日本(国・地域)

日本のスタートアップとテクノロジーの最新ニュース

  • 東京大学JSK発のロボット開発スタートアップ「キビテク」が6840万円を調達

    東京大学JSK発のロボット開発スタートアップ「キビテク」が6840万円を調達

    ロボットの高度自律型遠隔制御システム(HATS)の開発およびロボット用制御ソフトウェアの受託開発を手がけるキビテクは9月18日、第三者割当増資として6840万円の資金調達を発表した。引受先は、シンク・アイ・ホールディングス、匠、ウイルテック。 続きを読む

  • シンガポールの介護スタートアップHomageが日本のヘルスケアIT大手インフォコムとの戦略的提携発表

    シンガポールの介護スタートアップHomageが日本のヘルスケアIT大手インフォコムとの戦略的提携発表

    シンガポールを拠点とする介護とテレヘルスの企業であるHomageが、世界進出に向けて大きな一歩を踏み出した。米国時間9月14日、同社は日本最大のヘルスケアIT事業を運用する情報通信技術企業であるInfocomからの戦略的投資を受けたと発表した。 続きを読む

  • 建設現場向け協働型ロボットの「建ロボテック」が資金調達、鉄筋結束作業ロボの進化・他作業の省力化ロボを開発

    建設現場向け協働型ロボットの「建ロボテック」が資金調達、鉄筋結束作業ロボの進化・他作業の省力化ロボを開発

    協働型ロボット「トモロボ」など建設現場の省力化ソリューションを提供する建ロボテックは9月15日、シードラウンドにおいて、第三者割当増資として資金調達を実施したと発表した。引受先は、 グローカリンク、モバイルインターネットキャピタル(MICイノベーション5号投資事業有限責任組合)。さらに、中国銀行、商工組合中央金庫による長期融資も合わせて実施しており、調達総額は約2億円となる。 続きを読む

  • コワーキングスペースの「いいオフィス」が9900万円を調達、店舗開拓とブランディングを強化

    コワーキングスペースの「いいオフィス」が9900万円を調達、店舗開拓とブランディングを強化

    コワーキングスペース事業を展開するいいオフィスは9月15日、第三者割当増資として9900万円の資金調達を発表した。引受先は、Suprieve(スプリーブ)、森武司氏(Suprieve 代表取締役社長)。 続きを読む

  • 家具サブスクのsubsclifeが約30億円を調達、シェア拡大に向けた施策を加速

    家具サブスクのsubsclifeが約30億円を調達、シェア拡大に向けた施策を加速

    家具のサブスクリプションサービス企画運営のsubsclife(サブスクライフ)は、9月14日、第三者割当増資と金融機関からの融資により、約30億円の資金調達を実施したと発表した。引受先は複数のファンド、事業会社および既存株主の10社。今回の調達により、家具のサブスクリプションサービス「subsclife」のシェア拡大に向けた施策を加速させる。 続きを読む

  • 郵便物のための出社を不要にするクラウド郵便管理サービス「atena」のN-Technologiesが2500万円を調達

    郵便物のための出社を不要にするクラウド郵便管理サービス「atena」のN-Technologiesが2500万円を調達

    クラウド郵便管理サービス「atena」(アテナ)提供のN-Technologiesは9月14日、J-KISS型新株予約権方式による2500万円の資金調達を実施したと発表した。2019年1月に創業以来初の資金調達となる。引受先はCoral Capital。 続きを読む

  • インスタ映えする空撮スポットをめぐるドローン愛好家向け「飛騨高山の自然を独り占め空撮ツアー」開催

    インスタ映えする空撮スポットをめぐるドローン愛好家向け「飛騨高山の自然を独り占め空撮ツアー」開催

    旅行業を手がける丹生川(にゅうかわ)観光は9月14日 飛騨高山で雄大な自然を巡るドローン愛好家向けツアー「飛騨高山の自然を独り占め空撮ツアー」を開催すると発表した。 続きを読む

  • AIヘッドハンティング「LAPRAS SCOUT」のLAPRASが3.5億円を調達、ビジネス体制と新規開発リソース強化

    AIヘッドハンティング「LAPRAS SCOUT」のLAPRASが3.5億円を調達、ビジネス体制と新規開発リソース強化

    登録不要のエンジニア向けAIヘッドハンティングサービス「LAPRAS SCOUT」を展開するLAPRASは9月14日、第三者割当増資による3.5億円の資金調達を実施したと発表した。引受先はウィルグループ HRTech2号投資事業有限責任組合。 続きを読む

  • スキマ時間バイトアプリのタイミーが13.4億円を調達、企業向け営業・新規ユーザー獲得のマーケティングなど拡充

    スキマ時間バイトアプリのタイミーが13.4億円を調達、企業向け営業・新規ユーザー獲得のマーケティングなど拡充

    空き時間に面接不要ですぐに働け、勤務終了後すぐにお金を受け取れるスキマ時間バイトアプリ「タイミー」提供のタイミーは9月14日、第三者割当増資と金融機関からの融資により13.4億円の資金調達を2020年9月までに実施したと発表した。引受先はプロロジス、肥銀ベンチャー投資有限責任組合、肥銀キャピタル、近鉄ベンチャーパートナーズ、ミクシィ、global bridge HOLDINGS 、コロプラネクスト3号ファンド投資事業組合、そのほか個人投資家複数名。 続きを読む

  • 法務向けAI搭載オンラインエディター「LAWGUE」の日本法務システム研究所が3億円を調達

    法務向けAI搭載オンラインエディター「LAWGUE」の日本法務システム研究所が3億円を調達

    法務・コンプライアンス領域向けAI搭載オンラインエディター「LAWGUE」(ローグ)開発・提供の日本法務システム研究所は9月14日、第三者割当増資および融資として、約3億円の資金調達を実施したと発表した。引受先は新日本法規出版、第一法規、鈴与、AI inside、UB Venturesが運用するファンド。融資については、三菱UFJ銀行からのプロパー融資となっている。 続きを読む