Laboratik

  • チャットでのやり取りを自然言語処理で可視化するLaboratikが2.1億円を調達

    チャットでのやり取りを自然言語処理で可視化するLaboratikが2.1億円を調達

    Laboratik(ラボラティック)は3月10日、プレシリーズAラウンドで2.1億円の資金調達を明らかにした。第三者割当増資による調達で、引受先はArchetype Ventures、DEEPCORE、みずほキャピタル、エルテスキャピタル、​​PARTY、オーストラリア拠点のArtesian。 続きを読む

  • Slackの会話データで社員のエンゲージメントを可視化、Laboratikが8000万円調達

    Slackの会話データで社員のエンゲージメントを可視化、Laboratikが8000万円調達

    Slackなどのコミュニケーションツールから得た会話データをもとに、社内のエンゲージメントを可視化するボットの「A;(エー)」をLaboratikは4月16日、Archetype Ventures、みずほキャピタル、エルテスキャピタル、Zeroth AI、ほか個人投資家を引受先とする第三者割当増資を実施した。調達金額は8000万円だ。 続きを読む

  • エンゲージメントを可視化するSlackボット「A;」、本日よりオープンβを無償公開

    エンゲージメントを可視化するSlackボット「A;」、本日よりオープンβを無償公開

    チームのエンゲージメントを可視化するSlackボット「A;(エー)」を開発するLaboratikは、2016年12月に開始したクローズドβテストを終了し、本日よりオープンβ版を無償公開すると発表した。同時に新機能の追加も発表している。 インターネットの普及とデバイスの小型化により現代の働き方は多様化し、時間や場所に捕らわれない働き方を実践するフリーランサーやリモートワーカーたちが増えている。 ランサーズが2017年3月に公開した「フリーランス実態調査2017」によれば、2017年における日本のフリーランス人口は1122万人(前年比5%増加… 続きを読む