リチウム / リチウムイオン電池(用語)

リチウム / リチウムイオン電池に関する記事一覧

  • 次世代型リチウムイオン電池「全樹脂電池」開発のAPBが追加調達、福井県での第一工場設立目指す

    次世代型リチウムイオン電池「全樹脂電池」開発のAPBが追加調達、福井県での第一工場設立目指す

    次世代型リチウムイオン電池「全樹脂電池」(All Polymer Battery)の開発を行うAPBは12月21日、第三者割当増資により、追加の資金調達を実施したと発表した。引受先は、三洋化成工業、新東工業および三菱UFJキャピタル7号投資事業有限責任組合。前回(2020年6月30日)および前々回(2020年3月4日)に発表した第三者割当増資と合わせ、累計調達金額は100億円となった。 続きを読む

  • テスラが1万エーカーのリチウム粘土鉱床の権利を取得、リチウム採掘事業に自ら参入へ

    テスラが1万エーカーのリチウム粘土鉱床の権利を取得、リチウム採掘事業に自ら参入へ

    1年ほど前、テスラの2019年の年次株主総会でCEOのイーロン・マスク氏は、同社が「電気自動車のバッテリーに使われる鉱物の採掘事業に参入するかもしれない」と発言していた。米国時間9月23日、年次株式総会後に開催されたイベント「Battry Day」で同氏は、米国ネバダ州にある1万エーカー(4047平方m)のリチウム粘土鉱床の権利を確保することで、同社が正式な第一歩を踏み出していることを明らかにした。 続きを読む

  • リチウム充電池を作った3名がノーベル化学賞を共有

    リチウム充電池を作った3名がノーベル化学賞を共有

    毎朝メールをチェックしたりInstagramを見たり友だちにテキスティングしたりするたびに、スマートフォンに新しい単3形電池を2つ入れなければならないとしたら、モバイル革命はちっとも革命にならなかっただろう。 続きを読む

  • 米運輸省が旅客機貨物内へのリチウムバッテリー持ち込み禁止に

    米運輸省が旅客機貨物内へのリチウムバッテリー持ち込み禁止に

    米国運輸省と連邦航空局は水曜日、リチウムイオン電池の潜在的な危険性から航空客を守るための新ルールを導入した。 続きを読む

  • コロラド大学出身のスタートアップSolid PowerがBMWと組んで自動車用固体電池の商用化を目指す

    コロラド大学出身のスタートアップSolid PowerがBMWと組んで自動車用固体電池の商用化を目指す

    自動車メーカーのBMWは、多くの他社とともに、ソリッドステート(固体)のバッテリーという、鼻先の人参を追うレースに参加している。今日(米国時間12/18)同社は、バッテリー技術の企業Solid Powerとのパートナーシップを発表し、その技術に基づく電気自動車用固体電池の開発と商業生産を目指すことになった。 Solid Powerはすでに、その方面の企業が開発した無機素材を使ってバッテリーを作っており、そのバッテリーセルは従来のリチウムイオン電池に比べてエネルギー密度が高く、したがって一定サイズ(立方cm)あたりの出力が大きい。 続きを読む

  • トヨタ、高性能の全固体電池を開発――2020年にも実車搭載へ

    トヨタ、高性能の全固体電池を開発――2020年にも実車搭載へ

    トヨタはバッテリー・テクノロジーにおいて大きな進歩を達成した。これまでリチウム・イオン電池の電解質が可燃性の液体だったのに対し、トヨタの新しい電池は電解質に固体を用いる。Wall Street Journalによれば、トヨタではブレークスルーをもたらす段階にきわめて近づいており、早ければ2020年にも実車に搭載できるだろうという。 続きを読む

  • Teslaがオーストラリアのウィンドファームのために世界最大のバッテリーストレージ施設を建設

    Teslaがオーストラリアのウィンドファームのために世界最大のバッテリーストレージ施設を建設

    Teslaは、オーストラリアのホーンズデールウィンドファームのために建設する世界最大のリチウムイオンバッテリーストレージ施設により、再生可能エネルギーのストレージ市場のテーブルでまた大きなレイズをしたようだ。その完成は、2017年12月1日とされている。その施設はTeslaの商用バッテリーストレージモジュールPowerpackを使用し、容量は100 MW/129 MWhとなる。それはファームのタービンのピーク発電時間帯における生成エネルギーを保存し、グリッド(一般送電網)の必要に応じて終日安定供給する。 続きを読む

  • リチウムイオン電池の製造開発を行うBoston-Powerが$60Mを追加調達

    リチウムイオン電池の製造開発を行うBoston-Powerが$60Mを追加調達

    世界の電池はさらなる進化を遂げつつあるところなのだろう。リチウムイオン電池の製造を手掛けるBoston-Powerが、製造および研究開発の拡大のため、シリーズEでFoundation Asset ManagementおよびOak Investment Partnersから$60M(6000万ドル)の資金調達を行った。Boston-PowerはSonataの製造を行っている。一般の方にはヒューレット・パッカードのLong Life Batteryや、ZE Saab 9-3などでも採用される、電気自動車用のSwingなどで名前が知られているかもしれない。… 続きを読む