Jaxtr

  • JaxtrがFreeConnectをローンチ―話がうますぎるが、世界中どことでも無料で携帯通話ができる

    JaxtrがFreeConnectをローンチ―話がうますぎるが、世界中どことでも無料で携帯通話ができる

    VoIPサービスのスタートアップのJaxtrがFreeConnectという新しいサービスを開始した。Jaxtrの登録メンバー同士なら好きなだけ無料で携帯で会話ができるという。話が余りにもうますぎるように聞こえる。Jaxtrが通話に広告を挿入し始めれば別だが、今のところFreeConnectにはそれと分るような収入源が見あたらない。しかしJaxtrのCEO代行、Bahman Koohestaniは「これは、わが社のサービスを宣伝して新しいメンバーを募り、そのうちのいく分かが機能豊富な有料版を使ってくれるようにするのが目的だ」と説明している… 続きを読む

  • リストラでCEOもいなくなったJaxtr

    リストラでCEOもいなくなったJaxtr

    従業員の30%をレイオフしたJaxtr。それから2週間経って、今度はCEOのKonstantin Guericke自身もまた解任されてしまった。エンジニアリング部門VPのBahman Koohestani(CyworldとOrbitzの前CTO)が暫定的に後を引き継ぐ。 Jaxtrは固定電話と携帯電話の双方にVoIP機能を提供している。最新の資金調達は6月で、$10Mのシリーズ(1000万ドル)を完了している。投資にはLehman Brothers Venture Capital(そう、まだ活動してる)、August Capital、Mangrov… 続きを読む

  • VoIPのスタートアップJaxtrが13名をレイオフ

    VoIPのスタートアップJaxtrが13名をレイオフ

    VoIPサービスとSNSを提供しているスタートアップJaxtrが13名の社員をレイオフし、レイオフ監視リストに載せられた。2008年6月には35名の社員がいたが、レイオフ後の現在のフルタイム社員は30名だ。 CEOのKonstantin Guerickeによれば、同社は今の不況に十分耐え抜いていける、6月に獲得したシリーズBの$10M(1千万ドル)は今もまるまる残っているそうだ。彼曰く、同社の今後の売上と成長の予測では、少なくとも18か月持ちこたえるだけのキャッシュが得られる、今後もWebデベロッパやシステムアドミニストレータなど基幹的な… 続きを読む

  • リーマン・ブラザーズが出資していたベンチャー企業は孤児になる?

    リーマン・ブラザーズが出資していたベンチャー企業は孤児になる?

    リーマン・ブラザーズの破綻を受けて資産の売却が始まっているが、ベンチャー部門がどうなるのかは不透明で、さらにLehman Brothers Venture Partnersが株式を保有していた企業において、保有者の変更がどのような影響を与えるのかも不明だ。他の投資銀行同様に、リーマン・ブラザーズも1990年代半ばからベンチャー投資を始めている。投資管理グループはBain Capital and Hellman & Friedman on Mondayに売却された中に含まれるが、ベンチャー部門は含まれていない。8億ドルの資産を持つLehman Bro… 続きを読む

  • Jaxtr、ついに一般電話からもVoIP通話を提供― $10Mを調達

    Jaxtr、ついに一般電話からもVoIP通話を提供― $10Mを調達

    オンラインVoIP通話サービスに加えてSNSも提供しているJaxtrは、インターネット外の一般電話から世界のどこへでも通話ができるサービスを開始した。新たなサービスではユーザーは自分の一般電話から友達や家族(あるいはメンバー外の誰にでも)に対し、通常の国際電話とは比べものにならないくらい安く、電話をかけることができる。JaxtrはまたLehman Brothers Venture PartnersがリードするシリーズBのラウンドで$10M(1千万ドル)の資金を調達した。 このサービスを利用するには、まずユーザーは国際電話をかけたい相手の電話番… 続きを読む

  • Jangl、ついにオーディオ広告を導入

    Jangl、ついにオーディオ広告を導入

    Janglはついにソーシャル通話ウィジェットの収益化を図ることを決断した。Jangleネットワークは潜在的に8千万のSNSユーザーが利用可能だ。(Jangleでは実際に積極的に利用しているユーザーの数を発表していない)。Janglは、互いに実際の電話番号を教えずに、他のウェブユーザーと音声チャットやSMSメッセージの交換を楽しむために主に用いられている。新しい広告プロジェクトは「Mobile Media Platform」と呼ばれ、広告出稿のための一連のAPIをサイト運営者や広告主のために公開した。戦略的には他のウィジェット提供者が自社の… 続きを読む

  • ドイツ人とオンラインでテクノロジー系の会話をしたいならJaxtr Cafeを試してみよう

    ドイツ人とオンラインでテクノロジー系の会話をしたいならJaxtr Cafeを試してみよう

    ソーシャルVoIP通話のウィジェットのJaxtrが新しいサイトJaxtr Cafeを公開した。Jaxtrというウィジェットは、Janglなどと同様、自分たちの本当の電話番号を教え合わずに匿名でネットワーク上で会話でき、ついでに長距離電話の料金の節約にもなるというサービスを提供している。 今までJaxtrのユーザーはサービスに登録されているメールアドレスを頼りに、ほぼいきあたりばったりでランダムに出会って会話をしてきた。これに対して、JaxtrCafeは、1千万人のユーザー(50-60%が活動中)が、なんなりと自分の好みの話題について相手を… 続きを読む

  • Janglが人気の出会い系「PlentyOfFish」に匿名テレホンセックスのサービス提供

    Janglが人気の出会い系「PlentyOfFish」に匿名テレホンセックスのサービス提供

    新しい出会いを安全かつプライベートに行いたいならJanglだ。 ここの「Social Communications Widget(ソーシャルなコミュニケーションのためのウィジェット)」 は簡単なウィジェットを使って、こちらの電話番号を隠したままSMSを送受信したり、ボイスメールを残したりできる。 ライバルのJaxtrと違って、Janglでは直接SNS(Match.com、Tagged、AdultFriendFinder、Fubar)やFacebook/Beboアプリ(推定8000万プロフィールに導入済み)と契約を結ぶことで普及を図ってきた。Ja… 続きを読む

  • ソーシャル電話サービスのJaxtr、5ヶ月でなんと500万ユーザーを集める

    ソーシャル電話サービスのJaxtr、5ヶ月でなんと500万ユーザーを集める

    ソーシャル電話サービスのスタートアップ、Jaxtrは目覚しい成長ぶりだ。この5ヶ月弱(正確には140日)でなんと500万ユーザーを集めることに成功している。7月のユーザー数が50万だったからちょうど10倍だ。Jaxtrではこの成功を、サービス自体の機能が優れていることと、メール中に通話のリンクが貼れることによるバイラルなプロモーションの成功によるものとしている。 8月にJaxtrは100万人のユーザーを獲得したことと、$10M(1000万ドル)の資金調達を行ったことを発表した。この成長に合わせて、同社はMySQLの前CTO、Taneli… 続きを読む

  • TringMe―電話機のいらない「Click To Call」

    TringMe―電話機のいらない「Click To Call」

    殆どのVOIP関連のスタートアップには専用の「click-to-call」ウィジェットがある。Jajah、Jangl、Jaxtr、さらにはGrandCentralにさえある。このウィジェットを使うと、簡単に、時には匿名でウェブ経由で友人に電話することがができる。非常に便利で、ボイスメールやテキストメッセージの機能も付いている。ただし、どのサービスも電話と電話をつなぐので、仕事の電話でも、MySpace仲間と話す時でも携帯料金がかかる。 TringMeはもう少し融通がきく。かける側は電話を使わずに、Flashウィジェットから直接、携帯や一… 続きを読む

  • Jajahが、誰でも使える「Click To Call」を提供

    Jajahが、誰でも使える「Click To Call」を提供

    Jajahは月曜(米国時間10/1)に「click-to-call」ボタンを正式発表する。このボタンは、ユーザーが無料、匿名でオーナーと話すことができるもので、昨年秘かにプライベートベータテストが行われていた。同社はこれで、国際電話カードサービスや、Jaxtr、Janglなど、すでにソーシャルネットワークや出会い系サイトに「click-to-call」を提供しているサービスとも戦うことになる。 このコールボタンを使えるのはJajahの登録ユーザーで、埋め込み用の短かいプログラムを自分のウェブページやメールの末尾に貼り付けて使う。カスタマ… 続きを読む

  • Snapvine、$10M調達

    Snapvine、$10M調達

    オンラインの音声メッセージングのSnapvineが$10M (1000万ドル) の資金調達ラウンドを完了した。リードはシリコンバレーの新会社Bridgescale Partners。 Draper Fisher Jurvetson、First Round Capital、Russell Siegelmanから昨年行った$2M(200万ドル)の調達ラウンドに次ぐ投資となる。 Snapvineはボイスメール専用ウィジェットを作る会社で、競合は多い。8月末にシリーズAで$7.5M(750万ドル)の資金調達を行った< a href="http://www.crunchbase.com/company/saynow">SayNowのように、 Snapvineはセレブと… 続きを読む

  • Jaxtrが$10M調達、メンバー数100万達成

    Jaxtrが$10M調達、メンバー数100万達成

    JaxtrはAラウンドで$10M(1000万ドル)を調達、リードはAugust Capitalで、他にMayfield Fund、Draper Richards、Draper Fisher Jurvetson、Luxemburg拠点のMagrove Capitalが参加した。また、同サービスの登録ユーザー数は先月中に倍増して合計100万ユーザーとなった。来年末までに、出資額の回収と、2000万ユーザー達成を目指す。 Jaxtrは、ユーザーが自分の電話番号を匿名でウェブに掲示したり、長距離通話を安くかけることができる電話サービス。VOIP上のJaxt… 続きを読む

  • Jaxtr、ユーザー数データを公開。ソーシャルネットワーキングサービスに頼らず順調な伸び

    Jaxtr、ユーザー数データを公開。ソーシャルネットワーキングサービスに頼らず順調な伸び

    VOIPコーリングサービスのJaxtrは、27日間でこれまでのユーザーが倍増、トータルユーザー数50万人となった。Jaxtrは3月のサービス開始以来メンバー数2倍、一日あたり1.2万人以上の新ユーザーがサービスに加入。サービス開始から、同サービスを利用して電話をかけた人の数は80万人以上。 Jaxtrは、ユーザーが現在利用している電話に取って代わろうという他のVOIP企業とは異なっている。JaxtrはVOIPラインを利用して、電話番号を他人に教えることなく(電話を受けられるようにし、また、)ユーザーがより安価な価格で話せるようにすること… 続きを読む

  • Jaxtrベータ完了:サイトに電話を置いてみよう

    Jaxtrのことは12月にプライベートベータが公開になったとき紹介した。昨年はVoIPのスタートアップが次々生まれたが、このJaxtrも他のサービス同様、普通の電話と電話の間をネットで繋ぐサービスを提供している。 今では一般の電話同士でも(ネットを使って)普通に問題なく通話できるが、Jaxtrなどがやっているサービスではサイトからそのまま電話がかけられるのがミソである。かける方も受ける方もjaxtrからかかってくる電話を受けるだけ。なので、通話料はかからない。また、電話番号はどちらサイドにも見えないようになっている。 Jaxtrではまず、… 続きを読む

  • Jaxtr: ソーシャルネットワーカーが電話できるウィジェット

    Jaxtr: ソーシャルネットワーカーが電話できるウィジェット

    jaxtrという企業が今日(米国時間12/14)、自分の電話をデジタルのパーソナリティに繋ぐことができるウィジェットをプライベートのベータ版でリリースした。 jaxrのウィジェットはソーシャルネットーワキングのサイトやブログに保存可能。このウィジェットを持ってる人には他の人がリアルタイムで電話をかけることができる。電話番号はjaxtrメンバーが各ウィジェットごとに割り振る。 電話をかける側はウィジェットを見たら、これをクリック。するとjaxtrがこちらの電話番号をきいてくる。こっちの電話が鳴ったら受話器を取って、あとはjaxtrが電話の受… 続きを読む