macOS

  • AppleがMacの32ビットアプリケーションのサポート終了の警告を開始する

    AppleがMacの32ビットアプリケーションのサポート終了の警告を開始する

    明日の太平洋時間午前0時に、AppleはあなたがMacOS 10.13.4で32ビットのアプリケーションを開くと警告の表示を開始する。それは一つのアプリケーションにつき一回かぎりの警告で、MacOSの64ビットへの完全移行をねらっている。日程は未定だが、最終的には32ビットのサポートを終了するから、アップデートしなかったアプリケーションは動かなくなる。 続きを読む

  • AppleはiPadアプリをMacで動作させるかもしれない

    AppleはiPadアプリをMacで動作させるかもしれない

    Appleは、同社の各オペレーティングシステムの次期主要バージョンの開発に忙しい —— macOS、iOS、tvOS、およびwatchOSだ。誰もが注目しているのはiOSだが、最も魅力的な新機能はmacOSにやってくるかもしれない。BloombergとAxiosの報道によると、AppleはMacでiPadアプリを走らせるらしい。 続きを読む

  • またも、macOSにどんなパスワードでも通るバグ発見

    またも、macOSにどんなパスワードでも通るバグ発見

    MacRumorsがmacOS High Sierraの現行バージョンに関するバグレポートを発見した。システム環境設定のApp Store設定画面で、〈どんな〉パスワードをタイプしてもロック解除できてしまう。Appleは次期macOS High Sierraアップデートのベータ版でこのバグをすでに修正していることが報告されている。 続きを読む

  • Apple、2018年秋にiOSとMacアプリを統合との観測

    Apple、2018年秋にiOSとMacアプリを統合との観測

    AppleはiPhone/iPadではタッチスクリーンで操作でき、Macではマウスとトラックパッドで操作できるアプリを開発できるよう準備中だという。Bloombergによればこれが公開されるのは来年で、AppleはiOSとmacOSという2大開発環境を統合し、2つの別々のアプリではなく単一のアプリとして開発できるようにするという。 続きを読む

  • Apple、macOSの重大なセキュリティー欠陥を修正するアップデートを公開

    Apple、macOSの重大なセキュリティー欠陥を修正するアップデートを公開

    AppleはmacOS High Sierraのセキュリティー問題を修正するアップデートを公開した。ユーザーは今すぐアップデートすべきだ(Appleは今日中にこのセキュリティーパッチを自動的にプッシュ配信する予定)。このアップデートは、昨日発覚した誰でもパスワードなしで他人のMacにログインできる、という極めて深刻な脆弱性を修正するものだ 続きを読む

  • 企画書や台本などの書記作品を一次元線形でなく自由な構造として扱うワープロScrivenerがVup

    企画書や台本などの書記作品を一次元線形でなく自由な構造として扱うワープロScrivenerがVup

    書くという技芸は古代からあるが、コンピューターを利用して書くための優れたアプリケーションはまだまだ不十分だ。その数少ない秀作のひとつがScrivenerだが、今日(米国時間11/20)はそのメジャーアップデートがあった。 Scrivenerは、プロとホビイストのどちらが使ってもよい。いろんなオプションが揃っているので、映画の脚本を書く、小説を書く、などなどいろんな書き仕事に便利だ。 続きを読む

  • Apple、macOS High Sierraの無料ダウンロードを開始

    Apple、macOS High Sierraの無料ダウンロードを開始

    AppleのMac App Storeで最新のmacOSがダウンロード可能となった。ここ数年、macOSはiOSの影に隠れる傾向があったが、High Sierraのリリースも例外ではなかった。今回、iOSが華々しいアップデートだったのに対してはmacOSは地味だったこともその傾向を強めたようだ。macOS 10.13は目に止まりにくいインフラの改良が主となっている。 続きを読む

  • Apple、iOS 10.3と共にmacOS、watchOS、tvOSもアップデートを公開

    Apple、iOS 10.3と共にmacOS、watchOS、tvOSもアップデートを公開

    今日はAppleのアップデートデーだ。同社の全製品にわたる4つのオペレーティングシステムの4つの新バージョンを公開した。iOS 10.3、macOS 10.12.4、watchOS 3.2、およびtvOS 10.2。アップデートの中には特に重要なものもある。 続きを読む

  • Apple、macOS 10.12.3を公開。MacBook ProのGPUとバッテリーの問題を修正

    Apple、macOS 10.12.3を公開。MacBook ProのGPUとバッテリーの問題を修正

    つい先ほどAppleはmacOS Sierraのアップデートを公開した。10.12.3はバグフィックスのアップデートだが、昨年末に発売された新しいMacBook Proにとっては待望の変更だ。今日のアップデートで、Appleは15インチモデルのグラフィックチップセットに関するいくつかの修正を実施した。またAppleは、バッテリー寿命に影響を与えていたSafariのアイコン取得バグも修正した。 続きを読む

  • Appleの新しいインテルベースのMacBook Proは、セキュリティとTouch IDのためにARMチップも搭載している

    Appleの新しいインテルベースのMacBook Proは、セキュリティとTouch IDのためにARMチップも搭載している

    Appleはいつ、ARMプロセッサを搭載したMacを出荷するのだろうか?これこそが、同社が独自のチップをゼロからデザインし製造を始めたときから、同社のウォッチャーたちの心を1番に占めてきた問いかけだ。 その質問への答えは「今」だ、ある意味では。Appleの新しい13″ならびに15″ MacBook ProモデルにはTouch Barが搭載されている。Barと、一緒に搭載されているTouch IDセンサーのどちらも、ラップトップの中心にあるインテルのプロセッサと、AppleのデザインしたT1チップによって駆動される。このT… 続きを読む

  • iOS 10 beta 5リリース。「コードを学ぶ」アプリSwift Playgroundsを同梱

    iOS 10 beta 5リリース。「コードを学ぶ」アプリSwift Playgroundsを同梱

    Appleの開発者たちに良いお知らせだ。Appleは本日iOS 10ベータの第5版をリリースした。watchOS 3、macOS、そしてtvOSも同時である。このリリースで私たちはより一層iOSの最終ビルドに近付くことになる。予想されている9月のリリースまでにはあとせいぜい1つか2つのベータが発表されるだけだろう。 続きを読む

  • OS Xは「macOS」へと改名され、デスクトップで動作するSiriやオート・アンロックなどが追加される

    OS Xは「macOS」へと改名され、デスクトップで動作するSiriやオート・アンロックなどが追加される

    もしも、あなたがApple流のネーミングに頭を悩ませていたのならば(iOS、tvOS、watchOSなど、OS X以降、これまでとは違ったネーミング方法を採用していた)、もうその心配はない。本日Appleが発表したところによると、OS Xには新しい名前がつき、元祖Apple流の命名方法へ戻る形となる。OS Xの新しい名前に注目せよ。その名も、「macOS」だ。さらに、このOS X/macOSの新バージョンも同時に発表された。カリフォルニア州にちなんだネーミング方法を採用し、新しいバージョンのOSは「macOS Sierra」と名付けられた。… 続きを読む