iPhone(製品・サービス)

iPhoneは、アップルが展開するスマートフォンブランド。

  • iPhoneはボタンやUI要素を自動認識して視覚障がい者向けにラベル付けしている

    iPhoneはボタンやUI要素を自動認識して視覚障がい者向けにラベル付けしている

    iOSのVoiceOverは目の不自由な人にとってかけがえのないツールだ。ただし、インターフェースの要素すべてに手動でラベルが付けられている必要がある。しかしアップルは、機械学習を使ってあらゆるボタンやスライダーやタブを識別してラベル付けする新機能を公開した。 続きを読む

  • iPhoneの耐水性表記が誤解を招くと伊公取委がアップルに罰金12.5億円通達

    iPhoneの耐水性表記が誤解を招くと伊公取委がアップルに罰金12.5億円通達

    AppleはiPhoneを「耐水」として販売しているが、その限界については公表せず、保証も液体による損傷は対象外としていることから、イタリアでは煮え湯を飲まされている。イタリアの公正取引委員会(AGCM)は、2017年10月からのiPhoneの多くの機種(iPhone 8かiPhone 11まで)の販売と保証方法に関する商慣行に、約12億4500万円の罰金を科する意図があると発表した。 続きを読む

  • フォックスコンがiPadとMacBookの生産をベトナムに移す可能性

    フォックスコンがiPadとMacBookの生産をベトナムに移す可能性

    Reutersの報道によると、FoxconnはAppleからの要請を受け、一部のiPadおよびMacBookの生産を中国からシフトする可能性があるという。新工場はベトナムを拠点とすることになる。 続きを読む

  • AppleはiPhoneの性能抑制に関する訴訟で34州に計117億円を支払い和解へ

    AppleはiPhoneの性能抑制に関する訴訟で34州に計117億円を支払い和解へ

    Appleは、2016年に起こったiPhoneバッテリー問題を同社が組織的に軽視したことが消費者保護法に違反したとする訴訟で、34の州およびワシントンDCとの和解に応じ計1億1300万ドル(約117億2000万円)を支払うことに同意した。 続きを読む

  • iPhone 12 miniレビュー、小型ながら主要機能に省略がない近年最高のコスパモデル

    iPhone 12 miniレビュー、小型ながら主要機能に省略がない近年最高のコスパモデル

    2020年に発売されるすべてのiPhone 12の中で最も印象的なのは、間違いなくiPhone 12 Pro Maxだろう。しかし私の考えでは、ラインナップの中でiPhone 12 miniが最も魅力的な製品だ。それは、ただ小さなスマートフォンが欲しいという人たちの外で自らを強く主張するダークホース的存在になっている。 続きを読む

  • iPhone 12 Pro Maxレビュー、プレミアムモデルには扱い難さを乗り越える価値がある

    iPhone 12 Pro Maxレビュー、プレミアムモデルには扱い難さを乗り越える価値がある

    iPhone 12 Pro Maxは、おそらく新しいiPhone 12モデルの中で最も簡単にレビューできる製品だ。それは巨大で、本当に素晴らしいカメラを備えている。真の最高ではないとしても、おそらくスマートフォンが採用してきたものの中では最高のカメラの1つだ。 続きを読む

  • 11月13日発売のiPhone 12 Pro Maxと12 Miniをいち早く触ることができた

    11月13日発売のiPhone 12 Pro Maxと12 Miniをいち早く触ることができた

    iPhone 12とiPhone 12 Proは発表から間もない10月の終わりに発売された。残るiPhone 12 Pro MaxとiPhone 12 miniは、米国時間11月6日に予約開始、13日に発売される(日本でも同様に11月6日に予約開始、13日に発売)。 続きを読む

  • iPhoneが目が見えない人に他人の接近とその距離を知らせる機能を搭載する

    iPhoneが目が見えない人に他人の接近とその距離を知らせる機能を搭載する

    AppleがiOSの最新のベータに、興味深いアクセシビリティ機能を組み込んだ。それは、iPhoneのカメラの視野内に人がいると、その距離を検出するシステムだ。この機能により、現在、何より重要な目が不自由なユーザーが効果のあるソーシャルディスタンスを保つことができるようになる。 続きを読む

  • 2020年のApple第4四半期決算がいつもと違う理由

    2020年のApple第4四半期決算がいつもと違う理由

    米国時間10月29日、Appleは第4四半期決算で予測を上回る成果を報告したが株価は下がり、それは投資家が期待以下だったiPhone売上を懸念したためだった。本稿執筆時点で時間外取引の株価は約5%安だ。 続きを読む

  • AdobeがiPad用IllustratorとiPhone用Frescoをリリース

    AdobeがiPad用IllustratorとiPhone用Frescoをリリース

    Adobeは米国時間10月20日、ベクトルグラフィックアプリであるIllustratorのiPad用のパブリックバージョンを公開した。すでに予約受付とプライベートベータが開始されていたことを考えればこれは驚くことではないが、Illustratorユーザーの多くはこの日を楽しみにしていた。 続きを読む