ライブ動画(用語)

ライブ動画に関する記事一覧

  • 「グノシー」でライブ動画番組が2月24日スタート、クイズとエンタメトークから

    「グノシー」でライブ動画番組が2月24日スタート、クイズとエンタメトークから

    情報キュレーションアプリ「グノシー」を提供するGunosyは、2018年1月に同サービス上でライブ動画の配信を始めると発表していた。そして今日、同社はその第1弾となる番組内容の内容を発表した。 今回発表された動画コンテンツは以下の2つだ。 続きを読む

  • クラウドファンディング版“ライブコマース”「CAMPFIRE Fireball」1月22日から提供開始

    クラウドファンディング版“ライブコマース”「CAMPFIRE Fireball」1月22日から提供開始

    動画でライブ配信しながら物を売る、ライブコマース。中国の動画配信プラットフォームでの成功を得て、2017年には日本でも続々と各社の参入が始まっている。国内の先駆者によれば「猛烈に売れるのは100人もいないのでは」との声もあるが、新たなECのスタイルとして注目を集めていることは間違いない。 今日、クラウドファンディングサービス「CAMPFIRE」から発表された、分散型ライブファンディング機能「CAMPFIRE Fireball」は、ライブコマースのクラウドファンディング版、と言えば分かりやすいだろうか。CAMPFIREのプロジェクトオーナー… 続きを読む

  • Instagram、自分の投稿にコメントできる人を選択可能に

    Instagram、自分の投稿にコメントできる人を選択可能に

    月間ユーザー8億人、日間ユーザー5億人の節目を祝ったInstagramが、迷惑コメントを防止するコメント管理機能を公開した。新しいツールは、Instagramに公開アカウントを持つユーザーが、コメントできる人を特定のグループやフォロワー、自分がフォローしている相手などに限定できるものだ。さらに、公開、非公開アカウント共に、特定のアカウントをブロックしてコメントできなくすることも可能になる。 続きを読む

  • Sling Studioでプロ級マルチカメラ・ビデオが制作できる――バックパックでどこでもロケ可能

    Sling Studioでプロ級マルチカメラ・ビデオが制作できる――バックパックでどこでもロケ可能

    私はビデオを作るのが好きだ―それが仕事でもある。 そこでこの仕事を簡単してくれるガジェットを発見したときには興奮し、レビューのビデオと記事を作ろうと決心した。それがSling Studioだ。これはバックパックに詰めて持ち歩ける小型ハードウェアだが、マルチ・カメラによるビデオ・プロダクションに必要な機能がすべて備わっている優れものだ。 続きを読む

  • Twitter、ウィンブルドンやコミコンのライブ配信に関し新たなパートナーシップを締結

    Twitter、ウィンブルドンやコミコンのライブ配信に関し新たなパートナーシップを締結

    Twitterは引き続きストリーミングビジネスに精力的に取り組んでおり、ここ数週間に複数の企業と新たなパートナーシップを締結した。これにより、ユーザーは7月にサンディエゴで行われるコミコンの様子や、ウィンブルドンのニュース、舞台裏の様子などもTwitter上で視聴できるようになる。 皆さんの中には、Twitter初のスポーツ中継として昨年ウィンブルドンの様子が放映され、それ以前には、同社がNFLから1000万ドルで『Thursday Night Football』の放映権を獲得したのを覚えている人がいるかもしれない。なお、ウィンブルドンの中… 続きを読む

  • YouTube Liveの配信者が急増中―、チップ収益の96%は未だにTwitch上で発生

    YouTube Liveの配信者が急増中―、チップ収益の96%は未だにTwitch上で発生

    YouTube Liveは、先行サービスのTwitchに驚くべき勢いで迫っているが、両者が肩を並べるまでにはまだ時間がかかりそうだ。その一方で、YouTube Liveの未来が暗いというわけでもない。Streamlabsが最近発表したレポートも、ライブ動画配信自体は持続可能なビジネスであることを示唆している。 Streamlabsが自社のストリーミング・アシスタント・アプリを通じて入手したデータをもとに、過去半年間の成長率を見てみると、YouTube LiveがTwitchを上回っていることがわかる。YouTube LiveがYouTubeとい… 続きを読む

  • Facebook上の動画の5分の1がライブ動画に―、問題を抱えつつも前進を続けるFacebook Live

    Facebook上の動画の5分の1がライブ動画に―、問題を抱えつつも前進を続けるFacebook Live

    多くの人は、まだ何をライブ配信すれば良いのかわかっておらず、中にはいかがわしい内容や犯罪関連の動画を公開している人もいるが、Facebookはこの度、同プラットフォーム上で公開されている動画のうち、ライブ動画の割合が5分の1に達したと発表した。さらに、ライブ動画の視聴時間も前年比で4倍に伸びたと、動画部門のトップであるFidji Simoは記している。 このニュースから、”Live”という単語を自社のものにしようとしているFacebookの努力が報われ始めていることが分かる。 続きを読む

  • トランプの就任式、ビデオストリーミングの新記録を達成

    トランプの就任式、ビデオストリーミングの新記録を達成

    泣いた人も喝采を送った人もいるだろうが、どちらの側も多くの人々がトランプ大統領の就任演説を見たようだ。事実、これまでの記録を更新した。このイベントは、コンテンツ配信ネットワークのAakamaiがこれまでに配信した単独ニュースイベントとして最大だったと、ライブビデオデータを分析した結果同社が発表した。 続きを読む

  • Facebookがライブビデオのブロードキャスト機能をAndroidユーザーにも提供

    Facebookがライブビデオのブロードキャスト機能をAndroidユーザーにも提供

    Facebookが今日(米国時間2/26)公開したブログ記事によると、ライブビデオの機能をAndroidからも利用できるようにする。来週、まず合衆国から始まるが、“そのほかの国もいずれ”とFacebookは確約している。 ライブビデオはTwitterの類似サービスPeriscopeや、FacebookのAPIを使ってるのにTwitterからブートしていたMeerkatへの対抗策だ(PeriscopeはTwitterがオーナー、Meerkatは独立のスタートアップだ)。ライブストリーミングを開始するボタンはFace… 続きを読む

  • YouTube Liveが1歳を迎えペイパーヴューやアクセス分析を導入–一般公開はまだ先の話

    YouTube Liveが1歳を迎えペイパーヴューやアクセス分析を導入–一般公開はまだ先の話

    GoogleのライブストリーミングプラットホームYouTube Liveが先週末、1歳の誕生日を迎えた。これを記念してYouTubeは今日(米国時間4/10)、いくつかの新しい機能をLiveに加えた。その多くは、新しい制作ソフト、パブリッシングのフローの改善、リアルタイムアクセス解析など、ビデオの製作者が関心を持つものだ。しかし、いちばん重要な新機能は、すべてのパブリッシャーのための収益化オプションとしての、ペイパーヴュー方式の導入だ。これまであったペイパーヴュー方式は、Googleと直接契約した一部のパブリッシャーだけしか利用できなか… 続きを読む

  • LiveUniverse、デッドプール入りはやっぱり間違いなし

    LiveUniverse、デッドプール入りはやっぱり間違いなし

    LiveUniverse傘下のサイトの大部分がここ数日ダウンしているというブログ記事がPingdomに載ったのがきっかけで、Techmemeにもその件についてのスレッドができている。実はわれわれのところにも先週の火曜以来各種の情報提供があった。われわれはLiveUniverseのファウンダーでCEOのBrad Greenspan(MySpaceのファウンダーでもある)に確認を求めているのだが、返事がない。 続きを読む