LiDAR(用語)

光を用いたリモートセンシング技術で距離や方向を測定する。またはこの技術を使った装置のこと。

  • 横浜国立大学が測距と振動検出が同時に可能な新方式LiDARを開発

    横浜国立大学が測距と振動検出が同時に可能な新方式LiDARを開発

    横浜国立大学は10月25日、従来の光測定方式では難しかった、長距離の測距と振動分布の検出を同時に行える新しい「相関領域LiDAR(ライダー)」を開発したことを発表した。将来的には、空気中の粒子の運動や空気の流れを可視化し、感染症対策に貢献できるとしている。 続きを読む

  • スウェーデンのスタートアップJetsonが1人乗りeVTOL機「Jetson One」正式発表、2022年の生産予定数はすでに完売

    スウェーデンのスタートアップJetsonが1人乗りeVTOL機「Jetson One」正式発表、2022年の生産予定数はすでに完売

    スウェーデンのスタートアップJetsonが、1人乗りのeVTOL「Jetson One」を発表しました。2018年にプロトタイプによる飛行テストを成功させており、市販バージョンはすでに2022年の生産予定数である12機を完売。現在は2023年生産分となる5機の予約注文を受け付けており、生地執筆時点で残り枠は3機になっています。 続きを読む

  • ソシオネクストが深層学習を用いたSLAM処理を大幅に高速化、画像認識による自律制御がエッジ機器でも可能に

    ソシオネクストが深層学習を用いたSLAM処理を大幅に高速化、画像認識による自律制御がエッジ機器でも可能に

    SoC(システム・オン・チップ)の設計開発を行うソシオネクストは10月12日、自動運転車やロボットなど自律制御を行う装置に欠かせないSLAM(自己位置推定と環境地図作成を同時に行う)処理に必要な時間を、従来技術の約1/60に短縮できる手法を開発したことを発表した。これは、東北大学大学院情報科学研究科システム情報科学専攻、岡谷貴之教授の研究ブループとの共同研究によるもの。 続きを読む

  • AuroraがSPAC合併を控えた戦略として自動運転トラック技術に光を当てる、テキサス州でテストを拡大中

    AuroraがSPAC合併を控えた戦略として自動運転トラック技術に光を当てる、テキサス州でテストを拡大中

    テキサス州の州間高速道路45号線沿いに立つ、上部に「Aurora」と白く巨大な文字で刻まれた広告看板は、謎めいたメッセージを投げかけている。「新しい運転方法の兆しが見えている」。この道路を走る何千人ものドライバーの中でどれだけの人が、それが何を意味し、Auroraとは何かを知っているのかを見極めるのは難しい。 続きを読む

  • LiDAR開発会社OusterがSense Photonicsを買収、狙いは自動車業界

    LiDAR開発会社OusterがSense Photonicsを買収、狙いは自動車業界

    2021年3月にSPAC(特別買収目的会社)との合併を通じて上場したLiDAR企業のOusterは、ソリッドステート型LiDARのスタートアップ企業であるSense Photonicsを、月曜日の市場終了時に約6800万ドル(約75億7000万円)と評価された全株式を取得して買収すると発表した。 続きを読む

  • Waymoが自動運転用センサーLiDARの他社への販売を停止

    Waymoが自動運転用センサーLiDARの他社への販売を停止

    CEOの交代からわずか1カ月、Waymoは正式にカスタムセンサーのサードパーティへの販売を停止する。 続きを読む

  • デジタルツイン関連技術・サービスを展開する企業をまとめた「デジタルツイン 業界カオスマップ」2021年8月版

    デジタルツイン関連技術・サービスを展開する企業をまとめた「デジタルツイン 業界カオスマップ」2021年8月版

    デジタルツインプラットフォームの開発・提供を行うSymmetry Dimensions(シンメトリー・ディメンションズ)は8月19日、2021年8月版「デジタルツイン 業界カオスマップ」を発表した。デジタルツインの市場動向およびテクノロジーのうち、特にトレンドとなっている注目すべき重要なキーワードを解説している。 続きを読む

  • インテルが3D深度カメラ「RealSense」事業を閉鎖へ、コア事業に注力の戦略

    インテルが3D深度カメラ「RealSense」事業を閉鎖へ、コア事業に注力の戦略

    インテルは現在、主力事業の半導体チップ部門に注力していますが、そのために重要度の低い部門を切り離しています。インテルはコンピューター情報メディアのCRNに対して3D顔認識や空間検知機能を持つAIカメラ「RealSense」の事業を閉鎖し、これまでRealSenseに関わってきた人材や技術はコアビジネスに応用していく予定とのことです。これまでRealSense事業を率いていたSagi Ben Moshe氏は2週間ほど前、自身のLinkedInページを更新してインテルを離れたことを明らかにしていました。 続きを読む

  • LiDAR業界の勢力争いとVelodyneの内部問題

    LiDAR業界の勢力争いとVelodyneの内部問題

    1年前にSPAC(特別買収目的会社)企業Graf Industrial Corpと合併して公開を果たしたVelodyne Lidarが、米国時間8月5日に第2四半期業績報告を行った。それによれば、同社は徐々に費用がかさみ始めた内紛に苦しみながら、製品の新しい顧客を開拓するためにより多くの経費を投じたことがわかる。 続きを読む

  • ガイアックスが日本初の「スマートシティ実現に向けたLiDARデータ活用アイデアソン&ハッカソン」を9月30日開催

    ガイアックスが日本初の「スマートシティ実現に向けたLiDARデータ活用アイデアソン&ハッカソン」を9月30日開催

    「人と人をつなげる」ことをミッションにソーシャルメディアサービス、シェアリングエコノミー、インキュベーションなどの事業を展開するガイアックスは、8月5日、芝浦工業大学と共同で、LiDARをテーマとした「スマートシティ実現に向けたLiDARデータ活用アイデアソン&ハッカソン」を9月30日に開催すると発表、参加者の募集を開始した。 続きを読む