Mac (製品・サービス)

Macは、アップルが開発および販売を行っているパーソナルコンピュータ。

  • ディスプレイ拡張のDuetがAndroidタブをサポート

    ディスプレイ拡張のDuetがAndroidタブをサポート

    Sidecarは素晴らしい。ここ数年でApple(アップル)が導入するソフトウェアのなかでもお気に入りだ。しかし、いくらかのアプリ開発者にとって、この機能のmacOS Catalinaへの搭載は予想はされはいたが、それでも破壊的なニュースである。我々はDuet DisplayとAstropadに以前、それぞれの製品への影響について尋ねていた。 続きを読む

  • 新型Mac Proは米国で製造するとアップルが発表

    新型Mac Proは米国で製造するとアップルが発表

    数カ月の憶測の後、アップル)は米国時間9月24日、米国でMac Proの最新版を製造することを認めた。 続きを読む

  • アップルがビデオ会議システムZoomの隠しサーバーを削除するアップデートを静かにプッシュ配信

    アップルがビデオ会議システムZoomの隠しサーバーを削除するアップデートを静かにプッシュ配信

    AppleはMacユーザーに無言のアップデートを配信し、人気のビデオ会議アプリ、Zoomから脆弱性のある部分を削除した。Zoomは、ウェブサイトが本人の許可を得ることなくユーザーをビデオ通話に参加させることができる。 続きを読む

  • アップルはMac Proの組み立てを中国に移転か

    アップルはMac Proの組み立てを中国に移転か

    2013年にApple(アップル)は、同社のハイエンドのデスクトップを米国で組み立てると発表した。当時製造はほとんど国外で行われていたので、同社はテキサス州の工場におけるMac Proの生産を大きなPR機会として利用した。 続きを読む

  • アップルにARMの主席CPU設計者が入社

    アップルにARMの主席CPU設計者が入社

    アップルはここ数年、製品に使われる部品を製造する際に、サードパーティに依存する必要のない世界を夢見てきた。自社製チップを採用することで、すでにその方向に歩み出していたが、最近の雇用は、それをさらに推し進めることになった。 続きを読む

  • iPadをMacの外部モニター/液タブにするアップル純正Sidecarの脅威

    iPadをMacの外部モニター/液タブにするアップル純正Sidecarの脅威

    アップルがmacOS 10.15 Catalinaに新たに導入する「Sidecar」は、iPadをMacのセカンドディスプレイとして利用できるようにする。Apple PencilをサポートするiPadなら、Macの液タブとしても使える。 続きを読む

  • ゴミ箱からチーズおろし器へ、新型Mac Proはモジュール化により拡張性が大幅向上

    ゴミ箱からチーズおろし器へ、新型Mac Proはモジュール化により拡張性が大幅向上

    もうゴミ箱にはさよならだ。Appleの新しいMac Proは、これまでのモデルよりもずっと伝統的な形状ながら、プロのクリエイターのニーズに応えることを主眼とするマシンに仕上がっている。 続きを読む

  • Microsoft DefenderがMacにやってくる、MS製セキュリティ対策ソリューション

    Microsoft DefenderがMacにやってくる、MS製セキュリティ対策ソリューション

    Microsoft(マイクロソフト)は、米国時間3月21日、Microsoft Defender Advanced Threat Protection(ATP)をMacでも動くようにすると発表した。 続きを読む

  • Appleのプログレードのビデオ編集ツール=Final Cut Pro X(FCPX)の大きなアップデート

    Appleのプログレードのビデオ編集ツール=Final Cut Pro X(FCPX)の大きなアップデート

    今回のリリースでは、FCPXの多くの部分がより洗練されたものとなっている。中でも最も大きな変更は、さらなる進化を可能にした「ワークフロー機能拡張」だ。これらの機能拡張は、サードパーティのアプリやサービスが、直接FCPXに接続して、ネイティブなインターフェイスと機能を追加できるようにする。 続きを読む

  • Luna DispayはiPadをMac Miniのメインディスプレイにできる――WiFiアダプターに便利な機能があった

    Luna DispayはiPadをMac Miniのメインディスプレイにできる――WiFiアダプターに便利な機能があった

    AstropadのLuna DisplayはMacbook用のWiFiディスプレイ・アダプターだが、使いみちはノートだけではなかった。この小さなガジェットをMac Miniのポートに挿すとiPadをメインディスプレイにできる。Luna DisplayはMacbookの画面を拡張するのが主たる目的だ。デスクトップの大きな画面に慣れているユーザーは出先でMacbookを使うと、13インチだろうと15インチだろうと、狭さを感じてしまう。 続きを読む

  • Mac miniレビュー:Appleはデスクトップをプロ向けにシフトし、エントリーレベルのユーザーを振り落としつつある

    Mac miniレビュー:Appleはデスクトップをプロ向けにシフトし、エントリーレベルのユーザーを振り落としつつある

    先月開催されたAppleのイベントでは、Mac miniはまるで帰って来たヒーローのような歓迎を受けた。おそらくそれはやりすぎの広告戦略だったのかもしれないし、ブルックリンのオペラハウスの座席を近隣に住む従業員で埋めていたからなのかもしれない。しかし少なくとも、忘れられていたように思われていたAppleの製品ラインの復活に対する、歓迎の声は大きかったことだろう。MacBook Airと同様に、この勇敢で小さなデスクトップは、表向きには放棄されていた。最後の意味のあるアップデートから4年が過ぎ、MiniはAppleの過去の遺物のように琥珀に… 続きを読む

  • これが今日のイベントで発表されたAppleの新ハードウェアだ

    これが今日のイベントで発表されたAppleの新ハードウェアだ

    ニューヨークで開催されたハードウェア・イベントでAppleはiPadからMacBook Airまで各種の新製品を発表した。すでに報じたものも含めて、今朝のイベントでデビューしたプロダクトを以下にまとめた。MacBook Air:MacBook AirにやっとRetinaディスプレイが採用された。MacBook Proがハイレゾになってから6年後にAppleのスリム・タイプのノートもRetina化された。 続きを読む

  • AppleのiPadイベントに期待できること

    AppleのiPadイベントに期待できること

    わくわく?がっかり?iPad?少なくとも最後の1つは間違いない。招待状が発送され、噂の波が怒涛のように押し寄せている。米国時間10月30日火曜日に、Appleはハードウェアシーズンを1つの最終イベントで締めくくる。今回は、9月の大規模のiPhoneイベントでは触れられなかった多くのポイントが取り上げられることになるだろう。 続きを読む

  • macOS mojave登場前にParallels 14をじっくり使ってみた

    macOS mojave登場前にParallels 14をじっくり使ってみた

    毎年、この時期にmacOSの新バージョン登場に先駆けて必ずアップデートを発表するParallelsが、最新版のParallels Desktop 14 for Macを発売中だ。Parallelsは、macOS上でWindowsなど、ほかのOSとそのアプリを実行可能にする、いわゆる仮想化ソフト。ほかにも同様のアプリは存在するが、Parallelsは動作の安定性、速度、UIの完成度などで群を抜いていて、このジャンルのトップランナーと言える。 続きを読む

  • Apple、MacBook Airの新モデルを発売か

    Apple、MacBook Airの新モデルを発売か

    Bloombergの記事によると、Appleは複数のMacを準備中だ。中でも注目なのは、Appleが歳を重ねたMacBook Airに変わる新しいエントリーレベルのノートパソコンを発売する可能性があることだ。 続きを読む

  • VimeoがMacのFinal Cut Proを使うビデオ作者のための作業支援アプリケーションを提供

    VimeoがMacのFinal Cut Proを使うビデオ作者のための作業支援アプリケーションを提供

    Vimeoが今日(米国時間4/10)、 Final Cut Proを使ってビデオを作っているMacユーザーのために、ビデオのファイルフォーマットやコーデックをコントロールするアプリケーションを発表した。これは、Final Cut Proにすでに組み込まれているVimeoにビデオをアップロードする機能をさらに拡張するもので、この新しいアプリケーションを使うとビデオの作者は複数のファイルを同時にアップロードできたり、その進捗をプログレスバーで見れたり、ビデオのリンクやレビューのページ、埋め込みコードなどに瞬時にアクセスできたりする。 続きを読む

  • 次期Mac Proは2019年に登場。アップル幹部が明かす

    次期Mac Proは2019年に登場。アップル幹部が明かす

    2017年4月に完全新設計のMac Proが予告されてからはや1年。アップルの幹部が「(次世代)Mac Proは2019年の製品だ」とインタビューで語り、発売時期を公表しました。 次世代Mac Proはアップグレード性を重視したモジュラー式(ユーザー自身で内部パーツを換装できる仕組み)となると1年前に明らかにしながらも、発売時期については「年内(2017年)には用意できない」とするに留まっていました。 しばらく続報が途絶えていたなか、最高性能のプロユースMacを求めるユーザーにとっては朗報と言えそうです。 続きを読む

  • MacOSがついに外付けGPUをサポート

    MacOSがついに外付けGPUをサポート

    macOSは最新のアップデートで外付けのグラフィクスカードが使えるようになる。Appleはこのことを昨年6月のWWDCで発表したが、ついにそれが実現した。MacのユーザーはThunderbolt 3で接続した外付けグラフィクスカードにより、グラフィクスの処理能力を上げることができる。 続きを読む

  • AppleはiPadアプリをMacで動作させるかもしれない

    AppleはiPadアプリをMacで動作させるかもしれない

    Appleは、同社の各オペレーティングシステムの次期主要バージョンの開発に忙しい —— macOS、iOS、tvOS、およびwatchOSだ。誰もが注目しているのはiOSだが、最も魅力的な新機能はmacOSにやってくるかもしれない。BloombergとAxiosの報道によると、AppleはMacでiPadアプリを走らせるらしい。 続きを読む

  • エンタープライズの世界とApple

    エンタープライズの世界とApple

    2010年当時、Appleの顔であった共同創業者スティーブ・ジョブズは、エンタープライズ用途には全く興味がなかった。実際、ジョブズは「私がコンシューマー市場を愛している理由、そしてエンタープライズ市場をずっと嫌ってきた理由は、コンシューマー市場では、私たちは製品を生み出して、それを皆に伝えるべく努力し、その結果皆が自分の意志で選んでくれるからです」。 さらに彼はこう付け加えた「コンシューマー市場では『はい』か『いいえ』の勝負になります。そして、もし十分な数の『はい』を手に入れることができたら、私たちは明日もまた仕事を続けることになります… 続きを読む