Luna Display

  • 古いMacもセカンドディスプレイ化してしまうLuna Display

    古いMacもセカンドディスプレイ化してしまうLuna Display

    Luna DisplayのメーカーのAstropadは、macOS CatalinaのSidecarへの「対抗」として、iPadではなく、古いMacをMacのセカンドディスプレイとして利用できるようにするアップデートをリリースした。また、期間限定でLuna Displayを割引販売する。 続きを読む

  • Luna DispayはiPadをMac Miniのメインディスプレイにできる――WiFiアダプターに便利な機能があった

    Luna DispayはiPadをMac Miniのメインディスプレイにできる――WiFiアダプターに便利な機能があった

    AstropadのLuna DisplayはMacbook用のWiFiディスプレイ・アダプターだが、使いみちはノートだけではなかった。この小さなガジェットをMac Miniのポートに挿すとiPadをメインディスプレイにできる。Luna DisplayはMacbookの画面を拡張するのが主たる目的だ。デスクトップの大きな画面に慣れているユーザーは出先でMacbookを使うと、13インチだろうと15インチだろうと、狭さを感じてしまう。 続きを読む

  • ワイヤレスでポータブルなiPadディスプレイアダプターLunaが80ドルで発売

    ワイヤレスでポータブルなiPadディスプレイアダプターLunaが80ドルで発売

    Luna Displayで、世界が変わった人も多い。ぼくも、この赤い小さなドングルを試してみて、そう感じた。このデバイスの機能はDuetに似ているが、ケーブルを使わないし、追随性も良い。 昨年Kickstarterに登場したLunaが、80ドルで発売された(クラウドファンディングのときより20ドル高い)。決して安くはないし、iPadを持っていてMac用のポータブルな外付けディスプレイが必要な人以外は、用のないものだ。 続きを読む