ロサンゼルス(国・地域)

ロサンゼルスに関する記事一覧

  • ユーチューバーを育てるインキュベーターをNext 10 Venturesが立ち上げ、クリエイターも投資の対象だ

    ユーチューバーを育てるインキュベーターをNext 10 Venturesが立ち上げ、クリエイターも投資の対象だ

    クリエイター経済にフォーカスしているロサンゼルスの5000万ドルのファンド、Next 10 Venturesが、ユーチューバーを支援するインキュベーター事業を立ち上げる。 その名もEduCreator Incubatorは、25から40の新進ビデオクリエイターたちに、その場所などに応じて25000ドルから75000ドルのシード資金を提供し、彼らを12か月の指導教育事業に入学させる。唯一の要件は、作っているビデオが子どもや青少年を対象とする教育ビデオであることだ。 続きを読む

  • ゲームコミュニティー、フロリダ銃乱射事件を悼む

    ゲームコミュニティー、フロリダ銃乱射事件を悼む

    フロリダ州ジャクソンビルで開催されたMadden 19ゲーム大会で起きた銃乱射事件の後、射撃犯と犠牲者の身元が報道で明らかになったことを受け、オンラインゲーム・コミュニティーからコメントが寄せられている。 続きを読む

  • VRを駆使した固定型カーニバルTwo Bit Circusがロサンゼルスにオープン

    VRを駆使した固定型カーニバルTwo Bit Circusがロサンゼルスにオープン

    焼け付くような7月のロサンゼルスで、いつも蝶ネクタイで気取っているTwo Bit Circus共同創設者のBrent Bushnellは、ある屋内遊園地の仮想現実に感染したお祭り騒ぎの中へ、招待客たちを案内していた。ただ、まだそこは建設途中の状態だ。 続きを読む

  • SnapchatによってL.A.がテクノロジーの中心地へと進化する

    SnapchatによってL.A.がテクノロジーの中心地へと進化する

    編集部注: 本稿を執筆したJustin ChoiはNativoのCEOである。 もしあなたがシリコンバレーの歴史を書き表すとすれば、まずはそこにあるコミュニティの数々を観察することから始めることだろう。Google、Yahoo、Oracle、PayPalなどの企業は、何年ものあいだ優秀な人材をこの場所に惹きつけてきた。そういった企業が成熟期に達したり、買収やIPOなどを行う時期に達すると、彼らが抱える優秀な人材は分散し、次の世代を担う企業で芽を出しはじめる。 続きを読む

  • 子供たちのためのUberを目指すHopSkipDrive

    先日TechCrunchはロサンゼルスを目指して南に向かった、目的は私たちのミニミートアップのため、そして急成長する同地域発のハイテクシーンに追いつくためだ。 私たちの注意を惹いたスタートアップの一つがHopSkipDriveだ。子供送迎のためのUberを目指している。Uberに1人で乗るためには乗客は少なくとも18歳である必要があるので、HopSkipDriveは忙しい両親のための送迎問題を解決したいと考えている。 続きを読む

  • 子どもたちのために3Dプリントによる義手義足を広めるボランティア団体e-NABLE

    子どもたちのために3Dプリントによる義手義足を広めるボランティア団体e-NABLE

    先週ロサンゼルスで行われた2015年スペシャルオリンピックス(日本サイト)で、Ariという名前の5年生の女の子が、Googleのブースを訪れた。そのブースには、Googleの障害者サポート事業”インパクトチャレンジ“に関する情報がある。でもAriが知らなかったのは、この大会の前と後とでは自分の人生が変わることだった。 続きを読む