JibJab

  • TechCrunch恒例―JibJabでガンナム・スタイルで踊る自分のビデオを作ってみた!

    TechCrunchではJibJabに自分や同僚の写真を貼ってアニメ・ビデオを作って(もちろんその後公開して)勤務時間をムダにするのが伝統となっている。今回、JibJabの連中はガンナム・スタイル版を作ってくれた。 続きを読む

  • パロディソングの王様Weird Alの音楽ビデオに“主演”したい人はJibJabへ行くべし

    ぼくも含めて本誌のスタッフはJibJabの大ファンだ。この人気の高いお笑いサイトは、ユーザがアップしたおかしな画像や友だちの写真などから、おもしろいパロディビデオやeカードを作ってくれる。これまで、TechCrunchの連中をこびとの妖精にしたり、編集長をペプシコーラのコマーシャルの主役にしたりした。そして今夜(米国時間8/3)からJibJabは、出演者を大スターにしてしまう、革命的なパロディビデオの作成と提供を開始する。ユーザが写真をアップした友だちなどを、パロディソングの王者Weird Alの音楽ビデオに出演させてしまうのだ。 くだら… 続きを読む

  • 笑いを売るJibJabが$7.5MのシリーズCラウンドを完了

    笑いを売るJibJabが$7.5MのシリーズCラウンドを完了

    パロディビデオやおふざけeグリーティングカードで人気のJibJabが、新たな投資家Overbrook Entertainment(ウィル・スミスらが作ったプロダクション)とSony Pictures Entertainment、さらに既存の投資家Polaris Venture Partnersの参加により、$7.5M(750万ドル)のシリーズC資金調達ラウンドを完了した。同社は前にも約$9.4M(940万ドル)を調達している。このサイトは毎年膨大なトラフィックを生み、Quantcastによれば合衆国の人気トップ100サイトの一つである(現在73… 続きを読む

  • 今年のクリスマスはOfficeMaxのElfYourself.comがJibJabふうになる

    今年のクリスマスはOfficeMaxのElfYourself.comがJibJabふうになる

    1年前のWeb上の、休日びっくり隠し芸的なサイトの一つが、ElfYourself.com.だった。それはOfficeMaxがプロモーションのために作った口コミで広まるタイプのビデオサイトで、ユーザが自分の写真をアップロードすると、その写真を使って踊るエルフを作り、ユーザはそれをeカードとして家族や友人に送る。ElfYourselfは去年の12月の最急速の成長サイトになり、合衆国のユニークビジター数が3900万に達した(キャンペーン中の全世界からのユニークビジター数は1億だった)。 JibJab MediaのCEO、Greg Spiridel… 続きを読む

  • JibJab、またわれわれの顔を使ったパロディービデオを制作

    JibJab、またわれわれの顔を使ったパロディービデオを制作

    JibJabはわれわれの顔写真を貼ったビデオを作れば間違いなくTechCrunchからリンクを張ってもらえると発見したようだ。しょうがないのでここに最新版を掲載しておく。しかし私はGizmozの作品のほうがはるかに優秀だと思う。 しかし、最近退院したばかりだというのにOm Malikがこれほど飛んだりはねたりできるのはたいへんめでたい。 CrunchBase: JibJab Gizmoz [原文へ] (翻訳:Namekawa, U) 続きを読む

  • JibJabであなたもペプシ広告に。Lloyd Braun、サンクス!

    JibJabであなたもペプシ広告に。Lloyd Braun、サンクス!

    JibJabのバーチャルな動画グリーティングカードSendablesは、以前にも取り上げた。 値段はそれぞれ$0.50ドルから$3ドル。さて、同社のホリデー・グリーティン動画2つについて、Pepsiがスポンサーとなる。これは前YahooエクゼクティブLloyd Braunの新会社BermanBraunがPepsiと共に 、同様のオンライン動画でブランディングの機会を作り出そうとしていることによる。ユーザーは自分と友だち(あるいはライバル)の顔写真をアップロードして、カードをパーソナライズするというもの。ちょうど、JibJabの「Starri… 続きを読む

  • Gizmozで3Dアバターを作って映画の主人公になって遊ぼう

    Gizmoz.comでしゃべる3Dアバターをビデオに埋め込もう JibJabで自分のアバターをビデオクリップに取り込んで遊ぶのが気に入ったユーザー ならGizmozのこの新しいサービスがオススメだ。 JibJabはユーザーの2D画像を加工して、口の部分を上下に動かすだけだが、Gizmozはユーザーの顔写真をベースに3Dイメージを制作、さまざまな表情を作らせ、音声に合わせて口の動きも同期させるという独自のテクノロジーの開発に成功した。 いちばん基本的なサービスは「しゃべる3Dアバター」の提供で、これは2006年5月にローンチしている。 今回、Gi… 続きを読む

  • ビョーキなJibJabから「ハッピー・ハロウィーン」

    ロサンゼルスのJibJabが伝統的な政治風刺から事業を拡大し続けている。最近、同社がリリースしたのはSendablesというバーチャルの有料グリーティングカード。少し黒いユーモアのセンスがあって(私のような)たくさんの人に人気が出そうなサービスだ。上の動画はお気に入りのひとつだが、笑いが止まらない。 ユーザーは1件か2件のグリーティングカードをメールで無料で送ることができる。それを超えると、50セントから3ドルかかる。これは年間サブスクリプションを$14で販売し年間$85M(8500万ドル)のビジネスを展開する「American Gree… 続きを読む

  • アニメの主人公の顔を自分の顔に入れ替えるB級映画が流行っている

    これはJibJabでさっきライブになったもの。主人公の頭を自分の顔に入れ替えて楽しむアニメ映画シリーズStarring Youに新作2本が出たというので、さっそくjibjabの連中がアーリントン(本ブログ主宰)と僕の顔で親切にも作ってくれた。映画のタイトルは「Unnecessary Force(不要なフォース)」。よしてくれと言ったのに…。 Math Camp Massacres(数学合宿大虐殺)の方も要チェックですよ。(Starring Youの詳しい話はCNNのこちらの動画をご参考に) [原文へ] 続きを読む

  • JibJab、「大お笑いスケッチ実験」開始

    JibJab、「大お笑いスケッチ実験」開始

    JibJab のことを聞いたことがない場合は、まずコンピュータのボリュームを上げて2004年の[ブッシュ対ケリーの]大統領選をパロディにしたオリジナルのアニメThis Landを見てみるとよい。このビデオは8千万回もダウンロードされている。その他のオリジナルのアニメはここに。 JibJab は今やサービスをユーザー制作のいくつかのパロディービデオから拡大中だ。2006年4月にはJokeBoxと いう新しいコーナーを設けた。ここではユーザーはビデオ、写真、音声、文字によるジョークを投稿することができる。15000 以上のジョークがアップロードされ、… 続きを読む