Logitech

  • ロジテックの新MXシリーズのマウスとキーボードがデスクトップ環境を最適化

    ロジテックの新MXシリーズのマウスとキーボードがデスクトップ環境を最適化

    Logitech(ロジクール)は最近、マウスとキーボードの新製品、MX Master 3とMX Keysを発売した。いずれのデバイスも、同社の過去の製品ラインアップから多くを受け継ぎ、入力デバイスとしてあるべき姿を具現化したもの。その上に、現在の周辺機器に追加可能な最高の機能を付加したものとなっている。 続きを読む

  • LogitechがゲームストリーミングツールのStreamlabsを約100億円で買収

    LogitechがゲームストリーミングツールのStreamlabsを約100億円で買収

    最近トレンドとなってきたゲームストリーミングにはStreamlabsのツールがよく使われている。自社ロゴ、スポンサー名、解説者などを簡単にオーバーレイ表示できるソフトなどだ。 続きを読む

  • Logitechの最新最高のマウス「MX Master 3」はUSB-C充電が可能に

    Logitechの最新最高のマウス「MX Master 3」はUSB-C充電が可能に

    米Logitechは、人気の高いMX Masterシリーズマウスの最新版、MX Master 3を発売した。このワイヤレスマウスの新バージョンでは、ついにUSB-Cによる充電が可能となった。合わせて、ワイヤレスキーボードの新製品、MX Keysも発売した。評判の高いLogitech Craftキーボードのメリットの多くを、手頃な価格で実現したもの。 続きを読む

  • Logitechの新ユニバーサルリモコンはAlexa採用でディスプレイいらず

    Logitechの新ユニバーサルリモコンはAlexa採用でディスプレイいらず

    LogitechのAV機器用ユニバーサルリモコンに、新製品が登場した。「Harmony Express」はAIアシスタント「Alexa」を搭載することで、タッチスクリーンの代わりとして利用できるのである。 続きを読む

  • LogitechとPlantronicsの交渉は決裂

    LogitechとPlantronicsの交渉は決裂

    Logitech Internationalは本日付の声明で、Plantronicsと買収に関する話し合いを行っていたが、交渉を打ち切ったと発表した。 この週末、本誌は両社が22億ドルの買収交渉をしているというReutersの報道を取り上げた。 同社は正式発表以外のコメントを出していない。 [原文へ] (翻訳:Nob Takahashi / facebook ) 続きを読む

  • iWorksアプリがApple Pencilをサポート――イベントで低価格スタイラス、クレヨンも紹介

    iWorksアプリがApple Pencilをサポート――イベントで低価格スタイラス、クレヨンも紹介

    シカゴで開催されたイベントでは、Appleがスタイラスの普及に力を入れていることが目立った。Apple Pencilは新しい9.7インチiPadで利用可能になっただけでなく、 Apple自身の生産性ツール、iWorkでもサポートされる。 続きを読む

  • 仮想現実の中で使えるキーボードをLogitechが実験中、SDKも提供

    仮想現実の中で使えるキーボードをLogitechが実験中、SDKも提供

    これまで何千億種類ものキーボードを作ってきたLogitechは、キーボードがVRの世界から村八分になることを望まない。そこで同社は、VR用キーボードというものを作った。というか、現状はHTC Vive用だ。これがあれば、仮想世界の中で自分の手がわかり、キーボードの所在もわかる。 続きを読む

  • ロジクールCraftは最高のキーボードだ――カスタマイズできるダイヤル入力のボーナスつき

    ロジクールCraftは最高のキーボードだ――カスタマイズできるダイヤル入力のボーナスつき

    Logitech〔ロジクール〕のキーボードは機能豊富でデザインも優れているので私も長年使っている。しかし今回の新しいCraftキーボードは私にとって過去最高のLogitechプロダクトになるかもしれない。Craftには「クリエイティブ入力ダイヤル」と呼ばれるツールが設けられており、ユーザーが利用するソフトウェアに応じてさまざまなカスタム機能が設定できる。もちろんキーボード自体もタイピング・ツールとして最高水準だ。優れたクラフツマンシップを評価するユーザーにとって日々の利用にもっとも適したキーボードではないだろうか。 続きを読む

  • LogitechのMX Ergoで再びトラックボールの愛用者に

    LogitechのMX Ergoで再びトラックボールの愛用者に

    ぼくの世代には、トラックボールにノスタルジーと愛着を感じているギークが少なからずいるが、ぼくにはその気はない。むしろぼくは、マウスが登場したときからマウスべったりのユーザーだ。でもLogitechのワイヤレストラックボールMX Ergoを使ってみて気が変わった。今のこの新しい気持ちは、ずっと持続するかもしれない。 続きを読む

  • ロジテック発、iPad Pro用Slim Comboで生産性は一気に向上

    ロジテック発、iPad Pro用Slim Comboで生産性は一気に向上

    ロジテックは、これまでにもいろいろなiPad用キーボードを開発してきている。このたび、そのロジテックから最新の10.5インチiPad Proおよび12.9インチiPad Pro用のキーボードがリリースされた。名前をSlim Comboという。 続きを読む

  • ロジテック、200ドルの4K対応ウェブカメラをリリース

    ロジテック、200ドルの4K対応ウェブカメラをリリース

    昨年9月に、ウェブカメラの取り扱いを再開したロジテックだが、このたび新たにBrioと名付けたニューモデルをリリースした。4Kに対応したモデルとなっている。HD画質で十分すぎるほどに感じることも多い中、ビデオ会議に4Kが必要なのかどうかはよくわからないところだが、ともかく技術は進化し続けているわけだ。値段も手頃な199ドルとなっている。 続きを読む

  • ロジテック、3台のデバイスを切り替えて使えるBluetoothマウスを発表

    ロジテック、3台のデバイスを切り替えて使えるBluetoothマウスを発表

    PCを使うのにもっとも重要なデバイスといえばマウスだろうか。そのマウスが、3つのデバイスを制御できるようになった。Logitechが発表した新型マウスで、同時に3つのデバイスとペアリングできるようになっているとのこと。名前はスペック通りM720 Triathlon Multi-Device Mouseといい、もちろんWindows、Mac、Android、およびLinuxに対応している。ボタンを押すだけで利用するデバイスを切り替えることができるのだ。 続きを読む

  • LogitechのiPadケース、AnyAngleはSurface風キックスタンド付き

    LogitechのiPadケース、AnyAngleはSurface風キックスタンド付き

    Logitechはゆっくりとしかし確実にiPadをMicrosoft Surfaceに近づけている ― これはWindows端末の一部の生産性機能は羨しいが、ソフトウェアや全体的フォームファクターはそうでもないと思っている人たちにとっては良いニュースだろう。新製品のLogitech Keys-To-Goは、Microsoft Type Coverのキーボードに良く似ているが、今度のスタンド兼ケース、AnyAngleは、事実上Surfaceの傾斜自在キックスタンドの真似だ。 続きを読む

  • LogitechのKeys-To-Goは初めての、長く付き合えるiPad用キーボード

    LogitechのKeys-To-Goは初めての、長く付き合えるiPad用キーボード

    【抄訳】 Logitechは何年も前からiPad用のキーボードを作っており、というか、その価値を認識した最初の企業の一つだ。でも、これまでいろいろなキーボードやキーボードケースを出してきたにもかかわらず、「これでキマリ!」と言えるほどの適正なデザインは、先月のとてもシンプルなBluetoothワイヤレスキーボードKeys-To-Go が初めてだ。 Keys-To-Goはなにしろ、余計なものが何もない。 続きを読む

  • Logitech、3台のデバイスに同時に接続して利用できるBluetoothキーボードを発表

    Logitech、3台のデバイスに同時に接続して利用できるBluetoothキーボードを発表

    キーボードにもいろいろあり、好みも大いに分かれるところだろう。ただ、ぜひともLogitech K480をみてみて欲しい。このキーボードは、同時に3台のBluetoothデバイスに接続できる。接続しているデバイスの切り替えは、キーボード上にある小さなダイアルで行う。キーボード上部には溝があり、そこにスマートフォンやタブレットを配置することで、PCのような形で使うことができるようになる。 続きを読む

  • Logitechが今日発売したiOS用ゲームコントローラは99ドル, 期待どおりの出来ばえ

    Logitechが今日発売したiOS用ゲームコントローラは99ドル, 期待どおりの出来ばえ

    きみの頭に生えているヌードルを、かきむしりたくなる瞬間とは、iOSデバイスでゲームを楽しんでいるんだけど、前足でタッチスクリーンをひっかくのに、疲れ果ててしまったときだ。どうしたらいいか? さよう、iOS 7が出たし、今や大量のデバイスにインストールされているから、サードパーティのアクセサリもいろんなのがある。たとえばLogitechが今朝発表したばかりの、iPhone用ゲームコントローラを試してみるのはどうだろう。 続きを読む

  • ロジテックのiPhone用ゲームパッドの写真がリーク―任天堂に脅威?

    ロジテックのiPhone用ゲームパッドの写真がリーク―任天堂に脅威?

    今日(米国時間10/1)、Twitterで@evleaksがLogitechのiPhone向けの新しいゲームパッドのリーク写真を公表した。evleaksはSamsungやNokiaなどの新製品のリーク情報をいち早くツイートした実績が何度もある。 今回の写真は今年始めにリークしたプロトタイプの写真によく似ているだけでなく、6月のAppleのWWDCカンファレンスでデベロッパーに紹介されたデザインにも似ている。このゲームコントローラーには右側に4つのボタン、左側に十字ボタン、さらにトップの左右に一つずつボタンがある。 続きを読む

  • Logitech、KickstarterでTidyTiltを大成功させたTT Design Labsを買収

    Logitech、KickstarterでTidyTiltを大成功させたTT Design Labsを買収

    宿題をきちんとするというのは、思う以上に大切なことであるようだ。宿題に出たデザインワークを一所懸命こなした2人がスタートさせた会社を、大企業が買収するという運びになったのだ。買収したのはLogitech。買収されたのはシカゴのTT Design Labsだ。2011年末、TidyTilt iPhoneケースをクラウドファンディングで世に出した2人が運営する会社だ。買収金額などについては明らかにされていない。 続きを読む

  • Logitech、iPad mini用Ultrathinキーボードを今月発売へ

    Logitech、iPad mini用Ultrathinキーボードを今月発売へ

    LogitechのiPad用UltraThinキーボードは、Matt Burnsのキーボードレビューバトル以来、私の旅の供だった。しかし、iPad miniが出てからというもの、外出の際はフルサイズのiPad 3に取って代わってしまった。嬉しいことに、Logitechがつい最近、mini専用に作られたUltraThinキーボードを発表し、今月中に売り出される予定だ。 続きを読む

  • Googleのエリック・シュミット、50歳のテレビと10代のウェブの結婚を仕切る

    Googleのエリック・シュミット、50歳のテレビと10代のウェブの結婚を仕切る

    「長い間この日を待っていました」、Goolge CEOのEric Schmidtが言う。同氏はGoogle TV 実現を手助けしたCEOらによる強力なパネルの座長を務めた。Google I/Oのこのパネルには、Sony、Best Buy、Echostar、Adobe、Logitechから、そしてもちろんGoogleからも数多くのCEOたちが集まった。SchmidtにとってGoogle TVを成功させるためには、彼ら全員、さらにはデベロッパーたちの力が必要なのだ。 Google TVは、年末商戦に向けて発売されるSonyの新型テレビに内蔵されるほか、既存… 続きを読む