Loon(企業)

高度飛行気球を活用したインターネット通信サービスを提供する米国企業。Alphabetグループ。

  • Alphabetが成層圏気球によるインターネット接続プロジェクトLoonを閉鎖

    Alphabetが成層圏気球によるインターネット接続プロジェクトLoonを閉鎖

    Googleの親会社Alphabetが、巨大な気球を使って世界の僻地に高速なインターネット接続を提供するというアイデアを模索している。しかし、米国時間1月21日夜に行われた同社発表によると、2021年で発足から9年目になり、独立した企業になってから2年半になる、Loonプロジェクトを段階的に縮小する。 続きを読む

  • ​​Alphabet傘下のLoonが開発した成層圏気球はGoogle AIの力で自ら最適なナビで飛行

    ​​Alphabet傘下のLoonが開発した成層圏気球はGoogle AIの力で自ら最適なナビで飛行

    ​Alphabet傘下ののLoonは、数年前からアルゴリズムを使って成層圏気球の飛行を最適化しており、その結果として上空で過ごした時間の記録を作っている。​しかし、同社は現在、はるかに優れた可能性を秘める新たなナビゲーションシステムを展開しており、真の強化学習AIを使ってナビゲーションを、人ではできなかったほど最適化する方法を自らに教えている。 続きを読む

  • Alphabet傘下のLoonがケニアで気球によるインターネットの提供を開始

    Alphabet傘下のLoonがケニアで気球によるインターネットの提供を開始

    AlphabetのLoon(ルーン)がケニアで正式にインターネットサービスの提供を開始した。Loonの高度飛行気球を活用した大規模な商業展開は今回が初めてとなる。気球は地球の成層圏を漂う通信サービス基地局として機能する。 続きを読む

  • 成層圏上の気球からインターネット接続を提供するLoon、初めての商用化をケニアで

    成層圏上の気球からインターネット接続を提供するLoon、初めての商用化をケニアで

    Loonはこのほど、その気球の初めての商用バージョンを、2週間前にケニア政府から得られた承認により、ケニアの人びとのインターネット接続のためにローンチした。 続きを読む

  • AlphabetのLoonとソフトバンクのHAPSMobileによる成層圏ネットワーク構想に世界的大企業が続々参加

    AlphabetのLoonとソフトバンクのHAPSMobileによる成層圏ネットワーク構想に世界的大企業が続々参加

    Alphabetの高高度気球企業Loonと、SoftBankの子会社で成層圏にグライダーを飛ばすHAPSMobileが率いる、全業界的企業連合が、高高度の送受信メカニズムを利用するネットワーク接続のスタンダードと関連技術を開発していく。HAPS Allianceとよっバレるこの企業連合にはAirbusの防衛および宇宙部門やBharti Airtel、China Telecom、Deutsche Telekom、Ericsson、Intelsat、Nokia、SoftBank、Telefonicaなどが参加している。 続きを読む

  • 気球ネットワーク開発のグーグル系Loonとの無人航空機開発のソフトバンク系HAPSMobileが空飛ぶ基地局を実現

    気球ネットワーク開発のグーグル系Loonとの無人航空機開発のソフトバンク系HAPSMobileが空飛ぶ基地局を実現

    高高度だから、いちばん高い地上基地局と比べても、それがカバーする圏域は大きい。今日本全体をカバーするために何万本もの地上基地局が使われているが、この方法なら40機のソーラー航空機で足りる。 続きを読む

  • 100万時間の滞空を達成したインターネット接続気球、1カ所に留まれる巧妙な仕組み

    100万時間の滞空を達成したインターネット接続気球、1カ所に留まれる巧妙な仕組み

    Alphabetの子会社、Loonは全世界の空から高速インターネット接続を提供することを目指している。Loonのインターネット気球が延べ滞空100万時間の大台に乗ったという。 続きを読む

  • Google関連会社のLoonが成層圏バルーン滞空223日の新記録を樹立

    Google関連会社のLoonが成層圏バルーン滞空223日の新記録を樹立

    Alphabet傘下のLoonは、バルーン飛行システムP-496で連続飛行時間最長記録を達成した。 続きを読む

  • Google関連会社Loonによる気球インターネットが商業トライアルを実施

    Google関連会社Loonによる気球インターネットが商業トライアルを実施

    Google(グーグル)からスピンアウトしたAlphabet(アルファベット)傘下のLoonは、Telkom Kenyaと提携してケニアで数ヶ月以内に最初の商業トライアルを開始する。 続きを読む

  • Google XのLoon、Wing、グループ企業に昇格――アストロ・テラーが祝福

    Google XのLoon、Wing、グループ企業に昇格――アストロ・テラーが祝福

    Google XのプロジェクトとしてスタートしたLoonとWingがXを卒業し、Googleグループの親会社、Alphabet傘下の独立企業となった。Google Xとムーショット・プログラムのの責任者、Astro Tellerが昨日(米国時間7/11)、Mediumに記事を書いている。 続きを読む

  • Alphabetの(Googleの)Project Loonの気球が一定の場所に静止できるようになった

    Alphabetの(Googleの)Project Loonの気球が一定の場所に静止できるようになった

    Googleが数年前に立ち上げたProject Loonは、複数の気球に地球を絶えず周回させて、途上国などにインターネットアクセスを提供するプロジェクトだ。周回によって一つの気球が圏外になると、次の気球がそこへやってくる。今日(こんにち)、Googleは依然としてGoogleだが、Alphabetの一員でもある。そしてAlphabetのXに務めるマッドサイエンティストの一人、Astro Tellerが今日(米国時間2/16)説明したところによると、チームは最近、気球を周回させずに一箇所にとどめておく方法を見つけた。そして今後のProjec… 続きを読む

  • Facebookの「空からインターネット中継」プロジェクトが前進―ソーラー発電ドローンAquilaが飛行に成功

    Facebookの「空からインターネット中継」プロジェクトが前進―ソーラー発電ドローンAquilaが飛行に成功

    Facebookが2年がかりで開発してきたソーラー・パワー・ドローンのAquilaは滞空時間90日、幅が60マイル〔約100km〕の地域にインターネット接続を提供できるようにするのが目標だ。FacebookはAquillaの最初の公式テスト飛行を実施し、無事に成功させた。 続きを読む

  • Googleがタワーの代わりに気球をインターネットアクセスに使うProject Loonでインドの通信企業と交渉中

    Googleがタワーの代わりに気球をインターネットアクセスに使うProject Loonでインドの通信企業と交渉中

    【抄訳】 Googleは今、インドの通信企業数社と、Project Loonのローンチについて交渉している。それはセルラータワーの代わりに気球を使って、遠隔地に安価なインターネットアクセスを提供する、というプロジェクトだ。Economic Timesの記事によると、同社はBSNLやそのほかの企業と、インドでProject Loonのパイロット事業を行う件で話し合っている。 続きを読む

  • Google、 プロジェクトLoonをスリランカへ―全土に気球からインターネット接続を提供

    Google、 プロジェクトLoonをスリランカへ―全土に気球からインターネット接続を提供

    Googleは数多くの野心的な試みを進めているが、インターネット・インフラの整備が困難な地域に気球からインターネット・アクセスを提供するプロジェクトLoonもその一つだ。 今日(米国時間7/29)、スリランカ政府はGoogleのプロジェクトLoonによって全土をカバーする最初の国となろうとしていることを発表した。Googleとの協力により、「スリランカの全国民は安価な高速インターネット接続が利用できるようになる」という。 続きを読む

  • 気球からネット接続を提供するGoogleのLoonプロジェクト、オーストラリアの実験でさらに前進

    気球からネット接続を提供するGoogleのLoonプロジェクト、オーストラリアの実験でさらに前進

    GoogleのProject Loonは世界のインフラ未整備地域の成層圏上層に気球を飛ばしてインターネット接続を提供しようという試みだ。このプロジェクトが実用化に向けてまた一歩進んだ。数日前、われわれはGoogleがオーストラリア最大のテレコム企業、Telstraと協力して気球の打ち上げ実験を行う予定だと聞いた。今日(米国時間11/20)、Googleはもう少し詳しい情報を発表した。 続きを読む

  • 地球の全上空を気球群で覆いインターネットアクセス格差をゼロにするGoogle Xの“おばかプロジェクト”

    地球の全上空を気球群で覆いインターネットアクセス格差をゼロにするGoogle Xの“おばかプロジェクト”

    Google Glassや自己運転車を生み出した秘密っぽいラボGoogle Xが今日(米国時間6/14)、その最新プロジェクト、気球を使用するインターネットアクセスを発表した。インターネットにアクセスするために通常の地上線も衛星回線も使えない、というへき地向けの技術だ。Googleは今週初めから気球のテストを開始しているが、提供するインターネットアクセスのクォリティは3Gのネットワークなみで、気球たちはニュージーランド上空の成層圏風に乗って航行したそうだ。 続きを読む