Lidar

  • 針の頭に載るLiDAR開発のVoyant Photonicsが約4億円超を調達

    針の頭に載るLiDAR開発のVoyant Photonicsが約4億円超を調達

    LiDARは、ロボットや自律運転車が周囲の世界を認識するのに欠かせない装置だが、レーザーやセンサーは大変に嵩張る。しかし、Voyant Photonicsの場合は違う。彼らは、文字通り針の頭の上にバランスよく載ってしまうほどのLiDARシステムを開発した。 続きを読む

  • 物の裏側をレーザー光の反射から像として求めるカーネギーメロン大らの研究

    物の裏側をレーザー光の反射から像として求めるカーネギーメロン大らの研究

    未来の自動運転車やそのほかのマシンインテリジェンスシステムは、視線の向かう先には見えないものからでも詳細な画像データを集められるだろう。 続きを読む

  • 「ライダーに依存する自動運転車に未来はない」とイーロン・マスクが主張

    「ライダーに依存する自動運転車に未来はない」とイーロン・マスクが主張

    ライダーはショートカットだ。基本的ないくつかの問題と、視覚認識という重要な問題を避けている。進歩の錯覚を与えるが、実は松葉杖だ。 続きを読む

  • 中国のNIOがLiDARのスタートアップInnovusionに投資

    中国のNIOがLiDARのスタートアップInnovusionに投資

    自動運転車両のためのLiDARセンサー技術を開発している、創業2年のスタートアップであるInnovusionが、シリーズAラウンドで3000万ドルを調達した。ラウンドを主導したのは中国のNio CapitalとEight Roads Ventures、そして米国の F-Prime Capitalである。 スタートアップによると、他のシードラウンドならびに戦略的投資家たちもこのラウンドに参加したという。 続きを読む

  • 歩行者用マップのナビデータ取得?LiDAR入りリュック背負ったアップル社員が街を闊歩

    歩行者用マップのナビデータ取得?LiDAR入りリュック背負ったアップル社員が街を闊歩

    米サンフランシスコの路上で、カメラやVelodyne製LiDARらしき物体が突き出たリュックを背負って闊歩するアップル従業員らしき人物の姿がキャッチされました。この人物の明確な目的は不明ですが、リュックにはApple Mapsの文字が記されていることからMacRumorsは歩行者視点での地形やルートデータの収集を行っていると推測しています。 続きを読む

  • マヤの巨大古代都市を発掘したレイダーは考古学を変革するか

    マヤの巨大古代都市を発掘したレイダーは考古学を変革するか

    考古学は、最新テクノロジーとは縁遠い分野のように思われる。AIやロボットは、実地調査の過酷な現場ではまだ心もとない。しかし、ライダー(Lidar)は画期的な技術であることが実証された。とは言え、数千平方キロメートルにおよぶ古代の数百万都市を、レーザーを使った画像化処理技術でマッピングするという最新の調査で、やはり経験と眼識にとって代わるものはないことを、研究者たちは実感した。 続きを読む

  • 自動運転車のLiDARの能力限界を機械学習で補う方法をAppleが開発

    自動運転車のLiDARの能力限界を機械学習で補う方法をAppleが開発

    コーネル大学の研究文献目録arXivに最近上程されたAppleのペーパーは、LiDARの配列が集めた原始点群データを、機械学習を利用して、そのほかのセンサーデータを必要とせずに自転車や歩行者などの3Dオブジェクトの検出に翻訳する方法を記述している。 続きを読む

  • AppleのProject Titan自動運転車が撮影される――Lidar 6基ルーフ搭載

    AppleのProject Titan自動運転車が撮影される――Lidar 6基ルーフ搭載

    自動運転テクノロジーを専門とする起業家が他社の自動運転車を見かけたら詳しく観察するだろう。Voyageの共同ファウンダー、MacCallister Higginsはそういう場面に遭遇した。HigginsはAppleのProject Titan自動運転車(トヨタ・レクサスのSUV)を撮影した短いビデオを付して下のようにツイートした。このレクサスは自動運転用のハードウェアを多数を搭載している。 続きを読む

  • Hyundaiの自動運転車が目指すのは「手頃な価格」

    Hyundaiの自動運転車が目指すのは「手頃な価格」

    自動車メーカーのHyundaiは、同社も自動運転車をめぐる競争に喜んで参加することを表明した ― しかし、彼らのアプローチは他社とは異なる。個人が所有するクルマにも搭載することが可能なテクノロジーを一般の人々にとって手頃な価格で提供するというアプローチだ。 Hyundaiの自動運転テクノロジーがデビューしたのは今週のことだ。同社は1月に開催されるCESに先がけ、ラスベガスの公道で同社初となる自動運転車の試乗会を開いている。Hyundaiが今回使用したテスト用の自動運転車は、2016年に販売を開始したIONIQをベースに開発されている。同社の… 続きを読む

  • 光に頼らないOryxのナノアンテナは自動運転車の視界能力を大幅に高める

    光に頼らないOryxのナノアンテナは自動運転車の視界能力を大幅に高める

    Oryx VisionのCEO Rani Wellingsteinによると、同社は、自動運転車の奥行き知覚を改善するコヒーレントな光学レーダーシステム(coherent optical radar system, 仮訳: 可干渉光学レーダーシステム)を開発した。イスラエルの同社は、シリーズAの資金調達を契機にステルスを脱し、既存のライダーシステムに挑戦する技術、と自らを位置づけている。 続きを読む