Lyft

  • LyftがGoogle幹部をエンジニア部門トップに引き抜き

    LyftがGoogle幹部をエンジニア部門トップに引き抜き

    ベテランのGoogle幹部Eisar Lipkovitzが、Lyftでエンジニア部門を率いるためにGoogleを退社する。彼は直近ではGoogleのビデオ・ディスプレイ広告チームを率いていた。 続きを読む

  • Lyft、Segway製の頑丈なスクーター展開へ

    Lyft、Segway製の頑丈なスクーター展開へ

    Lyftは、Segway Ninebotとの提携のものと、次世代のシェア用スクーターを準備している。これはSegway-Ninebotの最新スクーターModel Max発表に続く動きだ。 続きを読む

  • UberやLyftのドライバーの労働環境調査の記事が3位(2018年3月ランキング)

    UberやLyftのドライバーの労働環境調査の記事が3位(2018年3月ランキング)

    2018年にアクセス数の多かった記事を月別に紹介していく年末企画。2018年3月のアクセスを振り返ってみると、1位はサムスンのGalaxy S9が最高の評価を得たという記事だった。 続きを読む

  • Lyftは新しい人材を得て、自動運転車の安全性により真剣に取り組む

    Lyftは新しい人材を得て、自動運転車の安全性により真剣に取り組む

    Lyftは米国時間の12月20日、American Center for Mobilityの創設者であり、米国交通省の自動車安全センターの元副長官だったJohn Maddoxを採用した。 続きを読む

  • Lyft、食の砂漠エリアで住民に食料品店への足を提供

    Lyft、食の砂漠エリアで住民に食料品店への足を提供

    来年第一四半期にIPOを準備しているLyftは、食の砂漠エリアで貢献しようとしている。 続きを読む

  • Lyftは自動運転車と歩行者のコミュニケーションをどのように想定しているのか

    Lyftは自動運転車と歩行者のコミュニケーションをどのように想定しているのか

    自動運転車が人間とどのように対話し、コミュニケーションをとるのかについての疑問は、以前から出されているものだ。だがその答はまだ定まらないままである。 続きを読む

  • Lyft、米証取委にIPO書類を提出

    Lyft、米証取委にIPO書類を提出

    Lyftは、米国証券取引委員会(SEC)に待望の新規株式公開(IPO)のための登録届出書を提出した、とのプレスリリースを発表した。しかし、いつ公開するのかは不明だ。 続きを読む

  • 求人界のTinder「Teamable」が500万ドルを調達、Simpplerを買収

    求人界のTinder「Teamable」が500万ドルを調達、Simpplerを買収

    社員のソーシャルネットワークを活用した求人サービスのTeamableが、500万ドルの資金を調達した。出資したのは新たに参加したFoundation Capitalとすでに投資しているTrue VenturesとSaaStr Fund。 続きを読む

  • 企業に健康食を配達するOh My Greenがシード資金として$20Mを調達、全米展開を目指す

    企業に健康食を配達するOh My Greenがシード資金として$20Mを調達、全米展開を目指す

    Oh My Greenは、Initialized Capital, Powerplant Ventures, Backed VC, ZhenFund, Talis Capital, そしてStanford StartX Fundらによる最初の本格的な投資ラウンドで2000万ドルを調達し、アメリカ中のオフィスに健康的な食べ物を届けようとしている。 このコンシエルジュ的なサービスはアクセラレーターY Combinationを2016年に終了して、サンフランシスコやロサンゼルス、シアトル、シカゴ、オースチン、デンバー、ボストン、ニューヨーク、そしてナッシュビルの企業に、… 続きを読む

  • Lyftが公共交通情報をアプリに統合した

    Lyftが公共交通情報をアプリに統合した

    LyftがNearby Transitを立ち上げて公共交通機関分野に公式に参入した。この機能は現段階ではカリフォルニア州サンタモニカだけで提供されているが、これが登場したのはLyftが同市に電動スクーターを導入した数日後のことだ。 続きを読む

  • Lyftがドライバー向けカーレンタルプログラムを強化

    Lyftがドライバー向けカーレンタルプログラムを強化

    最近Lyft は、米国内における車所有台数を減らしたいというメッセージの発信に力を入れている。その反車両所有運動の最新の例が、カーレンタル会社であるAvisとの提携だ。 複数年契約の一部として、AvisはLyftのExpress Driveプログラムに数千台もの車両を追加する。同プログラムはこれまでもHertz、Flexdriveからドライバーたちに週単位で車をレンタルしてきたが、これにAvisが加わった。 続きを読む

  • LyftがMotivateを買収、Lyft Bikes実現へ

    LyftがMotivateを買収、Lyft Bikes実現へ

    配車サービス大手のLyftは、先週6億ドルの資金調達を完了したのに続き、年長で資金豊富なライバル、Uberと争う最新の一手を発表した。同社は北米最大最古の電動自転車シェアリング会社、Motivateを金額非公開で買収した。 続きを読む

  • Lyft、6億ドル資金調達し時価総額151億ドルに

    Lyft、6億ドル資金調達し時価総額151億ドルに

    Lyftは、Fidelity Management & Research社主導のシリーズIラウンドで6億ドルの資金を調達し、調達後の企業価値は151億ドルになった。企業価値は過去14カ月で2倍超になっている。 今回の資金調達にはSenator Investment Group LPが加わっている。Fidelityはこのライドシェアリングの会社に8億ドル超もの資金を注入していて、これによりFidelityはLyftへの最大の出資者のひとつとなった。 Lyftはこの18カ月、米国内での積極的なマーケット拡大とカナダ進出、そして自動運転の開発に資金… 続きを読む

  • Uber、自転車シェアサービスのMotivateを買収か

    Uber、自転車シェアサービスのMotivateを買収か

    Uberは、自転車シェアサービス会社、Motivateの買収を目論んでいると報じられている。サンフランシスコでFord GoBikeを、東海岸ではCiti Bikeを運営する企業だ。直前にはライバルのLyft がMotivateを2.5億ドルで買収間近と報道されていた。 続きを読む

  • UberとLyft、サンフランシスコでの電動キックスクーターシェアリング事業を申請

    UberとLyft、サンフランシスコでの電動キックスクーターシェアリング事業を申請

    UberとLyftが正式に電動キックスクーターのシェアリング事業認可取得に名乗りをあげた。両社を含む計11社がサンフランシスコでの電動キックスクーターシェアリングサービスに申し込んだ。しかし、これは1年の試験プログラムで、市当局は5社にのみ事業を認可する。 続きを読む

  • Lyftの月定額プラン試験、ウェイトリスト登録の受け付け開始

    Lyftの月定額プラン試験、ウェイトリスト登録の受け付け開始

    ライドシェアのLyftは、月定額プランのテストをさらに展開する。この記事掲載から数時間以内に一部のユーザーのアプリに、月定額プラン招待を申し込むウェイトリスト登録ボタンが表示される。 続きを読む

  • Lyftがドライバーの稼ぎを公表、それが本当なら空車時も含めて1時間平均20ドル弱

    Lyftがドライバーの稼ぎを公表、それが本当なら空車時も含めて1時間平均20ドル弱

    LyftやUberのドライバーはどれぐらい稼いでいるのか。この疑問は長いあいだ、世間話の話題や大学などの研究テーマになってきた。そして今回はLyft自身が、同社のドライバーの稼ぎを、やや明らかにしてくれた。 Lyftのドライバーコミュニケーションとコミュニティ部門のトップLaura CopelandがMediumに書いている: 続きを読む

  • Lyft曰く、売上成長率はUberの3倍

    Lyft曰く、売上成長率はUberの3倍

    Lyft は2017年に大きく躍進した。米国内での市場拡大に加えて主要ライバルであるUberのさまざまな悪いニュースのおかげでもある。会計2017年度の売上はGAAP基準で10億ドルを超え、特にQ4の伸び率はUberの2.75倍となる前年比168%を記録した。Uberは61%増だった。 続きを読む

  • MITの調査により、UberとLyftのドライバーたちの過酷な状況が明らかに

    MITの調査により、UberとLyftのドライバーたちの過酷な状況が明らかに

    配車サービスの巨人であるUberとLyftは、自分の車と運転スキルを提供して会社のコアサービスを支える何十万人もの米国の独立契約者たちに対して、お話にならない手取り金額しか与えていないことが、2つのアプリプラットフォームの経済性を調査したMIT CEEPRの調査によって明らかになった。 この報告書は、ギグエコノミー(ネットを通して一時的な仕事を請け負う労働環境)プラットフォームの労働者たちの、労働環境に関する議論を巻き起こしている。そして同時に、VCが資金を提供するテクノロジーの巨人たちが、税金を逃れることによる社会的影響についての深刻な… 続きを読む

  • Uberがスキャンダルで低迷、ライバルのLyftは売上が三倍増

    Uberがスキャンダルで低迷、ライバルのLyftは売上が三倍増

    Lyftにとっては、Uberの苦難の一年が大きな商機になったようだ。 The Informationの記事によると、この、アメリカにおけるUberのライバル企業は、売上が前年に比べて三倍に増加した。すなわち2017年前半のLyftの売上は4億8300万ドル、前年同期では約1億5000万ドルだった。 続きを読む