慶應義塾大学(組織)

日本の私立大学。

  • 慶應義塾大学 岩本研究室とEdMuseがブロックチェーン基盤ID証明関連ビジネスモデルに関し協働研究

    慶應義塾大学 岩本研究室とEdMuseがブロックチェーン基盤ID証明関連ビジネスモデルに関し協働研究

    慶應義塾大学大学院 経営管理研究科 岩本隆研究室(岩本研究室)とEdMuseは11月17日、HR(Human Resources)テック分野におけるブロックチェーン技術を活用したビジネスモデルの協働研究の開始を発表した。 続きを読む

  • Googleが感染症の数理モデルとAIを組み合わせた都道府県別の新型コロナ感染予測を公開、慶応大監修

    Googleが感染症の数理モデルとAIを組み合わせた都道府県別の新型コロナ感染予測を公開、慶応大監修

    Google(グーグル)は11月17日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染予測(日本版)を公開した。感染症の数理モデルとAIを組み合わせることで、対象期間である将来28日間に予測される死亡者数、感染確認者数、入院・療養等患者数など都道府県別に表示する。全国の予測値は都道府県の予測値を足し合わせている。 続きを読む

  • IBMが量子コンピューターの競技型オンライン・プログラミング・コンテスト開催、慶応大とコラボ

    IBMが量子コンピューターの競技型オンライン・プログラミング・コンテスト開催、慶応大とコラボ

    IBMは11月2日、慶應義塾大学量子コンピューティングセンターとのコラボレーションのもと、量子コンピューターの競技型オンライン・プログラミング・コンテスト「IBM Quantum Challenge」を開催すると発表した。期間は日本時間11月9日9時から3週間(11月30日午前8時59分59秒まで)。 続きを読む

  • 慶応FinTEKセンターとIGSがブロックチェーンによる学生の個人情報管理プラットフォームを共同開発

    慶応FinTEKセンターとIGSがブロックチェーンによる学生の個人情報管理プラットフォームを共同開発

    慶應義塾大学経済学部附属経済研究所FinTEKセンター(FinTEKセンター)、Institution for a Global Society(IGS)は8月11日、ブロックチェーンを用いた個人情報の管理・活用を実現するシステム開発に関する共同研究「STAR(Secure Transmission And Recording)プロジェクト」の開始を発表した。 続きを読む

  • 遠隔地に触覚までをも伝達する、慶応大学舘教授のテレプレゼンスロボット(動画あり)

    遠隔地に触覚までをも伝達する、慶応大学舘教授のテレプレゼンスロボット(動画あり)

    慶応大学の舘教授は、1980年代からテレプレゼンスロボットの研究を続けている。そして発表されたTELESAR Vはテレイグジスタンス・ロボットアバターと呼ばれ、舘研究室のこれまでの集大成となっている。ロボットは視覚、聴覚、および触覚までをも遠隔地に伝えることができ、人々を時間的空間的制約から解き放つものとして期待されている。 ロボットの機能として目指すのは、遠隔地においてオルターエゴ(アバターと言った方がわかりやすいだろうか)として動くようなレベルだ。遠隔地で動くロボットの視覚を通してオペレーターも同じ物を見て、そしてロボットが耳にするも… 続きを読む

  • 仮想オブジェクトに"触る"ことができる裸眼用3DスクリーンRePro3D

    仮想オブジェクトに"触る"ことができる裸眼用3DスクリーンRePro3D

    これは、まったく新しい3Dスクリーンだ。日本の慶応大学の研究チームが作ったこのディスプレイは、画面上の仮想3Dキャラクタにユーザが”触る”ことができる。このRePro3Dと名付けられた作品は、裸眼のフルパララックス3Dディスプレイに、触覚能力のあるインタフェイスを組み合わせて、ユーザが3D環境中の仮想オブジェクトを自分の指で操作できる。 制作者たちの説明: 続きを読む