lean startup

  • VCはダイバーシティーとインクルージョンを諦めるのか

    VCはダイバーシティーとインクルージョンを諦めるのか

    今週、Backstage CapitalのArlan Hamiltonに話を聞くために会いに行った。彼女の目覚ましい出世物語は、今ではすっかり有名になった。Backstageのサイトに書かれている人物紹介のページから引用すると、彼女は「ホームレスだったころに、ベンチャーキャピタルを一から立ち上げた」とある。いろいろと面白いことを話してくれたが、まずはここから始めよう。2019年、彼女はダイバーシティー(多様性)やインクルージョン(包含性)については語らなくなるだろうというものだ。 こう聞いて、おやっと思った人は多いはずだ。彼女は過小評価され… 続きを読む

  • Rackhubに見るリーンスタートアップの実践手法

    Rackhubに見るリーンスタートアップの実践手法

    エリック・リースのリーンスタートアップでは、構築(Build)-計測(Measure)-学習(Learn)というフィードバックループを、スタートアップにおける重要なサイクルだと位置づけている。具体的には、スタートアップが取る一つ一つの行動に対して、まずその行動によって期待できる効果を仮説として定義し、適切なデータを収集し、定義した効果が得られたかどうかをデータを基に検証するという一連のステップを何度も繰り返すことになる。 しかし、仮説の定義、データの収集、データの検証というそれぞれのステップを、実際に自分自身のサービスに適用するのは大変… 続きを読む

  • プロダクトは正しい方向に向かっているか? ―リーン・スタートアップにはビジョンと絶えざるその検証が不可欠

    編集部:この記事の寄稿者、エリック・リース(Eric Ries) は連続起業家、コンサルタント、著述家。Twitterは @ericries 〔日経BP刊「リーン・スタートアップ-―ムダのない起業プロセスでイノベーションを生みだす」の著者。 私は最近、ある革命的なアイディアを実現しようとしている初期段階のスタートアップのコンサルティングをする機会があった。私は「きみたちのプロダクトの改良は進んでいると思うか?」と尋ねた。もちろん彼らはイェスと答えた。 「どうしてそれが分かる?」と私は尋ねた。彼らの答えは予想どおりだった。「新機能を追加している。… 続きを読む