IPO

  • 中国のゲイ専門デートアプリ「Blued」がNASDAQにIPO申請

    中国のゲイ専門デートアプリ「Blued」がNASDAQにIPO申請

    20年ほど前のことになる。Baoli Ma(バオリ・マ)氏は中国でゲイであることに絶望と孤独を感じ、寝室に隠れていた。その後、マ氏の人生は大きく変わった。 続きを読む

  • IPO果たしたChatwork、スペースマーケットの組織づくりと採用:TC School #17レポート2

    IPO果たしたChatwork、スペースマーケットの組織づくりと採用:TC School #17レポート2

    1月23日開催された、TechCrunch Japanが主催するテーマ特化型イベント「TechCrunch School」第17回。スタートアップのチームビルディングを一連のテーマとして展開した今シーズン最終回、「チームを拡大する(拡大期の人材採用)」を題材として行われたパネルディスカッションの模様をお伝えする。 続きを読む

  • フードデリバリー大手のDoorDashがIPOを非公開申請

    フードデリバリー大手のDoorDashがIPOを非公開申請

    米国でのオンデマンド・フードデリバリーの戦いは未だにヒートアップを続けている。米国時間2月27日、DoorDashは証券登録届出書のForm S-1をSECに非公開で提出したことを発表し、現在確認手続き中であると語った。 続きを読む

  • SpaceXはStarlinkをスピンアウトさせてIPOを目指す

    SpaceXはStarlinkをスピンアウトさせてIPOを目指す

    SpaceXは、急成長を続ける衛星インターネットサービスのプロジェクト、スターリンクの事業をスピンアウトさせ、IPOによって株式を公開することを目論んでいるようだ。ブルームバーグによると、SpaceXのCOO兼任社長のグウィン・ショットウェル氏が、JPモルガン・チェースの投資家会議で明らかにしたという。 続きを読む

  • SaaS 21社のIPOから得られた資本効率に関する教訓

    SaaS 21社のIPOから得られた資本効率に関する教訓

    Uber(ウーバー)とWeWork(ウィワーク)が最近盛んに取り上げられたために、メディアの注目は「ソフトウェア主体の」スタートアップの、高いコスト(ハイバーン)に集まっている。とはいえ、ここ数年のテック分野でのIPOのほとんどは、資本効率の高い「サービスとしてのソフトウェア」(SaaS)スタートアップとして行われているのだ。 続きを読む

  • CasperのIPOはマットレスを売って損をすることがあるという見本

    CasperのIPOはマットレスを売って損をすることがあるという見本

    eコマースの天才でD2Cの希望の星、CasperがIPOを申請した。 続きを読む

  • ハードウェアスタートアップのIPOはいまも苦戦が続く

    ハードウェアスタートアップのIPOはいまも苦戦が続く

    2019年最後のテック系IPOも完了したところで、今年どんなことが起きたかを振り返ってみたい。我々は時間の経過に併せてトレンドを追った。ひとつ明白なことがある。ハードウェアのスタートアップは今も苦戦している。 続きを読む

  • 空きスペースシェアのスペースマーケットが東証マザーズ上場、公開価格590円で初日終値は1600円

    空きスペースシェアのスペースマーケットが東証マザーズ上場、公開価格590円で初日終値は1600円

    会議室やパーティールーム、宿泊施設など、さまざまなスペースを1時間単位で貸し借りできるプラットフォーム「スペースマーケット」を展開するスペースマーケットは12月20日、東証マザーズ市場に上場した。 続きを読む

  • OneConnectのIPO評価額の急下落から見える急成長急燃焼企業の危うさ

    OneConnectのIPO評価額の急下落から見える急成長急燃焼企業の危うさ

    先週、OneConnect(ワンコネクト)が米国でIPO(株式上場)を計画しているという話が我々のもとに飛び込んできたが、それは無理のある話だった。 続きを読む

  • 2019年最後のテック系IPOを採点する

    2019年最後のテック系IPOを採点する

    ホリデーシーズンに向けて市場の動きが鈍る中、米国で今年最後のテクノロジー系IPOが完了して取引が始まった。 続きを読む