Lyft(企業)

Lyftは、米国のライドシェアリング企業。

  • バイデン政権の労働長官はギグワーカーを従業員待遇にすべきと考えている

    バイデン政権の労働長官はギグワーカーを従業員待遇にすべきと考えている

    米国時間4月29日、バイデン政権の労働長官Marty Walsh(マーティ・ウォルシュ)氏は、ギグエコノミーという白熱している問題に言及して、福利厚生を欠いて働く多くの人びとは企業の従業員扱いになるべきだ、と主張した。 続きを読む

  • トヨタのウーブン・プラネットが配車サービスLyftの自動運転部門を約600億円で買収

    トヨタのウーブン・プラネットが配車サービスLyftの自動運転部門を約600億円で買収

    配車サービスのLyftは、その自動運転車部門をトヨタの子会社であるWoven Planet Holdingsに5億5000万ドル(約600億円)で売却した。自動運転車技術の商品化にかかる大量の費用と時間に対処しようと各企業の買収合戦が続いているが、これはその最新の動きだ。 続きを読む

  • ヒュンダイの電気自動車IONIQ 5がMotionalとLyft初のロボタクシーに

    ヒュンダイの電気自動車IONIQ 5がMotionalとLyft初のロボタクシーに

    Motionalは同社の自動運転技術を現代自動車の新型完全電動SUVに統合し、Motional初のロボタクシーを開発する。2023年初頭には一部の市場の顧客かLyftアプリを介してこの完全電動・完全自動運転タクシーを予約できるようになる。 続きを読む

  • カリフォルニア最高裁がギグワーカーを個人事業主に分類するProp 22を違憲とする訴訟を棄却

    カリフォルニア最高裁がギグワーカーを個人事業主に分類するProp 22を違憲とする訴訟を棄却

    カリフォルニア州最高裁判所は2月3日、同州のライドシェア・ドライバーのグループとService Employees International Union(国際サービス従業員労働組合)が提出した、提案22号を違憲とする訴訟を棄却した。 続きを読む

  • 2023年から米国主要都市でロボタクシー展開へ、MotionalとLyftが提携

    2023年から米国主要都市でロボタクシー展開へ、MotionalとLyftが提携

    自動運転車の商業化を目的とするAptivと現代自動車の40億ドル(約4140億円)の合弁企業であるMotionalは、Lyftの配車ネットワークを使って完全ドライバーレスのロボタクシーサービスを2023年に米国の主要都市で立ち上げる計画だ。 続きを読む

  • 配車サービスを提供している都市では性的暴行の発生率が低いとの調査結果

    配車サービスを提供している都市では性的暴行の発生率が低いとの調査結果

    2010年のUberのローンチ以来、配車サービスは多くの都市で最も主要な交通手段の1つに成長している。配車サービスのおかげで、旅行者は手を振ってタクシーを拾う労力から解放された。幸運にも都市で車を所有することができていたとしても、飲酒運転をする必要がなく、宝くじを当てるほどの確率ともいえる駐車場を探す必要もない選択肢が用意されている。 続きを読む

  • カリフォルニア州でのギガワーカー法案通過を見込んでUberとLyftの株価が高騰

    カリフォルニア州でのギガワーカー法案通過を見込んでUberとLyftの株価が高騰

    米国ライドシェアリングの両巨人、UberとLyftの株価は本日11月4日午前の時間外取引で急騰した。カリフォルニア州の投票法案、Proposition(プロポジション)22の通過を見込んだ行動だ。同法案が成立すれば、テック利用のオンデマンド企業は、引き続きギグワーカーを個人事業主として分類できる。 続きを読む

  • 「ギグワーカーは個人事業主」の是非を問うカリフォルニア州住民投票で賛成多数

    「ギグワーカーは個人事業主」の是非を問うカリフォルニア州住民投票で賛成多数

    カリフォルニア州の住民立法案「Proposition) 22」を支持してきたUber、Lyft、Instacart、DoorDashは目的を達成しつつある。ギグワーカーは個人事業主という分類を継続させる住民立法案は承認される見通しとなった。 続きを読む

  • カリフォルニアの控訴裁がUberとLyftのドライバーを従業員とする下級裁の判決を支持

    カリフォルニアの控訴裁がUberとLyftのドライバーを従業員とする下級裁の判決を支持

    米国時間10月22日の控訴裁判所は、UberとLyftが彼らのドライバーを従業員に分類しなければならないと判決を下した。しかし、この判決は裁判所が送達を出した後、30日間延期されることになっている。 続きを読む

  • ライドシェアサービスLyftでVenmoによる乗車料金支払いがまもなく可能に

    ライドシェアサービスLyftでVenmoによる乗車料金支払いがまもなく可能に

    Lyftはまもなく利用者がVenmoを利用して運賃を支払ったり、あるいは分割したりするオプションを利用できるようになると、米国時間10月22日の朝のブログで発表した。PayPal、クレジットカード、デビットカード、Lyft Cashなどの支払い方法にVenmoが加わることになる。 続きを読む