決算発表(用語)

企業の決算発表に関する記事一覧

  • Huaweiの1〜9月期売上高は9.9%増も成長鈍化が鮮明に

    Huaweiの1〜9月期売上高は9.9%増も成長鈍化が鮮明に

    Huaweiは米国時間10月23日、第3四半期決算を発表した。成長の大幅鈍化が示され、中国最大手の通信機器・スマートフォン企業である同社は「生産とオペレーションが大きな困難に直面している」と述べた。 続きを読む

  • 四半期決算発表後インテル株が10%も下げた理由、データセンタービジネスの弱さが影響か

    四半期決算発表後インテル株が10%も下げた理由、データセンタービジネスの弱さが影響か

    第3四半期の決算が報告される季節となった。しかし、すでにいくつかの企業が発表した決算は、株主にとって好ましくないものとなっている。動画ストリーミングの大手Netflixが発表した四半期決算には、株主を失望させる数字がいくつか含まれていたため株価は下落した。米国時間10月22日に四半期決算を発表したIntelもまた、株価を下げてしまった。 続きを読む

  • Netflixが第3四半期の決算報告後に株価を下げた理由

    Netflixが第3四半期の決算報告後に株価を下げた理由

    動画ストリーミングサービスのNetflixの株価は、同社の第3四半期決算報告を受けて、米国時間10月20日の市場公開後に急落した。同社の株価が突然5%も下がったのはなぜだろう?その答えは、良し悪しな決算報告書、期待外れの新規顧客数、やや緩いガイダンスにあるようだ。 続きを読む

  • Netflixの第3四半期の新規会員数は予想を下回る220万人、新型コロナ需要の反動で伸び鈍化

    Netflixの第3四半期の新規会員数は予想を下回る220万人、新型コロナ需要の反動で伸び鈍化

    新型コロナウイルスのパンデミックによりNetflixの会員数は2020年初めに急増したが、その成長は現実の世界に戻った。今年第1四半期に1577万人が新たに会員となり、第2四半期は1009万人が加わった。そして第3四半期にはその数は250万人となると予想していた。 続きを読む

  • シャオミの第2四半期売上高は3.1%増、新型コロナでインドでのスマホ生産減の影響も

    シャオミの第2四半期売上高は3.1%増、新型コロナでインドでのスマホ生産減の影響も

    中国スマホメーカーであるシャオミの2020年4〜6月期の売上高は昨年同期比3.1%増の77億7000万ドル(約8235億円)だった。海外マーケットの大半で復調し、前四半期比では7.7%増だった。 続きを読む

  • ウォルマートの第2四半期eコマース売上は97%増、新型コロナによる消費行動変容が寄与

    ウォルマートの第2四半期eコマース売上は97%増、新型コロナによる消費行動変容が寄与

    ウォルマートは8月18日午前の第2四半期決算発表で、米国のeコマース売上が97%増加したと発表した。パンデミックの間にオンラインで買い物をする顧客が増えた。 続きを読む

  • Uber Eatsはライドシェア事業より大きくなったが、まだ利益は出ていない

    Uber Eatsはライドシェア事業より大きくなったが、まだ利益は出ていない

    米国時間8月6日にUberは第2四半期の決算報告を発表した。その派手な数字の中に、同社が新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミック中に大きく変わったことを示す驚くべき数字が隠れていた。 続きを読む

  • UberのQ2売上高は29%減の約2365億円、好調の配達事業の赤字幅は縮小

    UberのQ2売上高は29%減の約2365億円、好調の配達事業の赤字幅は縮小

    米国8月6日の株式取引開始直後に米国の配車サービス大手Uber(ウーバー)は第2四半期決算を発表した。同社の売上高は2019年第2四半期、そして2020年第1四半期に比べて減少した。 続きを読む

  • SpotifyのユーザはQ2に増加し3億人に近づく、コロナ禍で広告売上は依然苦戦

    SpotifyのユーザはQ2に増加し3億人に近づく、コロナ禍で広告売上は依然苦戦

    Spotifyのビジネスが新型コロナウイルスのパンデミックから継続的に影響を受けていることが、7月29日の2020年第2四半期決算発表で明らかになった。 続きを読む

  • サムスンはメモリー事業が堅調で営業利益は23%増

    サムスンはメモリー事業が堅調で営業利益は23%増

    Samsung Electronics(サムスン電子)の7月30日の四半期決算発表は、慎重ながらも楽観的なトーンが漂った。同社は引き続き新型コロナウイルス(COVID-19)パンデミックの影響に対応しているが、リモートワークとリモート教育の増加を受けたデータセンターのDRAMチップ需要によりメモリー事業が堅調だった。 続きを読む