IPO

  • AI
    TouchPalキーボードで大ブレークした中国のCootekがニューヨーク証券取引所で$100MのIPO

    TouchPalキーボードで大ブレークした中国のCootekがニューヨーク証券取引所で$100MのIPO

    TouchPalキーボードアプリで有名な中国のモバイルインターネット企業Cootekが、アメリカで上場する。先週SECに提出されたF-1フォームによると、調達目標額は1億ドルだ。 続きを読む

  • 働き方改革プラットフォームのチームスピリットがマザーズ上場へ

    働き方改革プラットフォームのチームスピリットがマザーズ上場へ

    勤怠管理や経費精算、カレンダーなどの機能を一箇所に集約した業務管理プラットフォームの「TeamSpirit」。同サービスを提供するチームスピリットが7月19日、東京証券取引所マザーズ市場に新規上場を申請し承認された。上場予定日は8月22日だ。 続きを読む

  • Netgearのセキュリティカメラ部門Arloがスピンオフして早くもIPOを申請

    Netgearのセキュリティカメラ部門Arloがスピンオフして早くもIPOを申請

    NetgearのArlo事業部は、このネットワーキング企業にとって意外なヒットだった。その一連のカメラは市場にとって比較的新しかったが、でもコネクテッドセキュリティの分野を完全に支配し、同社に新しい活力をもたらした。 2月にNetgearは、取締役会の全会一致でArloをスピンオフし、IPOの計画も発表した。そして今週同社は、そのためのS-1書類をSECに提出した。 続きを読む

  • ネイティブ広告プラットフォームのログリーがマザーズ上場へ

    ネイティブ広告プラットフォームのログリーがマザーズ上場へ

    ネイティブ広告プラットフォーム「logly lift」などを運営するログリーは5月17日、東京証券取引所マザーズ市場に新規上場を申請し承認された。上場予定日は6月20日で証券コードは6579だ。 続きを読む

  • Xiaomiが正式に香港市場にIPO申請、公開価格は推定100億ドルか

    Xiaomiが正式に香港市場にIPO申請、公開価格は推定100億ドルか

    かねてより噂のあったXiaomiのIPO(株式公開)だが、この中国の巨大スマホメーカーはようやく正式に香港証券取引所にIPOを申請した。 続きを読む

  • Pivotal Software、IPO初日は5%高、5.55億ドルを調達

    Pivotal Software、IPO初日は5%高、5.55億ドルを調達

    株式市場の投資家たちは、金曜日(米国時間4/20)にデビューを飾ったPivotalSoftwareに対してどっちつかずの反応を示した。IPO価格15ドルでスタートした同社は15.73ドルで引けた。 続きを読む

  • ZuoraのIPOは企業向けSaaS黄金時代への新たなステップだ

    ZuoraのIPOは企業向けSaaS黄金時代への新たなステップだ

    Zuroaの創業者兼CEOであるTien Tzuoは、多くの人たちの意識に上るはるか前から、サブスクリプション経済のビジョンを持っていた。彼は、企業がサブスクリプションで成功するためには、課金状況を簡単に知るための簿記システムが必要であることを理解していたのだ。同社は4月12日株式の公開を果たした。これはSaaSの成熟を示す、新たな道標のひとつである。 TzuoはSalesforce初期の従業員であり、同社最初のCMO(最高マーケティング責任者)を務めた。彼が勤め始めたのは、SalesforceのMarc Benioffが会社を立ち上げるた… 続きを読む

  • 「将棋ウォーズ」開発元のAIスタートアップHEROZがマザーズ上場へ

    「将棋ウォーズ」開発元のAIスタートアップHEROZがマザーズ上場へ

    「将棋ウォーズ」を始めとした個人向けのゲームアプリや法人向けのソリューション「HEROZ Kishin」など、AI事業を展開するHEROZ。同社は3月15日、東京証券取引所マザーズ市場に新規上場を申請し承認された。上場予定日は4月20日だ。 有価証券報告書によると同社の平成29年4月期(第9期)における売上高は8億7762万円、経常利益が9435万円、当期純利益が9406万円。平成30年1月期(第10期第3四半期)における売上高は8億7189万円、経常利益が3億394万円、当期純利益が2億2393万円だ。 続きを読む

  • ベンチャーキャピタルが、おべんちゃらキャピタルに化ける時――過剰な資金調達は毒

    ベンチャーキャピタルが、おべんちゃらキャピタルに化ける時――過剰な資金調達は毒

    これまで私は、効率的な起業家精神(efficient entrepreneurship)の利点についてたくさん書いてきた。その視点に関して私は概念的に説明し、有り余る資金が有望な企業を殺してしまう仕組みを説明してきた。そして71のIPOのデータから、たとえ成功していたとしても、資金調達額と良い結果の間には相関関係がないことも示した。こうした説明が、それでもまだ概念的過ぎるという人びとに向けて、今回私は、このブログポストをまた別の感情 ―― 富への欲求 ―― に対して訴えかけるように構成してみた。 調達額を抑えたり、調達時期を遅らせることは、単に良… 続きを読む

  • 駆け足で振り返るDropboxの歴史

    駆け足で振り返るDropboxの歴史

    Dropboxが初めてスタートアップシーンに登場したのは、2007年の夏の、Y Combinator Demo Dayでのことだった。その後同社は成長を続け、何億人ものユーザーを抱え、その価値も100億ドルを超えた。このことで皆が期待してきたIPOのための機は熟したのだ。 しかし、このクラウドストレージ企業は、成功への道のりで沢山の競合相手を打ち負かしながら、どのように世界で勝ち残ったのだろうか?Dropboxの簡単な歴史を振り返ってみよう。 続きを読む

  • Spotifyの上場後の株価はこうなる

    Spotifyの上場後の株価はこうなる

    Spotifyがついに上場を申請した。しかし多くのIT企業のIPOと異なり、Spotifyは新株を発行して資金調達するのではない。代わりに投資家や従業員が保有している既存の株をニューヨーク証券取引所(NYSE)で公開取引できるようにする。 続きを読む

  • IPO
    ついにDropboxがIPOを申請、プライベート時代の評価額を上回るか?

    ついにDropboxがIPOを申請、プライベート時代の評価額を上回るか?

    いよいよ本物。DropboxのIPO申請書類がこれだ。 上場はDropboxにとって大きな節目であり、それはここ数年間、もっとも期待されたIPOのひとつだ。このクラウドストレージ企業は2007年に創業され、これまでに6億ドルあまりを調達してきた。 続きを読む

  • アンバサダーマーケティングのアジャイルメディア・ネットワークがマザーズ上場へ

    アンバサダーマーケティングのアジャイルメディア・ネットワークがマザーズ上場へ

    商品やブランドのファンである消費者「アンバサダー」を活用したマーケティングサービスなどを提供するアジャイルメディア・ネットワーク(AMN)は2月21日、東京証券取引所マザーズ市場への新規上場が承認されたと発表した。上場予定日は3月28日で、証券コードは6573。 続きを読む

  • キャッシュバックサービスのCardlytics、IPOで7000万ドル調達。株価は3%高

    キャッシュバックサービスのCardlytics、IPOで7000万ドル調達。株価は3%高

    米国ジョージア州アトランタ拠点のCardlyticsは金曜日(米国時間2/9)、公開市場へのデビューを果たし、IPO価格の13ドルをわずかに上回る13.37ドルで引けた。同社は540万株を売り出し、7000万ドルを調達した。 続きを読む

  • Webサイトビルダーの老舗Squarespaceが巨額$200Mを調達、評価額は$1.7B

    Webサイトビルダーの老舗Squarespaceが巨額$200Mを調達、評価額は$1.7B

    誰もが容易に自分のWebサイトを作れる、いわゆるWebサイトビルダーSquarespaceは、創業から14年の老舗だが、今General Atlanticからの約2億ドルの資金調達を進めている。Bloombergによると、同社の評価額は17億ドルである。この資金調達プランと並行して、初期の社員や投資家から株を買い上げる計画もある。それにより、IPOを待たずして流動化(現金化)の機会が彼らに与えられる。 続きを読む

  • Twilioなどと競合する専用通信サービスの古顔BandwidthがNasdaqに上場して好調

    Twilioなどと競合する専用通信サービスの古顔BandwidthがNasdaqに上場して好調

    Bandwidthは、卸売企業やエンタープライズ企業に音声とテキストによる専用の通信サービスを提供するとともに、デベロッパー向けのAPIも公開している。同社は今日(米国時間11/10)Nasdaq に上場し、その初日の商いで6%上げた。IPO価格(一株あたり)は予想値の底値20ドルだったが、終値は21ドル19セントとなった。すなわち、6%高である。 続きを読む

  • MongoDBのNasdaq上場、初終値は34%アップ

    MongoDBのNasdaq上場、初終値は34%アップ

    ニューヨークのデータベース企業、MongoDBは今日(米国時間10/19)Nasdaqに上場し、初終値は32.07ドル、24ドルの売り出し価格から34%のアップとなった。当初、上場の目標株価は18ドルから20ドルとされていたものが20ドルから22ドルとアップされ、さらに直前になって24ドルに決定されたものだ。 続きを読む

  • MongoDBのIPO価格は一株あたり24ドルで当初予想を上回る、赤字企業に市場の期待大

    MongoDBのIPO価格は一株あたり24ドルで当初予想を上回る、赤字企業に市場の期待大

    MongoDBが上場に向かう最後のステップを終了し、そのIPOに24ドルの値をつけ、それにより1億9200万ドルを調達した。 公開市場にデビューするのは明日(米国時間10/19)だが、そこでもまた、同社のオープンソースソフトウェアをベースとするビジネスの真価を問われることになる。 続きを読む

  • インターネットTVのRoku、IPOの2日後にも13%高

    インターネットTVのRoku、IPOの2日後にも13%高

    デジタルストリーミングのスタートアップ、Rokuが華々しく株式市場デビューを飾った。 続きを読む

  • Angry BirdsのRovioが10億ドルのIPOを計画

    Angry BirdsのRovioが10億ドルのIPOを計画

    Angry Birdsを覚えているだろうか?まあ、おそらくIPOを正当化できる位には沢山の人がまだ遊んでいるのだろう。 この人気のあるスマートフォンゲームの親会社であるRovio Entertainment(フィンランド)は、2週間以内のHelsinki Nasdaqでの株式公開の準備を進めている。そして、同社はIPOのための価格設定を、評価額およそ10億ドルとして算出した。これは彼らが望んでいると言われていた20億ドル以上の価格よりもずっと少ない。 続きを読む