決算発表(用語)

企業の決算発表を伝えるニュース一覧

  • SpotifyのユーザはQ2に増加し3億人に近づく、コロナ禍で広告売上は依然苦戦

    SpotifyのユーザはQ2に増加し3億人に近づく、コロナ禍で広告売上は依然苦戦

    Spotifyのビジネスが新型コロナウイルスのパンデミックから継続的に影響を受けていることが、7月29日の2020年第2四半期決算発表で明らかになった。 続きを読む

  • サムスンはメモリー事業が堅調で営業利益は23%増

    サムスンはメモリー事業が堅調で営業利益は23%増

    Samsung Electronics(サムスン電子)の7月30日の四半期決算発表は、慎重ながらも楽観的なトーンが漂った。同社は引き続き新型コロナウイルス(COVID-19)パンデミックの影響に対応しているが、リモートワークとリモート教育の増加を受けたデータセンターのDRAMチップ需要によりメモリー事業が堅調だった。 続きを読む

  • TwitterのQ2は利用増も売上高は約730億円にとどまる

    TwitterのQ2は利用増も売上高は約730億円にとどまる

    Twitter(ツイッター)では先週大規模なセキュリティ侵害があり、複数の著名人のアカウントにビットコイン詐欺が拡がったばかりという状況で、同社は第2四半期決算を発表した。広告ベースのソーシャルプラットフォームがパンデミックの嵐を乗り切る戦いが続いていることを象徴する内容だった。 続きを読む

  • テスラが4四半期連続で黒字、Q2売上高は5%減の約6445億円

    テスラが4四半期連続で黒字、Q2売上高は5%減の約6445億円

    Tesla(テスラ)は4四半期連続で黒字となった。米国7月22日の株式市場クローズ後に発表した第2四半期決算によると、これまでで最長の黒字期間となる。 続きを読む

  • 絶好調なのにNetflixの株価はなぜ10%も下がったのか

    絶好調なのにNetflixの株価はなぜ10%も下がったのか

    米国時間7月16日の取引終了後にNetflixは、第2四半期の決算報告を発表した。その数字が出たあと同社は企業価値は急落し、本稿執筆時点の時間外取引では株価が10%下がった。 続きを読む

  • 制裁とパンデミックの中、ファーウェイの2020年上半期の売上は13.1%増

    制裁とパンデミックの中、ファーウェイの2020年上半期の売上は13.1%増

    Huaweiは、同社の2020年前半における売上は、世界中の国々が同社製品への禁制を継続しパンデミックの最中にスマートフォンの売上が縮小している中において前年比で13.1%増加した、と米国時間7月13日に発表した文書で述べている。 続きを読む

  • Slackは四半期決算発表後に株価10%ダウン、ガイダンスにも市場は不満

    Slackは四半期決算発表後に株価10%ダウン、ガイダンスにも市場は不満

    エンタープライズ向けチャットのSlackが4月30日を終期とする第1四半期を発表した。これは2021会計年度の最初の四半期決算だ。同期の収入は220億円で昨年同期比で50%のアップだった。 続きを読む

  • ZoomのQ1売上は前年同期169%の360億円、無料ユーザーのコスト増で売上総利益率は大幅低下

    ZoomのQ1売上は前年同期169%の360億円、無料ユーザーのコスト増で売上総利益率は大幅低下

    米国6月3日の取引開始のベルが鳴った後、ビデオチャットサービスのZoom(ズーム)は第1四半期決算を発表した。売上高は前年同期比169%増の3億2820万ドル(約360億円)、3カ月の調整後利益は1株当たり0.20ドル(約21.8円)だった。 続きを読む

  • 2億人近いユーザーを抱えUGC中心のBilibiliは中国版YouTubeになりつつある

    2億人近いユーザーを抱えUGC中心のBilibiliは中国版YouTubeになりつつある

    中国のビデオストリーミングサイトBilibiliは、かつて若者のサブカルチャーの聖地と見なされていたが、ユーザーの高年齢化およびコンテンツの多様化により、着実にメインストリームになっていった。 続きを読む

  • 自宅フィットネス増加でPelotonのQ3の決算報告は売上も会員も大幅増

    自宅フィットネス増加でPelotonのQ3の決算報告は売上も会員も大幅増

    コネクテッドフィットネス(インターネットに接続するフィットネス)のPelotonが、ウォール街の高い期待をさらに上回った。米国時間5月6日に発表された四半期決算では、66%増の売上を記録していた。 続きを読む