iPad(製品・サービス)

iPadは、アップル製のタブレット型コンピュータ。

  • iPad Airレビュー、Appleの個人利用のポータブルコンピュータで一番オススメなデバイス

    iPad Airレビュー、Appleの個人利用のポータブルコンピュータで一番オススメなデバイス

    2020年の最新iPad Airは、Appleのリリースサイクルの中では興味深いタイミングでやってきた。iPad Proはスペックの観点からはまだ強力だが、技術的にみるとCPUでは半世代ほど遅れている。新しいProモデルは(理論的には)あと数カ月間は登場しないだろう 続きを読む

  • AdobeがiPad用IllustratorとiPhone用Frescoをリリース

    AdobeがiPad用IllustratorとiPhone用Frescoをリリース

    Adobeは米国時間10月20日、ベクトルグラフィックアプリであるIllustratorのiPad用のパブリックバージョンを公開した。すでに予約受付とプライベートベータが開始されていたことを考えればこれは驚くことではないが、Illustratorユーザーの多くはこの日を楽しみにしていた。 続きを読む

  • 第8世代iPadはカジュアルユーザーに最適、頻繁な文字入力にSmart Keyboardは力不足か

    第8世代iPadはカジュアルユーザーに最適、頻繁な文字入力にSmart Keyboardは力不足か

    これは誰にでも起こり得ることだ。iPadに新しくて派手なモデルが登場し、自分が持っているモデルはもはや最新で最高の新しいものではなくなってしまった。しかし、今回のiPadにはこれまでそれなりの実績がある。10年前、このデバイスはタブレット端末とは何かを再定義し、無数の競合他社が脱落した中で、 カテゴリのトップで支配的な場所を維持してきた。そしてアップルは最近、iPadを累計5億台超を販売したことを発表している。 続きを読む

  • Gillmor Gang:テーブルステークス

    Gillmor Gang:テーブルステークス

    Magic Keyboardを搭載した11インチのiPad Proがかなり気に入っている。毎日が土曜日のようなパンデミック禍の世界では、タブレットが王様だ。生活の混沌とした流れの中で確実なものがなくなり、方向性の規準は、どのような形でも価値がある。適切な環境作りは任意とはいえ必須だ。大局的な戦略はナイアガラの滝だが、筆者はゆっくりと、一歩一歩、少しずつ方向を変えた。どういうことか? 続きを読む

  • アップルが5nmプロセスの超高速A14チップ発表、新iPad Air搭載で来月出荷へ

    アップルが5nmプロセスの超高速A14チップ発表、新iPad Air搭載で来月出荷へ

    アップルの今回のイベントでは新しいiPhoneは発表されなかったが、新しいスマートフォンを含むアップルの次世代ハードウェアすべてで使われる新しいチップが発表された。今回発表されたA14 Bionicが最初に搭載されるiPad Airは、アップル最速のタブレットとなる。 続きを読む

  • アップルが5nmプロセスSoC「Apple A14 Bionic」採用のiPad Airを発表

    アップルが5nmプロセスSoC「Apple A14 Bionic」採用のiPad Airを発表

    10.9インチiPad Air Wi-Fiモデルの税別価格は、64GB版が6万2800円から、256GB版が7万9800円から。Wi-Fi+Cellularモデルは、64GB版が7万7800円から、256GB版が9万4800円から。カラーバリエーションは、スペースグレイ、シルバー、ローズゴールド、グリーン、スカイブルーの6色。第2世代Apple Pencilに対応。 続きを読む

  • 新しいiPad AirはTouch IDを上部電源ボタンに内蔵

    新しいiPad AirはTouch IDを上部電源ボタンに内蔵

    Appleは今日(米国時間9月15日)のハードウェアイベントで、大きくデザイン変更されて細いベゼルと一新された外観になったiPad Airを発表した。そして他のApple製品の前兆ともいえる新しい動きとしてTouch IDが復活した。ただしタブレット上部の電源ボタンの中に。 続きを読む

  • 日本時間9月16日午前2時開催のアップルのハードウェアイベントに期待すること

    日本時間9月16日午前2時開催のアップルのハードウェアイベントに期待すること

    2020年が普通の年だったら、今ごろはiPhoneのイベントが開催されていただろう。しかし今年はさまざまな点で普通ではない。米国太平洋夏時間9月15日午前10時(日本時間9月16日午前2時)にアップルのハードウェアイベントが開催されることになっているが、そこでiPhone 12を目にすることはおそらくないだろう。 続きを読む

  • iPadOS 14ではアプリの操作性がmacOSのようになる

    iPadOS 14ではアプリの操作性がmacOSのようになる

    AppleはiPadOSに加えるタブレット特有の新たなアップデートを発表した。iPadをラップトップの代替として使えるようにするソフトウェアを渇望しているユーザーの声に応えるものだ。 続きを読む

  • 【WWDC20速報】新iPadOSとApple Pencilで手書き文字認識が可能に、複数言語が混在してもOK

    【WWDC20速報】新iPadOSとApple Pencilで手書き文字認識が可能に、複数言語が混在してもOK

    WWDC20で披露された新iPadOSには、Scribble、Shape recognition、Smart Select、Data detectors、Scratch to deleteなどの機能も搭載される。これらの機能はアップル純正のスタイラス(デジタルペン)であるApple Pencilで利用可能だ。 続きを読む