Last.fm

  • ウェブ音楽ストリーミング・サービス、徹底ガイド―Part 1

    ウェブ音楽ストリーミング・サービス、徹底ガイド―Part 1

    私は自他ともに認める熱狂的ウェブ・ユーザーだ。私の仕事の環境はもう何年も前から完全にウェブ・ベースに移行している。実は私の音楽環境もそうなのだ。ご多分にもれず、昔はKazaaやeMuleから音楽をダウンロードしていた(まあ今でもそうしている読者も多いと思うが)。今や私はほとんどの音楽をダウンロードせずにウェブのストリーミングで聞いている。おかげで私のノートパソコンは大量の音楽ファイルを保管せずにすんで大助かりだ。ハードディスクのスペースが節約できるだけでなく、ウィルスに悩まされることもなくなった(eMuleユーザーの皆さんはその意味が… 続きを読む

  • Last.fmがアップタイムを自慢したがサーバの熱暴走でダウン

    Last.fmがアップタイムを自慢したがサーバの熱暴走でダウン

    音楽jサービスのLast.fmは10日ほど前にサーバのアップタイムを自慢していたが、今日(米国時間5/31)の午後接続不能になり、“データセンターの温度の問題であり、弊社の管轄外”と言い訳した。ダウンタイムは太平洋標準時の12時半から始まり、2時間経った今も続いている。アップデートは同社のTwitterアカウントで見れる。 続きを読む

  • 巨大メディアのデジタル部門は死んだ

    巨大メディアのデジタル部門は死んだ

    巨大メディアとインターネットのロマンスは、市場と共に浮き沈みする。ウェブベンチャーに金が注ぎ込まれているのを見ると、同じことをしなければならないという脅迫にかられる。大ていはベンチャー部門にすぎない社内のデジタル部門を強化し、一獲千金を夢見た。今のような不況になると、彼らの注意は別のところへと揺れ動く。イノベーションを安く手に入れられるまさにその時に。 「M&Aは終った」、ある巨大メディア企業のデジタルメディアの長が私にそう語った。事業やテクノロジーの隙間を埋めるターゲットのはっきりした買収のいくつかを除いて、「何かを買おうと… 続きを読む

  • fring、Last.fmをモバイルVoIPクライアントに統合

    fring、Last.fmをモバイルVoIPクライアントに統合

    モバイルでVoIPおよびIMを提供するfringは、携帯通信分野で非常に有名なサービスになっている。そのfringが種々のサードパーティーアプリケーションをfringのクライアントとして移植中で、年内に順次その成果を発表していくことにしている。本日(米国時間1/27)fringはモバイルに最適化したLast.fmのアドオンを発表した。これによりLast.fmのレコメンデーションがfringで利用できるようになるだけでなく、Last.fmの提供しているソーシャルコミュニケーション機能をも統合することとなる。 fringの利用者(fring… 続きを読む

  • Last.fm、Imeemを追ってAndroidに登場

    Last.fm、Imeemを追ってAndroidに登場

    音楽の推薦エンジン/SNSサービスのLast.fmが機能豊富な公式Androidアプリをローンチした。ユーザーにはストリーミングによるネットラジオ局が提供される(個人向けにカスタマイズ可能)他、リアルタイムでコンサート情報が検索でき、ユーザー・プロフィールのページでは聞いた曲の履歴がモニタできる。 第一印象。音質は良いが、驚くほど良いとはいえない。ストリーミングのスピードはOKだ。タグ付けプロセスはスムース。現在ユーザーが携帯で聞いている曲をベースに似た曲やアーティストを発見して推薦する機能は実によくできている。また、Androidから… 続きを読む

  • MOG、理想的な音楽ストリーミング・サービスを準備中―レーベルとの交渉は難航

    MOG、理想的な音楽ストリーミング・サービスを準備中―レーベルとの交渉は難航

    私は今日(米国時間1/7)、音楽サイトのMOGが準備中の新バージョンのデモを見てきた。これは非常にすばらしい。最高のユーザーインタフェース、無料のオンデマンド・ストリーミン、Pandora方式の推薦エンジンが巧みに組み合わされている。問題は、メジャーレーベルとの交渉が難航しているため、永久にローンチしない可能性もあるという点だ。現在、4大レーベルのうち、2社との契約しかまとまっていない。 新しいバージョンは社内でMog 3.0と呼ばれているが、完全に無料のストリーミング・サービスだ。ユーザーはオンデマンドでどんな曲でも自由に再生できる。ユ… 続きを読む

  • Pandoraの登録利用者数が2000万人を突破(Twitter経由のニュース)

    Pandoraの登録利用者数が2000万人を突破(Twitter経由のニュース)

    Twitterでの書き込みによると、Pandoraの登録利用者数が2000万を超えた。開始3年を迎えた音楽ストリーミングサービスのPandoraは、厳しい経済状況と今年1月に実施されたレイオフを乗り越えて奮闘中だ。 Pandoraの音楽レコメンドエンジンで、ウェブ上に個人用ラジオ局を構築することができ、iPhone用アプリケーションはiTunes上で人気無料アプリケーションの上位に位置し続けている(現在21位)。 続きを読む

  • Last.fmでもレイオフを実施。CBS内で他に首が飛び交う部門はどこだ?

    Last.fmでもレイオフを実施。CBS内で他に首が飛び交う部門はどこだ?

    本日(米国時間12/11)、CBS Interactiveは各部署でレイオフを行う。これは同社に確認済み。部署と人数については明らかになっていない。今回のレイオフは、6ヵ月前に$1.8B(18億ドル)でCNET買収を行ったことに端を発する統合プロセスの一環というわけなのだろうが、カットされているのはCNETに関連する部門のみではない。 ソーシャル音楽サイトのLast.fmでも従業員が解雇されていることを確認済み。Last.fmは2007年にCBSによって$280M(2億8000万ドル)で買収されいている。ある情報筋によるとレイオフ対象人数… 続きを読む

  • Last.FM―リニューアルはうまくいったが、それだけでImeemに追いつけるか?

    Last.FM―リニューアルはうまくいったが、それだけでImeemに追いつけるか?

    昨日(米国時間8/14)、CBSはプレスリリースを発表し、1月前のLast.fmのデザイン・リニューアル以後、6月に比べて7月にはユニーク訪問者が20%増え、滞留時間が36%増えたと成功ぶりをアピールした。ローンチ当日、いくつかバグが見つかったものの、リニューアルはうまくいったようだ。しかしなぜCBSはLast.fmのことになるとこうも夢中で自慢したがるのか? 2007年5月に$280(2億8千万ドル)でLast.fmを買収して以来、CBSはこの買物の正当性を証明しなければならないというプレッシャーにさらされてきた。買収の時点では、La… 続きを読む

  • Last.fmが少々buggyな新デザインを公開

    Last.fmが少々buggyな新デザインを公開

    Last.fmが本日(米国時間7/17)サイトのナビゲーションを簡易化し、より簡単に曲を探すことができるようになった。と、言うか、非常に多くのバグを抱えており、それがなければより簡単に曲を探せるはずだ(私に場合はログインしようとしただけでエラーになる。たくさんの人が新機能のチェックに殺到しているせいなのか、あるいはサイト自体にエラーが内包されてるのかはわからない)。 サイトリニューアルにより、ワンクリックで追加できるソングライブラリーや、聴いている音楽の簡易レコメンド機能、レコメンド曲の人気チャートなどが加わった。 またサイトは音楽、ビデ… 続きを読む

  • レコード会社よさようなら, ネットラジオさんよろしく!

    レコード会社よさようなら, ネットラジオさんよろしく!

    音楽のストリーミングサイトLast.fmは、どのレーベルにも所属していないアーチストたちにも、彼らの音楽を流すたびにロイヤリティを払っている。同社がこの方針に踏み切った今年の1月から今日までに、7万のアーチストや零細レーベルが契約し、45万トラックをアップロードした。 Last.fmのこのやり方は、つまり、SoundExchangeのような従来からの公的機関に代わって同社がロイヤリティを支払うことなのだ。昨年、インターネット上でストリーミング提供される音楽のロイヤリティ率が上がり、広告収入に依存する新興サイトの経営を圧迫した。Last.… 続きを読む

  • AOL Radioの再出発。CBSと組んで、地元広告に注力。

    AOL Radioの再出発。CBSと組んで、地元広告に注力。

    ウェブの世界でも、ラジオというのはローカルなものだ。ラジオ局がたくさんあっても、聴取者はお気に入りのカレッジ、あるいはホームタウンのラジオ局を選択する。本日(米国時間6/10)再立ち上げとなったAOL Radio(ベータ版)は、そういった傾向にいろいろな角度から取り組んでいる。まず、AOL Radio内の150局について、音楽を提供してもらうパートナーをXM SatelliteからCBS Radioに変更した(AOLは独自局をさらに200運営している)。CBSはラジオで流す無料の楽曲のうち多くを提供するのに加え、広告販売も引き継ぐ。CBSのセ… 続きを読む

  • Sonific、deadpoolへ―CEO、レコード・レーベルを非難

    Sonific、deadpoolへ―CEO、レコード・レーベルを非難

    SonificはPandoraやSeeqpodと似たオンライン音楽サービスを提供してきたが、5月1日に営業を停止する。サービスが成り立つような条件で権利のライセンスが得られなかったためだ。 共同ファウンダーでCEOのGerd Leonhardは、次のように書いている。 1) ライセンスなどお構いなしで任意のあるいはすべての音楽ソースへのアクセスを提供しているスタートアップは無数に存在します。しかし、私たちがメージャーレーベルの幹部に対して、カタログ中の楽曲の一部についてライセンスを得ようとアプローチすると、彼らは判で押したように、非常に高額な… 続きを読む

  • MyPlayList、Flickrとオンライン音楽を統合

    MyPlayList、Flickrとオンライン音楽を統合

    MyPlayListはフランス在住のイギリス人Agentbleuが自己資金で立ち上げたスタートアップのサービスだ。無料の音楽のストリーミングにFlickrを利用したビジュアル体験を加えたユニークなサービスとなっている。 MyPlayListは画像共有サイトのFlickrからそのアルバムやアーティストの画像を検索してXSPF xmlフォーマットを利用して音楽と統合する。楽曲はインターネット上にホスティングされたもの探し出してストリーミング再生するが、Seeqpodと同様、著作権問題を避けるため、MyPlayList自身では楽曲をいっさいホス… 続きを読む

  • Grooveshark、ウェブ上のライブラリにアクセスできるメディアプレイヤーをローンチ

    Grooveshark、ウェブ上のライブラリにアクセスできるメディアプレイヤーをローンチ

    音楽の共有と販売のスタートアップ、 GroovesharkがGroovesharkの音楽ライブラリにアクセスして再生できるFlashベースのアプリケーション、Grooveshark Liteをローンチした。 Groovesharkになじみのない読者に説明しておくと、このサービスではユーザーが楽曲をアップロードして友達と共有できる―ただし、そのためにはDRMなしの楽曲をこのサイトから購入しなければならない。Groovesharkは料金から一定のコミッションを取る。(残りはレコード・レーベルに行く。そういうわけで「共有」サイトとはいっても100… 続きを読む

  • 音楽配信のiLike、アーティストの動静をニュースフィード―去る7月以来ユーザー数3倍の2200万へ

    音楽配信のiLike、アーティストの動静をニュースフィード―去る7月以来ユーザー数3倍の2200万へ

    今週、サンフランシスコとシアトルの音楽サービス、iLikeはアーティストの動静をファン向けにニュースフィードで提供するサービスを開始した。ユーザーはお気に入りのアーティストが現在何をやっているか―ツアー日程、新曲、新しいDVD、その他のニュースが随時配信される。 ユーザーは好きなアーティストをiLikeのウェブサイトまたはSNSを通じて登録する。あるいはサービス側でユーザーのiTunesの利用履歴に基づいていちばん好みそうなアーティストを決める。(サービスにはiTunes用プラグインが用意されており、ある曲が10回再生されたとすると、ユ… 続きを読む

  • SpiralFrog、逆風をついて期待を上回る成功

    SpiralFrog、逆風をついて期待を上回る成功

    SpiralFrogは「毎月のユニーク訪問者が100万を超え、今月末には120万を超えることが期待されている」と発表した。SpiralFrogは、多くの読者はすでに覚えていないかもしれないが、(非P2P、広告ベースの)合法的音楽サービスで、ユーザーが毎月少なくとも1度はログインしているかぎり(頻繁に曲のライブラリをアップデートしているユーザーにとってはたやすいこと)、100万曲の音楽が無料で提供される。楽曲はDRMつきのWMAファイルとしてダウンロードできる。 普通に考えると曲をダウンロードすることのいちばんのメリットは他のデバイスへの… 続きを読む

  • さらば30秒試聴クリップ。Last.fmが回数限定フルトラックストリーミングで、購読制に一歩前進

    さらば30秒試聴クリップ。Last.fmが回数限定フルトラックストリーミングで、購読制に一歩前進

    音楽業界にもついに創造的なライセンス契約が締結されたことは喜ばしい。今日(米国時間1/23)、CBS傘下のLast.fmは、従来の、ユーザーが好きだと思われる曲をランダムに流すディスカバリーサービスに加え、あらゆる楽曲を、3回までフルトラックでストリーミングできるようにしたと発表した。これは、将来購読サービスで何度でも再生できるようなることへの第一歩でもある。同じ曲を3回聴いた後は、今後のサービスの広告画面が表示される。 Last.fmは主要全4レーベルおよび独立系のほとんどのレーベルと、米国、英国、ドイツで楽曲をストリームする契約を結… 続きを読む

  • MeeMix、公開ベータへ―飛躍の年になるか?

    MeeMix、公開ベータへ―飛躍の年になるか?

    イスラエルのテルアビブを本拠とするMeeMixについて、われわれは8月に最初の紹介をしている。MeeMixはユーザーの趣味を予測して配信するインターネット・ラジオのクローズドなベータテストを続けてきた。新年を迎えていよいよ一般公開のベータに移行する。 インターネット・ラジオというのは非常に競争の激しいマーケットで、しかも先発のスタートアップ、 Last.fmとPandoraが確固たる地位を築いてしまっている。SpiralFrog、Jango、Slackerなどの後発組や小規模なサービスは苦しい戦いを強いられている状況だ。MeeMixはこの… 続きを読む