JOBS Act

  • アメリカのクラウドファンディングは“寄付”から本格的な“株式投資”へ; VCの淘汰も始まるか

    アメリカのクラウドファンディングは“寄付”から本格的な“株式投資”へ; VCの淘汰も始まるか

    【抄訳】 締切りを数百日も過ぎた今日(米国時間10/23)、SECの専門委員たちは全会一致で、スタートアップの株式クラウドファンディング(equity crowdfunding)の一般化/大衆化認めるにあたっての規則案を作成し公開諮問することになった*。これまでは株式クラウドファンディングは、SECから認可されている富裕な投資家にのみ許されていた。その規則案は長期の公開意見聴取を経てから、SECがあらためて正式に票決することになる。〔*: これまでのKickstarterなどで行われているクラウドファンディングは、法律的分類としてはR… 続きを読む

  • JOBS〔雇用創出〕法にオバマ大統領が署名―業界はクラウド・ファンディングの自主ルール制定を急ぐ

    JOBS〔雇用創出〕法にオバマ大統領が署名―業界はクラウド・ファンディングの自主ルール制定を急ぐ

    今日、オバマ大統領はJOBS法〔雇用創出法〕に署名した。これによって未公開企業が適格投資家(accredited investor)以外の一般市民から資本を調達するクラウド・ファンディングが合法化された。 この新しい法律によって起業家の資本調達の道が大きく拡大された。ただし、スタートアップが調達できる資本は年間100万ドルまで、かつSEC(アメリカ証券取引委員会)によって承認された取引窓口を通すという制限が課せられる。同時に、従来の株主が500人以上になった場合は株式上場あるいは上場企業と同様の財務情報開示が強制される条項が改正され、株主… 続きを読む