IPO

  • CasperのIPOはマットレスを売って損をすることがあるという見本

    CasperのIPOはマットレスを売って損をすることがあるという見本

    eコマースの天才でD2Cの希望の星、CasperがIPOを申請した。 続きを読む

  • ハードウェアスタートアップのIPOはいまも苦戦が続く

    ハードウェアスタートアップのIPOはいまも苦戦が続く

    2019年最後のテック系IPOも完了したところで、今年どんなことが起きたかを振り返ってみたい。我々は時間の経過に併せてトレンドを追った。ひとつ明白なことがある。ハードウェアのスタートアップは今も苦戦している。 続きを読む

  • 空きスペースシェアのスペースマーケットが東証マザーズ上場、公開価格590円で初日終値は1600円

    空きスペースシェアのスペースマーケットが東証マザーズ上場、公開価格590円で初日終値は1600円

    会議室やパーティールーム、宿泊施設など、さまざまなスペースを1時間単位で貸し借りできるプラットフォーム「スペースマーケット」を展開するスペースマーケットは12月20日、東証マザーズ市場に上場した。 続きを読む

  • OneConnectのIPO評価額の急下落から見える急成長急燃焼企業の危うさ

    OneConnectのIPO評価額の急下落から見える急成長急燃焼企業の危うさ

    先週、OneConnect(ワンコネクト)が米国でIPO(株式上場)を計画しているという話が我々のもとに飛び込んできたが、それは無理のある話だった。 続きを読む

  • 2019年最後のテック系IPOを採点する

    2019年最後のテック系IPOを採点する

    ホリデーシーズンに向けて市場の動きが鈍る中、米国で今年最後のテクノロジー系IPOが完了して取引が始まった。 続きを読む

  • B2B決済企業Bill.comのIPO公募価格は赤字経営のスタートアップに朗報?

    B2B決済企業Bill.comのIPO公募価格は赤字経営のスタートアップに朗報?

    B2B決済企業Bill.comは米国時間12月12日、IPOの公募価格を1株当たり22ドル(約2400円)強に設定し、約2億1600万ドル(約237億円)を調達予定。同社の公募価格設定は、赤字スタートアップにとって朗報だ。 続きを読む

  • 医療プラットフォーム事業展開のメドレーが東証マザーズ上場、公開価格1300円で初日終値1255円

    医療プラットフォーム事業展開のメドレーが東証マザーズ上場、公開価格1300円で初日終値1255円

    複数の医療プラットフォーム事業を展開しているメドレーは12月12日、東証マザーズ市場に上場した。 続きを読む

  • ビッグユニコーングループの最後、民泊仲介のAirbnbが2020年のIPOを発表

    ビッグユニコーングループの最後、民泊仲介のAirbnbが2020年のIPOを発表

    Airbnbは2020年にIPO(新規株式公開)を実施すると発表した。同社は、おおよそ10年前に創業されたUber、Lyft、The We Company、そしてPostmatesが含まれるビッグユニコーングループの中でIPOの意思を表明した最後の企業だ。 続きを読む

  • コワーキングスペースWeWork運営のThe We CompanyがIPOを保留へ

    コワーキングスペースWeWork運営のThe We CompanyがIPOを保留へ

    不動産の短期貸出しと管理を行うWeWorkを始めとする「We関連」子会社を傘下にもつThe We Companyは、IPOの計画を凍結すると報じられた。 続きを読む

  • 2019年のテクノロジーIPO、上場会社というジェットコースターから考えたこと

    2019年のテクノロジーIPO、上場会社というジェットコースターから考えたこと

    2019年は米国のテクノロジー系IPOにとってすでに活発な年となっている。UberやLyftなど、非常に期待されていた一部のユニコーンは、IPOデビューと上場企業としての初期の株価で投資家を失望させた。Fiverr、Zoom、CrowdStrikeなど株価が急上昇している会社もある。 続きを読む