ライフサイエンス(用語)

ライフサイエンスに関する記事一覧

  • 中国が米国のバイオテクノロジーの未来に資金を供給している

    中国が米国のバイオテクノロジーの未来に資金を供給している

    シリコンバレーは健康ブームの只中にいて、それは「東洋」医学によって推進されている。 米国の医療投資に関しては、今年は過去最高の年となったが、北京と上海の投資家たちは、米国のライフサイエンス企業やバイオテクノロジー企業にとって徐々に最大の取引相手となっている。実際、Pitchbookによれば、今年中国のVCは、中国内で行うよりも多い、300を超える投資を米国のライフサイエンス企業やバイオテック企業に対して行っている。メリーランド州に本拠を置く、炎症や自己免疫疾患の治療法を探るViela Bio社の場合は、中国の3社が主導したシリーズAで、2… 続きを読む

  • 「ライフサイエンス界のGoogle Docs」BenchlingがThrive Capitalなどから700万ドルを調達

    「ライフサイエンス界のGoogle Docs」BenchlingがThrive Capitalなどから700万ドルを調達

    リサーチャー向けのクラウドベース・ソフトウェアを提供するBenchlingが700万ドルを調達した。BenchlingはY Combinatorから卒業したバイオテック企業だ。Benchlingはこの資金を利用して、同社が開発する製薬会社などの調査資料にアクセスできるリサーチャー向けのツールの強化をはかる。 Benchlingをライフサイエンス業界のGoogle Docsと考えてもよいかもしれない。ITソリューションはバイオテック業界の「最もセクシーな」ものとは言えないかもしれないが、調査資料を整理することは業界にとって重要なステップであり… 続きを読む

  • 薬の治験のセットアップと管理を支援するSaaS goBaltoが$12Mを調達

    薬の治験のセットアップと管理を支援するSaaS goBaltoが$12Mを調達

    薬の治験をより容易に、そしてより迅速にするサービスgoBaltoが今日(米国時間1/20)、Mitsui Global InvestmentとDolby Family Venturesから新たに1200万ドルを調達した、と発表した。 これで2008年にサンフランシスコで創業されたgoBaltoの資金調達総額は3100万ドルになる。同社の企業向けSaaSは、治験の初めの部分を管理する。そこでは製薬会社が、治験を行う場所を編成し、患者を見つけ、当局に許可を申請しなければならない。 続きを読む