iPhone App Store

  • BingのiPhoneアプリ登場―エッチ系検索力、やはり健在

    BingのiPhoneアプリ登場―エッチ系検索力、やはり健在

    Microsoftの検索エンジン、Bingは登場以来非常な強みが一つある。エッチ系検索だ。今夜(米国時間11/15)新しく登場したiPhoneアプリでも良き伝統は引き継がれていた。 デフォールトでは検索の安全性設定は「中等」になっている。この状態でその方面を検索してもかなり期待を持たせる結果が得られる。しかしクリック2回だけでどんなガキでもこの検索フィルタを解除できる。ポルノ検索結果は相当にいい線をいく。 私は2つの理由でBingのこの特徴が好きだ。 1) このアプリは「4歳以上」のカテゴリーに入っているが、ハードコア・ポルノにアクセスしよう… 続きを読む

  • AppStore最新ゲーム徹底研究―Apple、iPod Touchをゲーム機としてキャンペーン

    AppStore最新ゲーム徹底研究―Apple、iPod Touchをゲーム機としてキャンペーン

    〔日本版注:この記事の執筆者はDavid Diaz。原文の5つ星、4つ星評価のゲームのみ翻訳した。これにともなってレビューを星の数の順序に並べ替えてある。〕 最近のiPod Touchのアップデートを機に、AppleはiPod Touchに新たにゲーム機という位置付を与えて積極的なマーケティングに乗り出している。もともとゲームはiPod TouchとiPhoneどちらについてもAppStoreのベストセラージャンルのひとつだった。最新のiPod Touchの広告コピーには「今までで一番楽しいiPod」とあり、たくさんのゲームが紹介されている。そこ… 続きを読む

  • 風刺アプリはノー、パンチラ、スカートめくりのPuff!はOK―iPhoneアプリの承認基準はどうなってるのか?

    風刺アプリはノー、パンチラ、スカートめくりのPuff!はOK―iPhoneアプリの承認基準はどうなってるのか?

    さっき友達から下のビデオが送られてきた。ここで紹介されているのはPuff!というiPhoneアプリで、要するにiPhoneのマイクに息を吹きかけるか、指で画面を下から上にこすると、映っている日本人女性のスカートがめくれてパンチラになるというものだ。私はこのビデオを見て「絶対にApp Storeの審査を通りそうないアプリだな」と思った。 ところが! このアプリはApp Storeに現在ちゃんと登録されている。アメリカでもダウンロードできる。Appleはいったいどうしたんだろう? 私が不審に思っている理由を説明しておこう。最近、Someecar… 続きを読む

  • Apple、App Storeの統計を発表―8万5千のアプリが登録され、累積ダウンロード回数は20億回

    Apple、App Storeの統計を発表―8万5千のアプリが登録され、累積ダウンロード回数は20億回

    AppleはiPhone / iPod TouchのApp Storeから、累積で20億回、最近の四半期だけでも5億回のダウンロードがあったことを発表した。 Appleはこれに加えて、現在登録されているアプリの数は8万5千件以上、顧客は77カ国にわたって延べ5千万人に上ると述べている。 AppleInsiderはこの数字に詳しい分析を加えている。特に重要なのは、App Storeが10億回のダウンロードを達成したのが今年の4月23日、15億回が7月だという点だ。これはダウンロード数が急速に増加中であることを示している。 30億回を達成するのがいつにな… 続きを読む

  • AppleはRhapsodyのiPhoneアプリを承認するだろうが、どうせ誰も使わない

    AppleはRhapsodyのiPhoneアプリを承認するだろうが、どうせ誰も使わない

    今日(米国時間8/24)の午前、音楽購読サービスのRhapsodyが、新しい音楽ストリーミングアプリを承認するようAppleに圧力をかけるべく、プレスに直接訴え出た。既にiPhoneで動いているPandora、Slacker、AOL Radio、imeem、Sirius XMなどのストリーミング音楽アプリと異なり、Rhapsodyでは800万曲からなるカタログの中から、オンデマンドで自由に曲を選んで聴いたり、自分専用のストリーミングプレイリストを作ることができる。他のサービスでは、ランダムに選曲された曲をラジオっぽく聴くことしかできない。… 続きを読む

  • 今年発表のiPhoneアプリ、ベスト35

    今年発表のiPhoneアプリ、ベスト35

    この記事はAppVeeのファウンダー、Alex Ahlundの寄稿。 昨年の7月にApp Storeがスタートしてからまだ1年しか経っていない。それなのに登録されたiPhoneとiPod Touchのアプリはすでに6万を超えている。前回われわれが2008年のiPhoneアプリ総まとめを報告したときにはまだやっと1万の大台を超えたところだった。2009年6月上旬に5万を突破した後、現在、なんと毎日300もの新しいアプリが登録されている。こうした洪水のような新しいアプリのラッシュの中で一般ユーザーがすぐれたアプリを見つけ出すのは至難の技だ。 ほとん… 続きを読む

  • AndroidとiPhone、アプリケーションの値段はほぼ同じ。但しゲームと辞書は(いまのところ)例外

    AndroidとiPhone、アプリケーションの値段はほぼ同じ。但しゲームと辞書は(いまのところ)例外

    携帯電話アプリケーションに支払う額は、使っている端末によるのか、それともアプリケーションの種類によるものだろうか。調査ファームのDistimoが、iPhone App StoreおよびAndroid Marketにおける7月の価格について調査を行った。同調査によればエンタテイメント、ナビゲーション、ツールなど広いくくりの中でトップ100のアプリケーションを見ると、両者ともほぼ似たような価格ということになるようだ。 但し、例外もある。Androidにてリファレンス関連のアプリケーションを見ると平均は9ドル近くとなっている。iPhoneの同じカテ… 続きを読む

  • Pizza HutのiPhoneアプリケーション、おいしさ満載で2週間のダウンロード数は100,000件

    Pizza HutのiPhoneアプリケーション、おいしさ満載で2週間のダウンロード数は100,000件

    2週間ほど前、レストランチェーンのPizza HutがiPhoneアプリケーションの提供を開始した(iTunes link)。アプリケーションは機能満載で、利用者もこれを待っていたのだろう。Pizza Hutによれば、iPhoneおよびiPodで使える本アプリケーションのダウンロード数が先週末を前に100,000件を超えたとのことだ。 これはPizza Hutにとってもめでたいことだろう。アプリケーションにはなかなか力が入れられていて、自ら「あなたの食欲のためのキラーアプリケーション」なんていう名前を冠している。ピッツァの注文に使えるのはもちろ… 続きを読む

  • Financial Times、iPhoneアプリケーションの提供開始をTwitterでアナウンス。アプリケーション画面はもちろんピンク

    Financial Times、iPhoneアプリケーションの提供開始をTwitterでアナウンス。アプリケーション画面はもちろんピンク

    1888年に設立され、ウェブサイトも展開しているFinancial Timesが、iTunes App Storeに無料アプリケーションを公開して(iTunesリンク)iPhoneアプリケーションクラブに入会を果たした。競合各社は1891年から、同クラブでの活動を続けてきている(申し訳ない。嘘だ。しかし他社の動きから大いに遅れを取ったのは事実)。 面白いことにFTは、TwitterおよびTwitPicを使ってアプリケーションのリリースを発表した。おかげで私たちもアプリケーションのスクリーンショットを入手することができた。スクリーンショットを見… 続きを読む

  • 3.0対応でiPhoneのアプリケーション価格に変動の兆し:ナビゲーション関連は高額でも売れる?

    3.0対応でiPhoneのアプリケーション価格に変動の兆し:ナビゲーション関連は高額でも売れる?

    6月17日にiPhoneのOSが3.0になってから、iTunes App Storeにおけるトップ100アプリケーションの価格が大いに変動している。これは開発者が新しいOSの新しい機能をアプリケーションに取り込む中でのできごとだ。アプリケーションにはプッシュ通知機能、ターンバイターンのナビゲーション機能、カット&ペースト機能、地図の埋め込み機能、外部アクセサリへのアクセス機能、アプリケーション内検索機能、サブスクリプション機能などが実装されつつある。 モバイルアプリケーションの流通サービスを手がけるDistimoは、6月のiPhone App… 続きを読む

  • 「そのためのアプリがあります」―App For ThatはApp Storeのキャッチフレーズのパロディー専用サイト

    「そのためのアプリがあります」―App For ThatはApp Storeのキャッチフレーズのパロディー専用サイト

    iPhoneのApp Storeの「そのためのアプリがあります」というキャッチフレーズの下にときおりとんでもなくバカバカしいアプリが現れる。AppleのiPhone App StoreのCMは「ユーザーのどんな必要でも満たすアプリがあります」と主張している。そこで、このキャッチフレーズ、「そのためのアプリがあります(There’san app for that.)」をねたにしたジョークサイトが登場したことをご紹介できるのは欣快の至りである。 App For Thatは、ユーザーが「そのためのアプリがあります」ジョークを投稿し、格付けしたり、… 続きを読む

  • App Storeの過剰ブームに現実をつきつける

    App Storeの過剰ブームに現実をつきつける

    昨日(米国時間5/24)デベロッパーのRick Stromが、驚くべきApp Storeのハイプと題したブログ記事の中で、これまで彼が公開してきたiPhoneアプリケーション(App Storeでトップランク入りしたアプリもある)で見てきた収益データの一部と、他のデベロッパーがどれほどの収益を期待できるかについて、詳しく書いている。彼の結論? App Storeにある3万6000本のアプリの殆どが全く売れていない。多くのアプリは、1本も売れない日が殆ど。 驚いた? そうでもないだろう。 マーケットプレイスの常として、App Storeの障壁は非常に低… 続きを読む

  • Sonic The HedgehogがiPhoneに登場. でも仮想ボタンでは速く走れない?

    Sonic The HedgehogがiPhoneに登場. でも仮想ボタンでは速く走れない?

    iPhoneはこのところ急速に、昔の懐かしいゲームが似合うプラットホームになりつつある。MystやWolfensteinに続いて、今では移植がかなり頻繁になってきた。このたび新たに加わるのは、90年代初期のゲーム機で遊んだ人たちの心をがっちりつかむと思われるSonic The Hedgehogだ。このゲームのお値段は5ドル99セントとリーズナブル、ダウンロードはここからだ。 さて、ぼくは自分のことを、かなり経験豊富なゲーマーだと思っているし、また、最初のSonic the Hedgehogシリーズほど夢中になったゲームはほかにあまりなかったと記… 続きを読む

  • $9.99の壁を一気に越える消費者向けiPhoneアプリが登場

    $9.99の壁を一気に越える消費者向けiPhoneアプリが登場

    ご覧になったことはないかもしれないが、App Storeには$9.99以上で売られているアプリがある。主として医者向けだったり、ばかばかしいいたずらだったりするが、確かに存在する。そして、初めて多くの一般消費者にとって意味のある高額アプリが登場する。SlingPlayer Mobile appが今夜、App Storeで$29.99にて公開される。 このアプリの売り方は実に興味深い。他の家電メーカーもアプリを作ってきたが、DirectTVやAppleのRemoteアプリのように殆どの場合、無料で配布されていた。しかし、SlingPlayerが少… 続きを読む

  • AppleはTwitterのメンテナンス日にiPhoneアプリをテストして不良品と烙印

    AppleはTwitterのメンテナンス日にiPhoneアプリをテストして不良品と烙印

    AppleはiPhoneアプリを拒絶するためのアホな理由を山ほど在庫しているが、その中のthe mostアホはTwitterを拒絶したときのやつだろう。数か月前にAppleがiPhoneの人気アプリTweetieを拒絶したのは、最新トピックの中で汚い言葉が使われていたからだが、これは言うまでもなくアプリ自身が制御できる問題ではない。そして今日(米国時間5/11)はまた、あるアプリがTwitterのせいで拒絶されたようだ。ただし今回は、Twitterの定期メンテナンスの日である金曜日(米国時間5/8)に検閲され拒絶されたらしい。 デベロッパ… 続きを読む

  • iPhone用アプリケーション開発者、支払い遅延に対してついに訴訟を検討?

    iPhone用アプリケーション開発者、支払い遅延に対してついに訴訟を検討?

    AppleはiPhoneの開発者に対する支払いを遅らせているだけではなく、一部の開発者に対してはApp Storeでの売上げに対する支払いを全く行っていないようだという記事を以前掲載した。私たちとしては記事によってAppleに問題を認識して欲しいと考えていた。しかしAppleは開発者の不満を無視し、一部の開発者は契約違反によってAppleを訴えると息巻く状況になってしまっている。 そのときにも書いたように、Appleの開発者に対する支払いの遅れは一部の開発者に対するもので、全員への支払いが遅れているわけではない。支払いを受けたものもいるし… 続きを読む

  • Flight Controlの売上データを見るとiPhone App Storeの秘密がすこし分かる

    Flight Controlの売上データを見るとiPhone App Storeの秘密がすこし分かる

    iPhoneのベストセラーゲーム’Flight Control‘を作ったFiremintが、同社の3月24日から4月25日までの売れ行きの傾向を、おもしろいレポートにまとめた。このアプリケーションは過去数週間App Storeのトップの座にいて、10数か国で有料アプリの売上ナンバーワンだった(今合衆国では7位に落ちている)。3月6日にロンチしたこのアプリケーションは、70万回以上ダウンロードされた。今現在まだ売出し期間中なので総売上額は分からないが、99セントという価格を基に計算すると、デベロッパはAppleに30… 続きを読む

  • AppleのApp Store: アプリケーションのダウンロードが10億本に達す

    AppleのApp Store: アプリケーションのダウンロードが10億本に達す

    ついにやりました。AppleのApp Storeからダウンロードされたアプリケーションの数が、10億に達しました。App Storeには今、25000を超えるアプリケーションがある(35000という説もある)。この節目の価値は、単純に10億という数以外に、App StoreがiTunes上にロンチしてからわずか9か月で、有料無料合わせて10億に達したことだ。 昨年の夏には、世界21か国で最初の3日間の3G iPhoneの売上が100万台に達した。そのときは、iPhoneのユーザたちがロンチしたばかりのiTunes App Storeから1000万の… 続きを読む

  • MasterCardのATM Hunterは誰もが持つべき最新のiPhoneユーティリティ

    MasterCardのATM Hunterは誰もが持つべき最新のiPhoneユーティリティ

    このところAppleは、“あなたが何をしたくてもiPhoneにはそのためのアプリケーションがある”という趣旨のコマーシャルを流している。それはだいたい正しい–App Storeには便利なアプリケーションの傑作や名作がたくさんある。ただし、目的のアプリを見つけるのはそう簡単じゃない。 ‘ATM Hunter‘も、そういう便利なアプリケーションの一つだ。これはMasterCardが作った無料のiPhoneアプリケーションで、ユーザの近くにあるATMを教えてくれる。先月の終わりにリリース… 続きを読む

  • スタンフォード大学のiPhoneアプリケーション作成コースがiPhoneで聴講できるようになる

    スタンフォード大学のiPhoneアプリケーション作成コースがiPhoneで聴講できるようになる

    iPhoneアプリケーション開発を勉強したいと考えている人に朗報だ。今週内にもiPhoneアプリケーションの作り方に関するスタンフォード大学のコンピュータサイエンスコースがiPhoneで聴講できるようになる。スタンフォード大学はコース内容をiTunes UにてPodcast方式で無料公開することにしたようだ(このPodcastはもちろんiPodでもパソコンでも見ることができる)。 iPhone用アプリケーションは既に25,000以上も公開されており、ダウンロード回数も8億回を超えている。このような中、アプリケーション開発競争は量より質へと… 続きを読む