Joby Aviation(企業)

航空タクシーサービス用のVTOL個人用航空機を開発する米国の企業。

  • NASAが「空飛ぶタクシー」目指すJoby製eVTOLの飛行試験、新たな空の交通基準策定に向け性能・騒音など情報収集

    NASAが「空飛ぶタクシー」目指すJoby製eVTOLの飛行試験、新たな空の交通基準策定に向け性能・騒音など情報収集

    NASAがJoby Aviation(ジョビー・アビエーション)が開発する電動垂直離着陸機(eVTOL)の飛行試験を開始しました。この試験は8月30日から9月10日にかけて行われこの試験機が安全に安定した飛行を行うかを確認し、各種データを収集します。NASAがeVTOL機の試験を行うのは今回が初めて。Jobyは2009年創業のeVTOL企業で、NASAのAdvanced Air Mobility(AAM) と称するキャンペーンに参加する企業のひとつ。 続きを読む

  • eVTOL企業Joby Aviationがアジアや欧州でも早期に事業開始を計画

    eVTOL企業Joby Aviationがアジアや欧州でも早期に事業開始を計画

    電動垂直離着陸型旅客機のスタートアップ企業であるJoby Aviationは、最初の商業展開を北米で開始することを目指しているが、同社創業者でCEOのジョーベン・ビバート氏は、アジアや欧州でも早々に存在感を示すことができると期待している。 続きを読む

  • Joby Aviationが空飛ぶタクシー乗降場所として立体駐車場に注目

    Joby Aviationが空飛ぶタクシー乗降場所として立体駐車場に注目

    Joby Aviationは米国時間6月2日、バーティポート(垂直離着陸用飛行場)のネットワークの構築で米国最大の駐車場運営事業者、そして不動産買収会社と提携すると発表した。ネットワークはまずロサンゼルスとマイアミ、ニューヨーク、サンフランシスコのベイアリーナにフォーカスする。 続きを読む

  • トヨタ出資の電動航空機メーカーJoby AviationもSPAC経由で上場か

    トヨタ出資の電動航空機メーカーJoby AviationもSPAC経由で上場か

    トヨタがリードしたラウンドで5億9000万ドル(約620億円)を獲得してから1年、Uberの空飛ぶタクシー事業を買収してから数カ月後、Joby Aviationは特別買収目的会社(SPAC)との合併を通じての上場を交渉していると報じられた。 続きを読む

  • Uberが空飛ぶタクシー事業ElevateをJoby Aviationに売却、最後の夢の事業から撤退

    Uberが空飛ぶタクシー事業ElevateをJoby Aviationに売却、最後の夢の事業から撤退

    Uberは空飛ぶタクシー事業ElevateをJoby Aviationに譲渡した。同配車サービス企業は、主軸事業に専念して利益を出そうと、いくつもの壮大な構想の事業を売却してきたが、これが最後の1つとなる。発表された取引は、UberがJobyに7500万ドル(約78億2000万円)を投資し、両社のパートナーシップを拡大するという合弁契約の中の一部だ。 続きを読む