Larry Page

  • 空飛ぶ自動車のキティーホークがボーイングと提携でエアタクシーに協力

    空飛ぶ自動車のキティーホークがボーイングと提携でエアタクシーに協力

    この戦略的パートナーシップの詳しい内容はよく分からないが、二社は都市の空中移動手段で協力するらしい。とくに、安全性と、自動運転と人間操縦士の共存が課題になるようだ。 続きを読む

  • Google社員らがストライキと報復人事についてラリー・ペイジの対応を要求

    Google社員らがストライキと報復人事についてラリー・ペイジの対応を要求

    Google社員たちは報復人事に抗議した先月の座り込みストライキの後、4つの要求を掲げた。 続きを読む

  • FacebookとTwitter:米国情報機関はもっと選挙妨害対策の力になれたはずだ

    FacebookとTwitter:米国情報機関はもっと選挙妨害対策の力になれたはずだ

    Facebook COO、Sheryl Sandbergは、プラットフォームとして海外からの選挙妨害防止に努力すべき点があったことを認めたが、政府も情報提供の強化に努めるべきだと語った。 続きを読む

  • Google、Facebook、Twitterの幹部、上院情報委員会から呼び出される

    Google、Facebook、Twitterの幹部、上院情報委員会から呼び出される

    Twitterの最高経営責任者、Jack DorseyとFacebookのCOO、Sheryl Sandbergが、来週上院情報委員会の公聴会に出席することを同委員長が発表した。 続きを読む

  • AlphabetのCEO(Googleの協同ファウンダー)Larry Pageが法廷でAndroidによるJava APIの使用を公正と擁護

    AlphabetのCEO(Googleの協同ファウンダー)Larry Pageが法廷でAndroidによるJava APIの使用を公正と擁護

    AlphabetのCEOでGoogleの協同ファウンダーLarry Pageが今日、Oracleとのあいだで続いている法廷闘争で、同社のAndroidプラットホームの開発を擁護した。Oracleは2010年にGoogleを訴えて、Androidの開発者はJavaからプロプライエタリな部分のコードをコピーした、と主張した。Googleは、問題のコードはオープンソースであり、同社の技術者は無料で使用できる、それに、AndroidにおけるJavaコードの実装は十分に変形しており、公正な使用と見なされる、と主張した。 続きを読む

  • ラリー・ペイジ、サーゲイ・ブリンがGoogleを語る―ヘルス分野は規制が重荷、手を広げすぎた方が実は効率的

    Googleの共同ファウンダー、サーゲイ・ブリンとラリー・ペイジが珍しく長い公開インタビューに応じた。有力ベンチャーキャピタルのKhosla Venturesの例年のサミット・カンファレンスでVinod Khoslaのインタビューを受ける2人の映像が先週末YouTubeにアップされた。 リラックスした雰囲気で話題もGoogleの歴史から機械学習、職業の変貌、ヘルス・テクノロジーの未来まで幅広い範囲にわたっていた。42分のインタビュー全編を収めたビデオをエンベッドした。 続きを読む

  • ラリー・ページの願望は、全医療データの公開 ―大きな恩恵と大きなリスク

    ラリー・ページの願望は、全医療データの公開 ―大きな恩恵と大きなリスク

    Google共同ファウンダーのLarry Pageは、TEDカンファレンスで珍しく公開の場に現れ、世界を変えると彼が考えるアイデアをいくつか披露した。「匿名の医療データをあらゆる医学研究者が利用できたらすばらしいだろう?」とPageは言い、それによって何十万もの命が救われると主張した。 続きを読む

  • I/O 2013展望:1つのGoogle。ラリー・ページの下、統一と利便性を追及

    I/O 2013展望:1つのGoogle。ラリー・ページの下、統一と利便性を追及

    GoogleのI/Oデベロッパーカンファレンスを明日に控え、巷ではGoogleが果たして何を発表するのかという噂があふれている。ひとつ重要なことは、今年は基調講演が1つだけだという点だ。長大な3時間セッション1つだけで、Googleは過去1年に起きた重要な出来事と今後の計画を話す。 続きを読む

  • Google I/Oを控えてCEOのラリー・ペイジが「声帯神経の麻痺から回復中。慢性甲状腺炎にかかっている」と明かす

    Google I/Oを控えてCEOのラリー・ペイジが「声帯神経の麻痺から回復中。慢性甲状腺炎にかかっている」と明かす

    今日(米国時間5/14)のGoogle+への投稿で、ファウンダー、CEOのラリー・ペイジは声が出なくなった問題について初めて公けに説明した。 さいわい、ペイジの経験した症状は命に関わるような危険なものではなかったようだ。このところペイジが公開の席で話すたびに注目の的になっている。前回の第四半期決算の電話発表ではペイジはやや努力していることが感じられたものの、かなり長時間しゃべり、質問にも答えた。 ペイジは社内向けに「なんら危険な病状ではない」と説明してきたが、声が出ないために去年のI/Oは欠席せざるを得なかったし、その後数回の四半期電話発… 続きを読む

  • Google、Androidの新チーフにSundar Pichaiを任命―Andy Rubinは次世代スーパー秘密研究所「X」の責任者に?

    Google、Androidの新チーフにSundar Pichaiを任命―Andy Rubinは次世代スーパー秘密研究所「X」の責任者に?

    GoogleのAndroid部門の責任者の地位からAndy Rubinが退き、Sundar Pichai上級副社長が後任となった。 これはまったく突然の発表で関係者を驚かせた。Pichaiはもちろんこの職に理想的な人材だが、無名のモバイルOSを市場のトップシェアにまで育てあげたRubinの功績は驚くべきものがある。人事異動はプレスリリースの発表ですまされるのが普通だが、今回は異例にもファウンダー、CEOのラリー・ペイジ自身がGoogleのブログで発表を行った。ここには「彼は家族と過ごす時間を増やそうと決心した」というたぐいの解任を臭わせるよ… 続きを読む

  • Googleストリートビュー・チームにロング・インタビュー―ラリー・ペイジの車の屋根のカメラからグランドキャニオンの谷底まで

    Googleストリートビュー・チームにロング・インタビュー―ラリー・ペイジの車の屋根のカメラからグランドキャニオンの谷底まで

    最近、私はGoogleでストリートビューを創造したメンバーに長時間インタビューする機会があった。そこでこのプロジェクトがラリー・ペイジの夢想から始まって世界中の誰もが特に意識もせずに使う日常必須のツールへと成長したのか、そのプロセスを詳しく学ぶことができた。 ラリー・ペイジの車の屋根に積まれたかさばったカメラから始まったストリートビュー撮影システムはワゴン車、乗用車、三輪車、二輪車、はてはバックパックやスノーモビルにさえ搭載されている。2007年5月25日にスタートして以来、ストリートビューはGoogleが世界を観察する視覚となった。と… 続きを読む

  • Googleの精神―ラリー・ペイジ、「競争なんてくだらない。イノベーションこそすべて」と吼える

    Googleの精神―ラリー・ペイジ、「競争なんてくだらない。イノベーションこそすべて」と吼える

    GoogleのCEO、ラリー・ペイジは先ごろ、テクノロジー企業の経営のあり方に警鐘を鳴らした。 「私は多くの会社の経営のやり方は深刻に間違っているのではないかと心配している。毎日会社に来てやることといえば、自分とほぼ同じようなことをしている同業のライバルの頭をどうやったら思い切りひっぱたけるかなどと考えるだけの仕事のどこが面白いのだろう? そんことをしているからほとんどの会社は次第に衰退していくことになるのだ」 Wiredに掲載されたペイジの実に興味ふかいインタビューはGoogleがなぜ一企業の身でアプロ計画にも匹敵するような遠大な事業に… 続きを読む

  • ラリー・ペイジもGoogleグラスをかけてカンファレンスに現れる

    ラリー・ペイジもGoogleグラスをかけてカンファレンスに現れる

    ロンドン郊外の高級ホテルで開催中のGoogle Zeitgeistイベントは完全招待制のせいもあって内容については今のところほとんど情報がない。 しかしカンファレンスの内容とは別に、GoogleのCEO、ラリー・ペイジがGoogleグラスをかけて登場した写真が流れた。. ペイジがスーパーファンキーな拡張現実メガネをかけている写真は彼のものとしてはたぶん初めてだろう。共同ファウンダーのサーゲイ・ブリンはすでにGoogleグラスをかけて あるチャリティー・パーティーに登場したことが確認されている。今日の写真はGoogle社員によるもので、もちろん… 続きを読む

  • 速報:ラリー・ペイジ、Google+ユーザーが9000万人突破と発表―60%が毎日利用

    速報:ラリー・ペイジ、Google+ユーザーが9000万人突破と発表―60%が毎日利用

    Googleの新しいソーシャル・ネットワーク、Google+の最新ユーザー数が正式に発表された。Googleによれば、全世界で9000万人だという―われわれが見てきたサードパーティーの推測をすべて上まる数字だ。 先ほど発表された四半期営業報告中で「現在」という言葉を使っているので、この数字は月間ユニーク訪問者だろう。ユーザーの活動(エンゲージメント)についてはこの後行われる電話記者会見でもう少し詳しい情報が得られそうだ〔記事末尾のUpdate参照〕。 一番新しいサードパーティーの推測はcomScoreのもので、11月の全世界でのユニーク訪… 続きを読む

  • Larry PageとEric Schmidtが二人並んでGoogle Zeitgeistのステージに立つ

    Larry PageとEric Schmidtが二人並んでGoogle Zeitgeistのステージに立つ

    Larry PageがGoogleのCEOになってほぼ半年になるが、そのほかの有名人CEOに比べると、目立たない存在だった。彼の話をかなり聞けたという記憶があるのは、決算報告のときぐらいだろう。でも今日(米国時間9/27)のGoogleの…年1回行う…Zeitgeistカンファレンスでは、Page はステージから聴衆に語りかけた。その全45分のビデオを、ご覧いただきたい↑。 Pageの話題は、とても幅広かった。検索、Android、YouTube、Chrome、Google+、それに、不遇の偉大なる発明家Nikola Teslaまで。でも話が… 続きを読む

  • Androidでパテント問題を抱えるGoogle: Larry Pageは曰く“何一つ遅れは生じていない”

    Androidでパテント問題を抱えるGoogle: Larry Pageは曰く“何一つ遅れは生じていない”

    今日(米国時間7/14)行われたGoogleの2011年第二四半期決算報告の後で、Googleが今抱えているパテント問題に関する質問が出た。中でもとくに、Androidは、OracleだけでなくMicrosoftやAppleからも攻撃されている。Googleはほぼ700のパテントしか持っていないし、最近はNortelの6000あまりのパテントをめぐる競りで負けた。勝ったのはMicrosoftやAppleらだ。Googleは、これからどうするのか? “もちろん、うちにも大量のIP(知的所有権)がある。これまで発表されたものだけ… 続きを読む

  • ラリー・ペイジ、Google+に投稿―「G+ユーザーは1000万人超、毎日10億アイテムを共有中」

    ラリー・ペイジ、Google+に投稿―「G+ユーザーは1000万人超、毎日10億アイテムを共有中」

    今日(米国時間7/14)、Googleの共同ファウンダー、CEOのラリー・ペイジが電話会議で同社の第2四半期の営業報告を行った。この際、Googleの最新のプロダクト、Google+についてもいくつか興味深い数字が公表された。 ペイジは「CEOに就任してから任命した経営チームが素晴らしい成果を上げている。われわれは現実生活で情報が共有されるのと同様にウェブ上でも情報の共有ができるようにするという目標の実現に向けて前進している」と語った。 Pageは「Google+にプロフィールを登録したユーザーは1000万人以上となった。このユーザーが1… 続きを読む

  • 株式市場はラリー・ペイジのCEOぶりに失望―「-1」を投票

    株式市場はラリー・ペイジのCEOぶりに失望―「-1」を投票

    先週木曜日の行われたGoogleの第1四半期の営業報告のプレス向けテレカンファレンスはLarry PageがCEOに復帰して最初の四半期報告だったが、結果は芳しくなかった。売上はたしかに27%アップしたが、経費はそれ以上に34%もアップした。主要な原因は広範囲に行われた給与のアップと各種の人材引き止め策だ。 翌日、Googleの株価は急降下した。金曜日の終値は$530で、木曜日に比べて$50のダウンだった。一夜にしてなんと$15B(150億ドル)がGoogleの株価総額から失われたことになる。一日の下落幅としては2008年以来だ。この反応… 続きを読む

  • Googleの明日の優先事項を知りたければLarry Pageの直属チームを見よう

    Googleの明日の優先事項を知りたければLarry Pageの直属チームを見よう

    Larry Pageが製品担当上級副社長Jonathan Rosenbergの辞任 をOKしたことは、単独の事象ではなく、Googleの上部構造の大改革の始まりだ。Pageは自分がCEOに復帰した第一週の終わりに、上級職のチームを指名し、CEO直属の彼らがGoogleの各主要部門の長に立つ。 そのチームの面子と各人の担当を見れば、Pageの頭の中の優先事項が分かるだろう。最優先事項は、検索か、広告か、YouTubeか、モバイルか、Chromeか、それともソーシャルか? チームのメンバーは、Googleの重要人物6名だ: 続きを読む

  • Googleの再CEO Larry Pageは1999年に投資を打診するVCに何と言ったか

    Googleの再CEO Larry Pageは1999年に投資を打診するVCに何と言ったか

    今日(米国時間4/4)は、Larry Pageが再びGoogleのCEOになる初日だ(Eric SchmidtはCEOの座を下りることを1月に発表した)。この前PageがCEOだったのは10年前で、彼と協同ファウンダのSergey Brinが大人の監督者としてSchmidtを起用する前だ。ファウンダたちは今はもう監督を必要としないし、Googleは今でも世界最強のテク企業ではあるが、ほんの数年前までの無敵の強さはもう感じられない。 Googleは依然として検索のキングだが、ソーシャル、ローカルといった新しい成長分野ではFacebook、Twi… 続きを読む