ロンドン(国・地域)

ロンドンに関する記事一覧

  • AmazonがARなどのリテールテクノロジーをテストをロンドンにオープンしたヘアサロンで開始

    AmazonがARなどのリテールテクノロジーをテストをロンドンにオープンしたヘアサロンで開始

    Amazonは米国時間4月20日、同社初のヘアサロンであり、新しい技術を一般の人たちに対してテストすることを目的としたAmazon Salonをオープンすることを発表した。このサロンは、ロンドンのスピタルフィールズにあるブラッシュフィールド・ストリートに設置され、床面積は1500平方フィート(約139.4平方メートル)以上となる予定だ。 続きを読む

  • 侵害されたネットワークを徹底して厳密な調査するプラットフォーム開発のCado Securityが10.9億円調達

    侵害されたネットワークを徹底して厳密な調査するプラットフォーム開発のCado Securityが10.9億円調達

    コンピュータシステムがますます大きく、複雑になるにつれて、組織がシステムをより安全に保護するために、フォレンジック(徹底して厳密な調査)が重要な要素となってきている。最近起きたSolarWindsの情報漏洩事件でも明らかになったように、データ流失を特定したり、ハッカーの侵入を防いだりすることだけが大切なのではない。 続きを読む

  • その求人情報からNYCとロンドンの電動キックスクーターパイロット参加企業が見えてきた

    その求人情報からNYCとロンドンの電動キックスクーターパイロット参加企業が見えてきた

    Twitterでのつぶやき、そして求人情報からLimeやSuperpedestrianといった企業が、スクーターシェアリングサービスにとって最後のフロンティアであるロンドンとニューヨーク市でのサービス展開の準備を進めていることがうかがえる。 続きを読む

  • 「ダークストア」から食料雑貨を20分以下で届ける英ZappがLightspeedとAtomicoに支援されシリーズA調達

    「ダークストア」から食料雑貨を20分以下で届ける英ZappがLightspeedとAtomicoに支援されシリーズA調達

    現在ロンドンを中心に、食料雑貨をオンデマンドで注文できる宅配サービス専用店舗(ダークストア)を展開している数多くのスタートアップの1つであるZappが、大手VCから新たな資金調達を行ったことがTechCrunchの取材で明らかになった。 続きを読む

  • マイクロモビリティで脱自動車を目指すパリ、バルセロナ、ロンドン、ミラノ

    マイクロモビリティで脱自動車を目指すパリ、バルセロナ、ロンドン、ミラノ

    新型コロナウイルス感染症のパンデミックは、欧州全域で都市の変革を促す触媒の役割を果たしている。市当局が、市民の健康を危険にさらすことなく、あるいは過剰な交通量により渋滞を招くことなく、いかにして都市の機動性を管理するかに力を注いでいるためだ。 続きを読む

  • 外貨両替大手のTravelexがマルウェアの被害でサービス中断

    外貨両替大手のTravelexがマルウェアの被害でサービス中断

    外貨両替商大手のTravelexが、12月31日にマルウェアにやられ、一部のサービスを停止したことを確認した。 ロンドンに本社があり全世界に1500店あまりを持つ同社によると、同社は「データを保護するための予防的措置として」システムをオフラインにし、マルウェアの拡散を防いだ。 続きを読む

  • オーディオストリーミングのMixcloudから2000万人以上のユーザーデータが漏洩

    オーディオストリーミングのMixcloudから2000万人以上のユーザーデータが漏洩

    英国のオーディオストリーミングプラットホームのMixcloudが不正アクセスにより2000万のユーザーアカウントを流出させ、データが闇サイトで売りに出された。 続きを読む

  • Google StreetViewの撮影車がロンドンの大気汚染を地図化

    Google StreetViewの撮影車がロンドンの大気汚染を地図化

    来月から二台のGoogle StreetView撮影車が、大気の質を調べるセンサーを乗せてロンドン中を走り回り、イギリスの首都の空気のクォリティを30メートル間隔で地図に落としていく。 またとくに汚染が激しい地区や、汚染があってはいけない地区には街灯や建物などに計100個のセンサーを取り付け、ロンドン市長のSadiq Khanが“世界に類がないほど高度な”という、大気質監視ネットワークが出来上がる。 続きを読む

  • iZettleのカードリーダーでロンドンのストリートパフォーマーがキャッシュレスでチップをもらう

    iZettleのカードリーダーでロンドンのストリートパフォーマーがキャッシュレスでチップをもらう

    決済のデジタル化が進むにつれて、ロンドン名物ストリートパフォーマーたちの収入が現代化しつつある。 新市長Sadiq Khanの支援もあって、イギリスの首都のバスカーたち(buskers, 路上で音楽や芸をする人たちの総称)は、チップを伝統的なキャッシュやコインだけでなく、クレジットカードから受け取ることができるようになる。 続きを読む

  • Uber、ロンドンにおける営業免許を失う

    Uber、ロンドンにおける営業免許を失う

    ロンドン市運輸局(TfL)は同市内におけるUberの営業免許更新の申請をさきほど拒絶した。この決定はイギリスのUberにとって大打撃となる。 TfLは声明を発表し、Uberは「ハイヤー業の免許を受けるのに適さない」として以下のように述べた。 続きを読む

  • ウェアラブルは次のレベルへ―かわいいデバイスでハトが大気汚染をモニター

    ウェアラブルは次のレベルへ―かわいいデバイスでハトが大気汚染をモニター

    ウェアラブルデバイスは次の段階に進む準備ができたようだ。Plume LabsとDigitasLBiは面白い実験を行うために協力した。ラッシュアワーのロンドンの大気の状態を調べるために小さなバックパックを背負ったハトが上空を飛び回ってサンプルを集めるというアイディアだ。パブで酩酊しているときに思いついたというわけではないらしい。とにかく現在そのデバイスを装着した10羽のハトがロンドンの空を飛び回っている。実験はあと3日続けられるそうだ。 続きを読む

  • 博覧会的な大がかりな展示構造物を誰もがWebからコントロールできるGoogleの実験

    博覧会的な大がかりな展示構造物を誰もがWebからコントロールできるGoogleの実験

    Project Glassほど本格的なプロジェクトではないが今日(米国時間7/18)Googleは、ロンドンのScience Museum(科学博物館)で5つの構造物を立ち上げた。これらはいずれも、ユーザがWebからリモートでコントロールでき、その目的は“インターネットにできることの見本を世界の人たちに見せてインスパイアすること”だ。Googleは何も言っていないが、もちろんオリンピックの時期に合わせたのだろう。 使用するブラウザはChromeがベストだが、WebGLなどの高度なブラウザ技術をサポートしているFire… 続きを読む

  • ロンドン、2012年オリンピックまでに100台の「スマートゴミ箱」を設置予定

    ロンドン、2012年オリンピックまでに100台の「スマートゴミ箱」を設置予定

    実際、役に立つのかどうなのか、まだよくわかってはいない。 掲載しているのはLondonが「スマートゴミ箱」と呼んでいるものだ。Renew製作による資源回収ボックス(ゴミ箱)で、Londonのあちこちに設置されている。何がスマートかと言えばこのゴミ箱、2つの大型LCDスクリーンを身にまとっているのだ。 Daily Mailの記事によると、このスクリーンにはEconomist誌からのニュースや、株価情報が表示されるのだとのこと。誰か不機嫌な人が叩き壊したり、あるいはハックされたりしない限りは情報提供を続けるようになっているのだそうだ。今のところ… 続きを読む

  • 「正義」とクラウドソーシング:ロンドンの暴徒特定に顔認識技術を使おうというGoogleグループが登場

    「正義」とクラウドソーシング:ロンドンの暴徒特定に顔認識技術を使おうというGoogleグループが登場

    Google Groupに最近、「London Riots Facial Recognition」というグループが加わった。週末にイギリスの首都を荒らし回った暴動に対応するものだ。グループの目的は顔認識技術を用いて、写真に写った暴徒を特定しようというものだ。 グループ内でも慎重な行動を呼びかける声があり、「Ethical Issues」(倫理問題)、「Keeping Things Legal」(遵法行動)と題されたスレッドも立ち上げられている。また、「合法的な情報ソースのみを利用すること」という呼びかけもなされている。 続きを読む