let’s encrypt

  • Chrome 70ではHTTPS証明の不具合をめぐって数百もの人気サイトがアクセス不能になる

    Chrome 70ではHTTPS証明の不具合をめぐって数百もの人気サイトがアクセス不能になる

    Google Chromeの次のバージョン(v70)では、多くの安全なサイトがエラーメッセージを表示して停止する。それはこのブラウザーが、一連のセキュリティ事故のあと、メジャーなHTTPS証明プロバイダー一社の、信用を外したからだ。 Chrome 70は10月16日にリリースの予定だが、2016年6月よりも前に発行された、古いSymantecの証明を使ってるサイトはブロックされるようになる。それらは、Thawte, VeriSign, Equifax, GeoTrust, RapidSSLといったレガシーなブランドの証明だ。 続きを読む

  • HTTPSの証明書を無料で発行するLet’s Encryptが三歳の誕生日、これまで380Mの証明書を発行

    HTTPSの証明書を無料で発行するLet’s Encryptが三歳の誕生日、これまで380Mの証明書を発行

    この無料で利用できる非営利団体は2014年に、Electronic Frontier Foundation(EFF)の主唱で創設され、Akamai, Google, Facebook, Mozillaなどの大手テクノロジー企業/団体が支援してきた。3年前の9月14日に、同団体は最初の証明書を発行した。 続きを読む

  • HTTPSの証明を無料で発行するLet’s Encryptがベータを終了、年初には同機関自身が悪用を経験

    HTTPSの証明を無料で発行するLet’s Encryptがベータを終了、年初には同機関自身が悪用を経験

    無料のデジタル証明を提供して、より多くのWebサイトが接続を暗号化できるようにしよう、という趣旨のイニシアチブLet’s Encryptが、立ち上げから6か月を過ぎた今日(米国時間4/12)、ベータを終了した。Let’s Encryptの基本的な考え方は、リソースが乏しくて公開鍵の証明を自力でできない小さなサイトに、自動化されたサービスを提供することだ。 支援組織Internet Security Research Group(ISRG)の一員であるMozillaによると、この6か月で同機関は170万あまりの証明を発行し、… 続きを読む

  • WordPress.comが傘下のすべてのWebサイトをHTTPSで暗号化へ

    WordPress.comが傘下のすべてのWebサイトをHTTPSで暗号化へ

    WordPress.comが、そのすべてのブログにHTTPSをサポートする。あなたのWordPressブログがカスタムドメインであっても、あるいはwordpress.comドメイン(たとえば:bestcrabrestaurantsinportland.wordpress.com)であっても、同じ扱いになる。 FacebookやTwitterのようなソーシャルサービスは、その多くがかなり前からHTTPSをサポートしているが、WordPress.comはカスタムドメインに関しては遅れていた。 2014年から、WordPress.comのサブド… 続きを読む