LINE

  • LINEのトークンベンチャーファンドが韓国の仮想通貨プロジェクトCarry Protocolへ投資

    LINEのトークンベンチャーファンドが韓国の仮想通貨プロジェクトCarry Protocolへ投資

    韓国・ソウルを拠点とする仮想通貨のプロジェクトCarry Protocol(キャリープロトコル)は11月7日、LINEのトークンベンチャーファンド「unblock ventures(アンブロックベンチャーズ)」からの投資を誘致したことを明らかにした。 続きを読む

  • 最短60秒、100円から加入できる「LINEほけん」がスタート

    最短60秒、100円から加入できる「LINEほけん」がスタート

    最近「LINE」のチャットを活用して様々なサービスをスピーディーかつ手軽に提供する仕組みが増えてきた。つい先日もLINE上でテイクアウトサービスの注文から決済までが完結する「LINEテイクアウト」(LINEが開発、2019年春に開始予定)を紹介したばかりだけれど、今回のテーマは“保険”だ。 LINE Financialと損害保険ジャパン日本興亜は10月16日、LINEアプリから損害保険に加入できるサービス「LINEほけん」の提供をスタートした。 続きを読む

  • LINEがテイクアウトサービスを2019年春に開始、事前注文から決済までLINE上で完結

    LINEがテイクアウトサービスを2019年春に開始、事前注文から決済までLINE上で完結

    LINEは10月3日、新サービス「LINEテイクアウト」を2019年春に開始すると発表した。2020年内中に掲載店舗3万店を目指す。 続きを読む

  • LINEチャットでレストラン予約の「ビスポ!」にLINE、本田圭佑氏らが出資

    LINEチャットでレストラン予約の「ビスポ!」にLINE、本田圭佑氏らが出資

    LINEチャットで、さまざまなモノやコトを相談したり、予約したりできる時代。旅行や恋愛相談など、TechCrunch Japanでもいくつかサービスを紹介してきているが、8月28日にリリースされた「ビスポ!」は飲食店予約をLINEチャットでできるサービスだ。 続きを読む

  • freeeが65億円の追加増資、LINE・三菱UFJ銀行と連携強化

    freeeが65億円の追加増資、LINE・三菱UFJ銀行と連携強化

    「クラウド会計ソフト freee」などを提供するfreeeは8月7日、合計で約65億円の追加増資を発表した。第三者割当による資金調達で、引受先はLINE、三菱UFJ銀行、ライフカード、海外ファンドなど、合計で6社。今回の増資で累計資金調達額は約161億円となる。 freeeといえば7月2日に五反田にある同社オフィスで初となる戦略発表を開催し「スモールビジネスを世界の主役に」という新たなミッションを披露したばかりだ。今後はそのミッションを達成するため、LINEならびに三菱UFJ銀行とは連携も強化し、新サービスならびにプロダクト開発への投資… 続きを読む

  • LINE Pay専用の決済デバイス発表、「決済手数料ゼロ」は対象外

    LINE Pay専用の決済デバイス発表、「決済手数料ゼロ」は対象外

    LINE Payが独自開発の決済端末を発表しました。 3Gネットワーク対応のSIMスロット&7000mAhバッテリーを内蔵し、レジに置くだけで決済機能を利用可能。中小店舗向けに年内に申込受付を開始します。 続きを読む

  • LINEと「Travel.jp」運営のベンチャーリパブリックが資本業務提携

    LINEと「Travel.jp」運営のベンチャーリパブリックが資本業務提携

    LINEと旅行比較サイト「Travel.jp」を運営するベンチャーリパブリックは7月11日、旅行事業分野で資本業務提携契約の締結を発表した。8月1日付けでLINEはベンチャーリパブリックに34%の出資を行い、関連会社とする。また、LINEからベンチャーリパブリックへ取締役3名と監査役1名が派遣される。ベンチャーリパブリック代表取締役社長の柴田啓氏、代表取締役副社長の柴田健一氏は引き続き、ベンチャーリパブリックの経営を受け持つ。 続きを読む

  • LINE、仮想通貨取引所を7月オープン。日米のぞくグローバルで取引可能

    LINE、仮想通貨取引所を7月オープン。日米のぞくグローバルで取引可能

    LINEが仮想通貨取引所「BITBOX」を7月にオープンします。日本・米国を除くグローバルで利用可能。取引は仮想通貨同士のみで、法定通貨による仮想通貨の売買は実施しません。 続きを読む

  • 「LINE Pay 店舗用アプリ」公開、夏から決済手数料の無料化も

    「LINE Pay 店舗用アプリ」公開、夏から決済手数料の無料化も

    LINE Payは6月28日、モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」において、国内でのキャッシュレス・ウォレットレス化を進めるためのコード決済普及施策を発表した。 具体的な取り組みとして、QRコード決済に対応する「LINE Pay 店舗用アプリ」の提供を本日より開始。2018年8月からの3年間は同アプリの決済手数料を無料化することに加え、ユーザー向けインセンティブプログラム「マイカラー」制度のアップグレードについても明かしている。 続きを読む

  • LINEが旅行の比較検索・予約サービス「LINEトラベル」を公開

    LINEが旅行の比較検索・予約サービス「LINEトラベル」を公開

    2017年に開催されたカンファレンスで、「LINE」が全てのショッピングの入り口となる「LINE Commerce gateway」というコンセプトのもと、「LINEショッピング」と「LINEデリマ」を発表していたLINE。 あれからから約1年がたった本日、LINE Commerce gatewayに新たなサービスが加わるようだ。LINEは6月28日に開催しているLINE CONFERENCE 2018にて、旅行の比較検索・予約ができる新サービス「LINEトラベル」を発表した。 LINEトラベルは行き先や人数、日程などを入力することで、人気旅行サイト… 続きを読む

  • LINEが新サービスーー1分100円で恋愛やダイエットをチャットで相談できる「トークCARE」

    LINEが新サービスーー1分100円で恋愛やダイエットをチャットで相談できる「トークCARE」

    先日、TechCrunch Japanではチャットで旅行先を相談できるというサービスを紹介したばかりだけれど、恋愛やダイエットに関する相談も気軽にチャットできるようになったみたいだ。LINEは6月11日、女性が抱える悩みを専門家にチャットで相談できるサービス「トークCARE」をローンチした。 続きを読む

  • LINEが「NAVERまとめ」の無断転載画像34万件を削除、報道7社とは協議を継続

    LINEが「NAVERまとめ」の無断転載画像34万件を削除、報道7社とは協議を継続

    ユーザー投稿型のキュレーションサービス「NAVERまとめ」を運営するLINEとネクストライブラリ(LINE子会社)は4月26日、同サービス内にて無断転載されていた報道7社およびそのグループ会社の画像や写真約34万件を削除したことを明らかにした。 LINEおよびネクストライブラリと報道7社は、デジタルコンテンツの適正な利用と流通を促進するべく今後も引き続き、協議および協力を続けていくことで合意したという。 続きを読む

  • LINE Payが「3万円台の店舗用キャッシュレス端末」のネットスターズとタッグ。コード決済促進

    LINE Payが「3万円台の店舗用キャッシュレス端末」のネットスターズとタッグ。コード決済促進

    LINEとLINE Payは4月11日、QR/バーコードで決済できるStayPay端末の開発・販売を行っているネットスターズと資本業務提携契約を締結したと発表しました。 LINE Payとネットスターズは、2017年10月に加盟店開拓・業務管理に関する提携を締結しており、StarPay端末でのLINE Pay決済が利用可能となっていました。この提携以来、多数のLINE Payコード支払いの導入実績ができたことから、協業体制の強化と、今後の包括的な取り組みを目的に業務資本提携に至ったとのこと。 続きを読む

  • LINEがライブクイズ「LIVEトリビア」を4月10日から開始、初回MCはふなっしー

    LINEがライブクイズ「LIVEトリビア」を4月10日から開始、初回MCはふなっしー

    アプリのトレンドに敏感なTechCrunch読者からは「何をいまさら」と思われるかもしれないが、昨今“ライブクイズ”サービスが流行っている。 これはその名の通りライブ配信とクイズ番組を組み合わせたもので、ユーザーはオンライン上でクイズに参加。あらかじめ賞金が設定されていて、全問正解者でその賞金を山分けできる点が特徴だ。Vineの創業者らが立ち上げた「HQ Trivia」がよく知られているほか、日本ではグノシーが「グノシーQ」を始めている。 そしてどうやらLINEもこのライブクイズに目をつけたようだ。同社は4月10日よ… 続きを読む

  • LINEモバイルがソフトバンク傘下に。戦略的提携に向け基本合意

    LINEモバイルがソフトバンク傘下に。戦略的提携に向け基本合意

    LINEモバイルとソフトバンクが、戦略的提携についての基本合意に達したことを発表しました。 基本合意の内容は、LINEモバイルが実施する第三者割当増資をソフトバンクが引き受ける形での資本提携と、MVNO事業推進のための業務提携の2つ。詳細は今後の協議により決定するとのことです。 本取引は2018年3月頃に完了予定とされており、取引完了後の出資比率はLINE49%、ソフトバンク51%。LINEモバイルはこれまで、LINEの100%子会社として、ドコモ回線を使ったMVNO事業を展開していましたが、実質的にソフトバンク傘下の企業となります。 関連… 続きを読む

  • LINEが仮想通貨事業などの金融事業への参入を本格化、新会社を設立

    LINEが仮想通貨事業などの金融事業への参入を本格化、新会社を設立

    モバイル決済サービス「LINE Pay」がリリースされたのは、2014年12月のこと。3年を経過して、2017年には全世界での年間取引高が4500億円を超え、登録ユーザー数は4000万人となった。そのLINE Payに続き、LINEがついに、というか、ようやく、というべきか、仮想通貨取引所などをはじめとする金融事業に本格的に乗り出す。 続きを読む

  • テーマ型投資のFOLIOが70億円の大型調達、LINEを使っての投資も可能に

    テーマ型投資のFOLIOが70億円の大型調達、LINEを使っての投資も可能に

    日本のフィンテック業界にまた新しいビックニュースが飛び込んできた。 テーマ投資型の資産運用サービス「FOLIO」を提供するFOLIOは1月18日、LINE、米国のゴールドマン・サックス、電通ベンチャーズ、三井物産、SMBCベンチャーキャピタル、DCM Ventures、Draper Nexus Venturesを引受先とした第三者割当増資を実施した。調達金額は70億円。これにより、創業から約2年のFOLIOの累計調達金額は91億円となった。 続きを読む

  • LINEアプリで自転車レンタルが可能に——自転車シェア「Mobike」とLINEが資本業務提携

    LINEアプリで自転車レンタルが可能に——自転車シェア「Mobike」とLINEが資本業務提携

    北京発の自転車シェアリングサービス「Mobike(モバイク)」が、日本でのサービスを札幌で開始したのは今年の8月のこと。2015年1月創業、2016年4月から上海でサービスを開始したモバイクは現在、世界の200を超える都市でサービスを展開し、登録ユーザー数も2億人以上へと大きく成長。日本のサービスローンチに先駆け、6月には日本法人モバイク・ジャパンも設立されている。 このモバイク・ジャパンと手を組み、自転車シェアリング事業に新たに参入を表明したのがLINEだ。LINEは12月20日、日本国内の自転車シェアリング事業展開に向け、モバイク・… 続きを読む

  • LINE、メッセージの「送信取消」機能を提供開始。24時間以内なら未読・既読問わず取り消し可能に

    LINE、メッセージの「送信取消」機能を提供開始。24時間以内なら未読・既読問わず取り消し可能に

    LINEが11月に発表していたメッセージの「送信取消機能」を公開しました。送信から24時間以内であれば、1対1でのトーク、複数名でのグループトークに関わらずメッセージを取り消すことが可能です。 続きを読む

  • LINEのスマートスピーカー第2弾「Clova Friends」が本日より予約開始、LINE MUSICとセットで6750円

    LINEのスマートスピーカー第2弾「Clova Friends」が本日より予約開始、LINE MUSICとセットで6750円

    8月の先行販売を経て、10月に正式販売を開始したLINEのスマートスピーカー「Clova WAVE」。同製品も含めスマートスピーカーといえばスタイリッシュなデザインのものが多いが、12月8日より予約販売がスタートした「Clova Friends」はちょっと違う。 LINEのスマートスピーカー第2弾となるClova Friendsの特徴は、片手で持てるコンパクトさとポップなデザインだ。LINEキャラクターのブラウンをモチーフとした「Clova Friends BROWN」、サリーをモチーフにした「Clova Friends SALLY」の2種を用意。毎… 続きを読む