを開発中だ。このアプリはBluetoothテクノロジーを利用して感染者との接触を発見し、ユーザーにフォローアップを送信する。 続きを読む

  • iOS 14にサードパーティーアプリをダウンロード前に試せる機能のコードを発見

    iOS 14にサードパーティーアプリをダウンロード前に試せる機能のコードを発見

    Appleは、iOSユーザーがまだ自分の端末にインストールされていないサードパーティー製アプリとやり取りできる機能を開発いるらしいと9to5Macが伝えている。記事はiOS 14のコードの中で発見された情報に基づくもので、必ずしもアップルが公開予定であるという意味ではなく、同社での開発が進んでいるらしいという兆候にすぎない。 続きを読む

  • 長時間の在宅で2020年第1四半期のアプリの売上は史上最高を記録

    長時間の在宅で2020年第1四半期のアプリの売上は史上最高を記録

    新型コロナウイルスの感染拡大で家にいる時間が長くなったことから、2020年第1四半期のアプリの売上は四半期としてはこれまでで最高の約2兆5400億円になった。 続きを読む

  • GoogleポッドキャストがついにiOSでも利用可能に

    GoogleポッドキャストがついにiOSでも利用可能に

    ちょうど我々が家にこもっている間、Google(グーグル)はデザインを刷新したPodcastsを発表した。 刷新されたアプリでは、中心のポッドキャストの発見を中心とした、3つの主要なタブに分割されている。 続きを読む

  • アップルが各OSをアップデート、iPadOS 13.4はマウス/トラックパッドをサポート

    アップルが各OSをアップデート、iPadOS 13.4はマウス/トラックパッドをサポート

    AppleはiPhone、iPad、Apple Watch、Apple TV、Mac用のOSアップデートをリリース。最大の変更があったのはiPadで、新しいiPadOSではマウスないしトラックパッドをiPadとペアリングし、ディスプレイ上のカーソルを動かせるようになっている。 続きを読む

  • FacebookのCreator Studioにモバイル版が登場

    FacebookのCreator Studioにモバイル版が登場

    FacebookのCreator Studioにモバイル版が追加された。Creator Studioはクリエイターとパブリッシャー向けのインサイトダッシュボードだが、今回、iOSとAndroidの両方のモバイルアプリが配信されている。デスクトップ版と同様に、ユーザーはFacebookのページ全般に渡ってコンテンツのパフォーマンスを追跡し、記事の公開、投稿スケジュールの設定や調整、ファンからのメッセージへの返信などが可能だ。 続きを読む

  • AppleがiPhoneの性能を勝手に抑えたことにフランスが罰金を科す

    AppleがiPhoneの性能を勝手に抑えたことにフランスが罰金を科す

    フランスの競争・消費・詐欺防止総局であるDGCCRFは米国時間2月7日朝、「消費者に伝えなかったことは不作為によって誤解に導く事業慣行である」と、iOSのアップデートに際して古い機種の性能を抑えたことに対して、Appleに対する2740万ドル(約30億円)の罰金を科すことを発表した。 続きを読む