LEO / 地球低軌道(用語)

Low Earth Orbit

  • 宇宙ステーションの運用ギャップ回避のためにNASAがBlue Origin、Nanoracks、Northrop Grummanと450億円以上の契約を締結

    宇宙ステーションの運用ギャップ回避のためにNASAがBlue Origin、Nanoracks、Northrop Grummanと450億円以上の契約を締結

    NASAは、2030年までに国際宇宙ステーション(ISS)を商用ステーションに置き換える予定であることを公式に(かつ静かに)認めてからわずか2日後、民間ステーションの計画のさらなる推進のために、3社と4億ドル(約450億円)以上の契約を結んだ。 続きを読む

  • スペースデブリ除去に取り組む軌道上サービスのAstroscaleがシリーズFで約125.7億円調達

    スペースデブリ除去に取り組む軌道上サービスのAstroscaleがシリーズFで約125.7億円調達

    日本の宇宙ベンチャー企業であるAstroscaleは、新たなシリーズFラウンドで1億900万ドル(約125億7500万円)の資金を調達し、同社の累計調達額は3億ドル(約346億円)に達した。同社は軌道上サービス技術を専門としており、軌道上でのビジネスをより持続可能なものにする手段として、軌道上の運用高度に存在するデブリの量を減らし、また、既存の衛星の寿命を延ばすことを目的としている。 続きを読む

  • iRocketとデブリ除去・衛星サービスのTurion Spaceが地球低軌道へ10回の打ち上げ契約を締結

    iRocketとデブリ除去・衛星サービスのTurion Spaceが地球低軌道へ10回の打ち上げ契約を締結

    ニューヨークに拠点を置く再利用可能ロケットのスタートアップiRocketは、最初の商用顧客を獲得した。同社は米国時間11月4日、Y Combinatorの卒業生であり、軌道上デブリの除去や衛星サービスのための宇宙機を開発しているTurion Spaceと複数回の打ち上げ契約を締結したと発表した。 続きを読む

  • ブルーオリジン、ボーイングなどがシエラスペースとの民間商業宇宙ステーション建造を発表

    ブルーオリジン、ボーイングなどがシエラスペースとの民間商業宇宙ステーション建造を発表

    軌道上の不動産ラッシュがついに始まる。Sierra Spaceが、民間宇宙ステーション打ち上げ計画のさらなる詳細を発表した。Blue OriginとBoeingがこのチームに加わり、2020年代の後半に宇宙ステーションを軌道に送り込む計画だという。 続きを読む

  • 民間宇宙ステーション「Starlab」は地球低軌道経済の到来を予感させる

    民間宇宙ステーション「Starlab」は地球低軌道経済の到来を予感させる

    民間宇宙ステーションの時代が正式に到来する。Nanoracks、Voyager Space、ロッキード・マーティンの3社は先日、2027年に商用ステーションを起ち上げる計画を発表した。しかし、これは新しい宇宙経済を発展させるための次の論理的ステップに過ぎないと、各社は述べている。 続きを読む

  • KDDIがイーロン・マスク氏率いるSpaceXのLEO衛星通信サービスStarlinkをau通信網に採用

    KDDIがイーロン・マスク氏率いるSpaceXのLEO衛星通信サービスStarlinkをau通信網に採用

    KDDIは、イーロン・マスク氏率いるSpaceXの地球低軌道(LEO)衛星通信サービス「Starlink」(スターリンク)を、au基地局のバックホール回線(基地局と制御局・交換局などのコア網設備を結ぶ伝送路)に利用する契約を締結したと発表しました。 続きを読む

  • 軌道上の燃料補給サービスを目指すOrbit Fabの資金調達に航空宇宙分野大手ノースロップとロッキード参加

    軌道上の燃料補給サービスを目指すOrbit Fabの資金調達に航空宇宙分野大手ノースロップとロッキード参加

    サンフランシスコを拠点とするスタートアップ企業のOrbit Fabは、軌道上における燃料補給サービスの第1人者になることを目指しており、その実現に向けて1000万ドル(約11億円)以上の資金を調達した。この資金は、早ければ2022年末に開始を予定している燃料補給実験に使われる。 続きを読む

  • ソフトバンクが2030年代の「Beyond 5G」「6G」のコンセプトと12の挑戦を公開

    ソフトバンクが2030年代の「Beyond 5G」「6G」のコンセプトと12の挑戦を公開

    ソフトバンクは、2030年代の商用化が期待されている、次世代移動体通信規格「Beyond 5G」および「6G」に向けた12の挑戦を公開しました。内容としては、5Gの「ミリ波」よりもさらに高い周波数帯「テラヘルツ波」の利用や、無人の電気飛行機を使って成層圏に携帯基地局を浮かべる「HAPS」、LEO(低軌道通信衛星)を活用した、100%のエリアカバレッジなどが紹介されています。 続きを読む