keio university

  • 遠隔地に触覚までをも伝達する、慶応大学舘教授のテレプレゼンスロボット(動画あり)

    遠隔地に触覚までをも伝達する、慶応大学舘教授のテレプレゼンスロボット(動画あり)

    慶応大学の舘教授は、1980年代からテレプレゼンスロボットの研究を続けている。そして発表されたTELESAR Vはテレイグジスタンス・ロボットアバターと呼ばれ、舘研究室のこれまでの集大成となっている。ロボットは視覚、聴覚、および触覚までをも遠隔地に伝えることができ、人々を時間的空間的制約から解き放つものとして期待されている。 ロボットの機能として目指すのは、遠隔地においてオルターエゴ(アバターと言った方がわかりやすいだろうか)として動くようなレベルだ。遠隔地で動くロボットの視覚を通してオペレーターも同じ物を見て、そしてロボットが耳にするも… 続きを読む

  • 仮想オブジェクトに"触る"ことができる裸眼用3DスクリーンRePro3D

    仮想オブジェクトに"触る"ことができる裸眼用3DスクリーンRePro3D

    これは、まったく新しい3Dスクリーンだ。日本の慶応大学の研究チームが作ったこのディスプレイは、画面上の仮想3Dキャラクタにユーザが”触る”ことができる。このRePro3Dと名付けられた作品は、裸眼のフルパララックス3Dディスプレイに、触覚能力のあるインタフェイスを組み合わせて、ユーザが3D環境中の仮想オブジェクトを自分の指で操作できる。 制作者たちの説明: 続きを読む