law

  • iPhoneの速度低下問題で、司法省と証券取引委員会がAppleを共同捜査

    iPhoneの速度低下問題で、司法省と証券取引委員会がAppleを共同捜査

    米司法省(DOJ)および証券取引委員会(SEC)は、AppleのiPhone旧モデルを意図的に速度低下させたソフトウェアアップデートについての情報開示について共同捜査をしているとa href=”https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-01-30/u-s-said-to-probe-apple-over-updates-that-slow-older-iphones-jd1yahj7″ rel=”noopener”>Bloomb… 続きを読む

  • 一般庶民の日常的法律問題を助けるDoNotPayの訴訟書式チャットボットがついに1000種を超えた

    一般庶民の日常的法律問題を助けるDoNotPayの訴訟書式チャットボットがついに1000種を超えた

    自作のチャットボットDoNotPayが駐車券争いで役に立ち、一躍話題になった19歳のJoshua Browderはそれ以来、できるだけ多くの、よくある法律的ニーズをできるかぎり自動化して、司法を民主化したいという彼のクェストに、さらに没頭を続けた。その結果Browderは、アメリカのすべての州とイギリスで、これから訴訟を起こす人びとの訴訟文書の作成を助ける、およそ1000種あまりのボットを作ってしまった。 続きを読む

  • GoogleとIntertrustの共同事業PatentShieldはスタートアップを特許訴訟から守る

    GoogleとIntertrustの共同事業PatentShieldはスタートアップを特許訴訟から守る

    GoogleとIntertrustが今日(米国時間4/25)、スタートアップを特許をめぐる訴訟から守るプログラムPatentShieldのローンチを発表した。この事業の‘参加料’は、スタートアップ各社の所有権(株式など)の小部分だ。 続きを読む

  • 弁護士よ, 汝自身をディスラプトせよ

    弁護士よ, 汝自身をディスラプトせよ

    [筆者: Sarah Reed] 本誌TechCrunchのデータによると、法律はVCの投資がいちばん少ない業種だ。私はこれまで25年近く法律の仕事をしてきたし、その環境もさまざまだった(大きな法律事務所、テク企業のGC、そして今はVC企業のGC)。そしてその間(かん)に、私の業界におけるとてもささやかなイノベーションも見てきたが、でもそれはVCたちが求める“ディスラプティブ”とは縁遠いものばかりだった。 続きを読む

  • 本誌の記事にコメントしたらFacebookに訴訟される??–英語はときどき曖昧だから

    本誌の記事にコメントしたらFacebookに訴訟される??–英語はときどき曖昧だから

    昨年、本誌のAlexia Tsotsisが、”Defaceable”というChromeブラウザ用のおかしなエクステンション を紹介した。Facebook Commentsを利用してFacebookやそのほかのWebサイト上で匿名のコメントを書けるのだ。本名がばれないから、友だちのウォールやTechCrunch(Facebook Commentsを使っている)などのブログで、思う存分トロルになれる。そのときの名前は、”Peach”、”Watermelon”などの果物の名前に… 続きを読む

  • Scribd、SOPAに抗議。ウェブから10億ページを消滅させる

    Scribd、SOPAに抗議。ウェブから10億ページを消滅させる

    オンライン海賊行為防止法(SOPA)は議会で延期されたが、決して死んでいない。メディア会社のロビイストとその議員たち(君だよ、ラマー・スミス)は再編成しているだけだ。この法案の中でも特に議論を呼んでいるのが、著作権侵害の責任をユーザー生成コンテンツをホストするサイトに移行し、そのコンテンツをDNSサーバーを使ってブロックするものだ。 続きを読む

  • 合衆国最高裁がビジネスメソッド特許に関する一般裁定を保留–宙づり状態がまだ続く

    合衆国最高裁がビジネスメソッド特許に関する一般裁定を保留–宙づり状態がまだ続く

    Amazonなどのビジネスメソッド特許の所有者たちは、とりあえず、ほっと一息だ(ビジネスメソッド特許の例としては、Amazonの「ワンクリック(One-Click)ショッピングカート」などが有名)。 今日(米国時間6/28)の判決で最高裁は、ビジネスメソッド特許の一般的な是非については判断を保留した。むしろ今日は、Bilski v. Kappos という特定の訴件についてのみ、ビジネスメソッド特許に関する裁定を下した。その特許の主張は、否決された。すなわちそれにより、さきの地裁における判決が支持された。 しかし最高裁は、今回の判決を深読みしては… 続きを読む