イスラエル(国・地域)

イスラエルに関連する記事一覧

  • AIにシンプルな可観測性を持たせるイスラエルのAporiaがシード資金5.5億円調達

    AIにシンプルな可観測性を持たせるイスラエルのAporiaがシード資金5.5億円調達

    機械学習のモデルは、与えるデータの量や質で良し悪しが決まる。特に訓練のときにそういえるが、モデルはプロダクションの質も左右する。MLのモデルは平然と間違った予測を与え、エラーを投げないため、そういうシステムではデータのパイプラインを監視することが絶対に欠かせない。 続きを読む

  • 死別の悲しみに暮れる家族のためのデジタルアシスタント「Empathy」が14億円調達

    死別の悲しみに暮れる家族のためのデジタルアシスタント「Empathy」が14億円調達

    死は、人生において絶対に避けられない出来事であると同時に、非常に複雑で厄介な問題でもある。感情的あるいは宗教的な複雑で不安な気持ちに圧倒されるなか、多くの遺族はお金や、対処すべきさまざまな問題にも悩まされる。米国時間4月6日、Empathyというスタートアップが、そうした課題に正面から取り組み、遺族の心の傷を部分的に肩代わりすることを目指して、ステルスモードから姿を現した。 続きを読む

  • PayPalがイスラエルの暗号通貨セキュリティCurvを買収へ

    PayPalがイスラエルの暗号通貨セキュリティCurvを買収へ

    PayPalはイスラエル・テルアビブ拠点の暗号通貨スタートアップCurv買収を計画していると発表した。PayPalの正式発表に先立ち、イスラエルの新聞Calcalistがこの動きを報じていている。 続きを読む

  • エンジニアリングチームのスケジュール管理をサポートするAcumenが約7.5億円調達

    エンジニアリングチームのスケジュール管理をサポートするAcumenが約7.5億円調達

    エンジニアリングのチームは、スケジュールどおりに開発を進めていくと厳しい課題に直面することがあり、そのスケジュールの遅れは組織全体に影響を与える。この問題に取り組むために、エンジニアリングオペレーションを専門とするイスラエルのスタートアップ、Acumenは米国時間2月24日、700万ドル(約7億5000万円)のシード資金を調達したと発表した。 続きを読む

  • AIベースのオートバイ用安全システムのイスラエルRide Visionが約7.3億円を調達

    AIベースのオートバイ用安全システムのイスラエルRide Visionが約7.3億円を調達

    AIでオートバイの衝突を予防する安全システムを開発するイスラエルのスタートアップであるRide Visionは、米国時間11月16日、クラウドソーシングプラットフォームのOurCrowdが主導するシリーズA投資700万ドル(約7億3000万円)の調達を発表した。 続きを読む

  • AIでAIモデルを最適化するプラットフォームを構築するイスラエルのDeciが9.5億円を調達

    AIでAIモデルを最適化するプラットフォームを構築するイスラエルのDeciが9.5億円を調達

    イスラエルのテルアビブを拠点とするスタートアップのDeciは、AIを使ってAIモデルを最適化し本番環境にする新しいプラットフォームを構築している。同社は米国時間10月27日、EmergeとSquare Pegが主導するシードラウンドで910万ドル(約9億5000万円)を調達したと発表した。 続きを読む

  • ビジュアルデータを管理、アノテートに特化したAIデータ管理プラットフォームのDataloopが約11.55億円を調達

    ビジュアルデータを管理、アノテートに特化したAIデータ管理プラットフォームのDataloopが約11.55億円を調達

    データセットのアノテートなど企業のAIプロジェクトに使われるデータのライフサイクル全般の管理を専門とするテルアビブのスタートアップ、Dataloopが米国時間10月14日、これまでの合計で1600万ドル(約16億8500万円)を調達したことを発表した。 続きを読む

  • テルアビブ拠点のHailoがエッジデバイス用新AIモジュールでインテルやグーグルに挑戦

    テルアビブ拠点のHailoがエッジデバイス用新AIモジュールでインテルやグーグルに挑戦

    高性能なAIチップで知られているテルアビブのHailoは米国時間9月30日、AI処理を高度に加速させるM.2とMini PCIeのモジュールをローンチした。 続きを読む

  • テルアビブ拠点のソフトウェア自己修復のAurora Labsが豊田通商やポルシェから約24億円調達

    テルアビブ拠点のソフトウェア自己修復のAurora Labsが豊田通商やポルシェから約24億円調達

    自動車業界は複雑になるばかりのソフトウェアシステムに取り組んでいる。そこには、かなり費用のかかる危険な混乱、信頼性へのダメージを起こしうる欠陥という大きなリスクが伴う。 続きを読む

  • 脆弱なIoT機器を保護する斬新なシステムを開発するSternumが約6.8億円を調達

    脆弱なIoT機器を保護する斬新なシステムを開発するSternumが約6.8億円を調達

    安価なインターネット接続機器の大量生産から何かを学んだとすれば、セキュリティは後回しにされているということだ。デフォルトのパスワードは当たり前すぎで、セキュリティ上の欠陥にはパッチが当てられず、スマートデバイス全体が攻撃を受けやすい状態になっている。 続きを読む