日本(国・地域)

日本のスタートアップとテクノロジーの最新ニュース

  • 大分県が高校生と連携・協働しシビックテックに挑戦する地元企業を募集

    大分県が高校生と連携・協働しシビックテックに挑戦する地元企業を募集

    大分県は7月7日、オートバックスセブン協力のもと、大分県立情報科学高等学校の高校生の感じる身近な生活課題に対して、高校生と連携・協働しソリューションの開発や展開に挑戦する地元企業を募集する「OITA TECH WAVE~2ndwave~」を発表した。 続きを読む

  • 神奈川県が新型コロナによる社会課題の解決に挑むスタートアップを募集開始

    神奈川県が新型コロナによる社会課題の解決に挑むスタートアップを募集開始

    神奈川県は7月3日、新型コロナウイルス感染症の影響により生じた社会課題の解決などに取り組むスタートアップ企業などによるプロジェクトを募集し、「新しい生活様式」の実行・定着に資する新たなサービスの開発を支援すると発表した。7月14日14時~15時にオンライン説明会を開催する。 続きを読む

  • 元Salesforce Ventures浅田氏が独立系VCのOne Capital設立、1号ファンドは50億円規模でスタート

    元Salesforce Ventures浅田氏が独立系VCのOne Capital設立、1号ファンドは50億円規模でスタート

    Salesforce Ventures Japan HeadとしてSaaS企業へ投資してきた浅田慎二氏が、セールスフォース・ドットコムを退職し、4月に独立系ベンチャーキャピタルOne Capitalを設立した。同社は7月7日、1号ファンドの組成と投資活動開始を発表している。 続きを読む

  • 名古屋市が「Hatch Technology NAGOYA」参加スタートアップを募集開始

    名古屋市が「Hatch Technology NAGOYA」参加スタートアップを募集開始

    愛知県名古屋市が7月6日、先進技術を活用した社会実証を支援する「Hatch Technology NAGOYA」(ハッチ テクノロジー ナゴヤ)実施を発表した。 続きを読む

  • GVA法律事務所とみらいコンサルティングが月額1.2万円のスタートアップ向け法務・労務契約書レビューサービスを開始

    GVA法律事務所とみらいコンサルティングが月額1.2万円のスタートアップ向け法務・労務契約書レビューサービスを開始

    GVA法律事務所とみらいコンサルティングは7月6日、スタートアップ企業向けに、リーガルテックを活用した低価格の士業専門家サービス「スタートアップパック」の提供を開始した。 続きを読む

  • 出張料理人マッチング&サブスクのシェアダインが2.2億円調達

    出張料理人マッチング&サブスクのシェアダインが2.2億円調達

    シェアダインは7月5日、プレシリーズAラウンドで約2億2000万円の資金調達を発表した。第三者割当増資による調達で、引受先は以下のとおり。 続きを読む

  • Uberが悲願の東京都内でのタクシーサービスを開始、東京エムケイなどと提携

    Uberが悲願の東京都内でのタクシーサービスを開始、東京エムケイなどと提携

    最近では大量のCM放映などでフードデリバリーの会社として知名度を高めているUberだが、悲願とも言える東京都内でのタクシー配車サービスを開始した。 続きを読む

  • みんな電力がブロックチェーン電力取引とトレーサビリティで特許取得、現在はStellarを採用

    みんな電力がブロックチェーン電力取引とトレーサビリティで特許取得、現在はStellarを採用

    電気生産者や空気の「顔の見える化」プラットフォームを提供するみんな電力が7月2日、ブロックチェーン電力取引およびトレーサビリティシステムに関する特許に関する発表を行った。3件の申請のうち2件の特許権を取得。残る1件については特許審査を終了し、設定登録待ちとしている。 続きを読む

  • NearMeの特定少人数を乗せる通勤専用シャトルが九州で実証実験、トヨタ自動車九州と共同で

    NearMeの特定少人数を乗せる通勤専用シャトルが九州で実証実験、トヨタ自動車九州と共同で

    タクシー相乗りサービスや空港やゴルフ場までの相乗りシャトルサービスなどを展開するNearMeは(ニアミー)は6月30日、トヨタ自動車九州と共同で九州エリアでの通勤専用シャトル「nearMe.Commute」の実証実験を開始した。 続きを読む

  • 点検や災害対策、警備などのインフラ事業のロボット化を目指すセンシンロボティクスが総額約22億円調達

    点検や災害対策、警備などのインフラ事業のロボット化を目指すセンシンロボティクスが総額約22億円調達

    設備点検・災害対策・警備監視の領域でロボットを活用した無人化、省人化を目指すセンシンロボティクスは6月30日、総額22億円の資金を調達したことを明らかにした。 続きを読む