Iridium

  • SpaceX、2017年を18回目の衛星打ち上げ成功で締めくくる――新世代Iridium10基を軌道投入

    SpaceX、2017年を18回目の衛星打ち上げ成功で締めくくる――新世代Iridium10基を軌道投入

    SpaceXは今年18回目となる衛星打ち上げ成功で2017年を締めくくった。衛星打ち上げ回数として同社の新記録で、昨年の打ち上げ回数を10回も上回った。今回の打ち上げのペイロードはIridium衛星10基で、Iridium NEXT衛星電話ネットワークの一部を構成する。SpaceXがIridiumを打ち上げるのはこれが4回目のミッションだ。 続きを読む

  • SpaceX、イリジウム衛星10基の軌道投入に成功

    SpaceX、イリジウム衛星10基の軌道投入に成功

    今朝(米国時間10/9)、SpaceXはカリフォルニアのヴァンデンバーグ空軍基地から今年14回目となるFalcon 9の打ち上げを行った。ペイロードは10基のイリジウム(Iridium)衛星で、SpaceXはすべての衛星が所定の軌道に投入されたことを確認した。今回の打ち上げはSpaceXによるイリジウム打ち上げの3回目のミッションで、Iridium NEXT衛星電話システムを完成させるためには合計8回の打ち上げが必要とされる。 続きを読む

  • SpaceX、1月14日の打ち上げに備えFalcon 9ロケットにイリジウム衛星を積み込む

    SpaceX、1月14日の打ち上げに備えFalcon 9ロケットにイリジウム衛星を積み込む

    SpaceXのロケット発射復活第一弾を数日後に控え、イリジウム計画の通信機器がFalcon 9ロケットに積み込まれた。予定通りに運べば1月14日に宇宙へ向けて飛び立つ。当初は1月9日に発射予定だったが、ヴァンデンバーグ空軍基地発射台の気象条件のために延期された。 続きを読む

  • SpaceX、事故調査を終了、1月8日にIridium通信衛星打ち上げへ

    SpaceX、事故調査を終了、1月8日にIridium通信衛星打ち上げへ

    SpaceXはケープカナベラル宇宙基地で大型ロケットが打ち上げ直後に爆発した事故の調査を完了したと発表した。調査はFAA、NASA、NTSB、空軍等の宇宙航空の安全に関わる連邦機関と協力して実施された。収集された残骸やデータを綿密に調査した他、カリフォルニア州ホーソンとテキサス州マクレガーのSpaceXの施設でも実験が行われた。 続きを読む

  • あのIridiumが大衆化路線を開始–未開のジャングルでふつうの携帯を使えるようになる?

    あのIridiumが大衆化路線を開始–未開のジャングルでふつうの携帯を使えるようになる?

    奥地のジャングルなど。、苛酷な状況で使う衛星電話で有名なIridium Communicationsが今日(米国時間9/7)、同社の新しい試みを披露した。 新製品のハンドセットIridium ExtremeとともにIridiumが発表したのは、新たなホットスポットAxcessPointだ。これによりユーザは、地球上のどこにいてもメールを送受できる。 ただし、ネットアクセスのスピードは速くない。供用距離がとても大きい通信ネットワークだから、データ通信のスピードはせいぜい2.3〜 2.4 KB/sが上限だ。押し入れで埃をかぶっている56kのモデムが、… 続きを読む