マーケティング(用語)

マーケティングに関連する記事一覧

  • 全国ブランドに地域に特化したマーケティングプラットフォームを提供するSOCiが約83億円調達

    全国ブランドに地域に特化したマーケティングプラットフォームを提供するSOCiが約83億円調達

    「ローカライズされたマーケティング」に焦点を当てたスタートアップのSOCiは、シリーズDで8000万ドル(約83億円)の資金を調達したと発表した。 続きを読む

  • 時間が経つほど開封されなくなるテキストマーケティングツールを改善するVoxieが約7億円を調達

    時間が経つほど開封されなくなるテキストマーケティングツールを改善するVoxieが約7億円を調達

    多くのスタートアップは創業者自身が直面した問題を解決するために始まる。アトランタを拠点とするVoxieもそうだ。 続きを読む

  • AdobeがB2B向け顧客データプラットフォーム開発を発表、2021年前半に製品化

    AdobeがB2B向け顧客データプラットフォーム開発を発表、2021年前半に製品化

    顧客データプラットフォーム(CDP)の概念は比較的新しいものだ。これまでは、さまざまなチャネルから個々の消費者に関するデータをスーパーレコードとして収集することに主眼が置かれていたが、理論的にはこれらすべての詳細な情報に基づいて、より意味のあるコンテンツを提供したり、よりカスタマイズされた体験を提供したりすることができる。 続きを読む

  • セールス情報プラットフォームのSlintelが4.3億円を調達

    セールス情報プラットフォームのSlintelが4.3億円を調達

    パンデミックが蔓延する中で、企業は販売の最前線を探している。販売につながる可能性が最も高い顧客に関する、適切なデータを持っていることが、いまでは大きな促進手段になる可能性があるのだ。 続きを読む

  • スモールビジネス向け支払およびマーケティングスタートアップFivestarsが約55億円調達

    スモールビジネス向け支払およびマーケティングスタートアップFivestarsが約55億円調達

    今は、控えめに言ってもスモールビジネスにとって大変な時期だ。Fivestars(ファイブスターズ)のCEO、Victor Ho(ビクター・ホー)氏によると、大手のデジタルプラットフォームの多くはたいして役に立っていない。 続きを読む

  • Freshworksが顧客関係管理サービスを「再」スタート、機械学習による的確な予測も可能に

    Freshworksが顧客関係管理サービスを「再」スタート、機械学習による的確な予測も可能に

    顧客と従業員の関係管理(CRM)を行う企業Freshworksは、米国時間10月26日、最新サービスとなる『Freshworks CRM』をスタートさせた。これは同社が新しく立ち上げたFreshworks Neoプラットフォーム上に構築されるサービスで、企業のセールスおよびマーケティング部門に、顧客ビューの理解に必要なあらゆるツールを提供する。 続きを読む

  • Googleアナリティクスがアップデート、機械学習を活用して重要な顧客データを取り出せるように

    Googleアナリティクスがアップデート、機械学習を活用して重要な顧客データを取り出せるように

    グーグルは米国時間10月14日、Googleアナリティクスをアップデートして、企業の顧客理解をより一層改善しようとしている。そしてもちろん、グーグルのそのほかのツールも使ってほしいという狙いもある。 続きを読む

  • B2BマーケティングのMetadata.ioが約7億円を調達

    B2BマーケティングのMetadata.ioが約7億円を調達

    米国時間9月9日、Metadata.ioはシリーズAで650万ドル(約6億9000万円)を調達したと発表した。 続きを読む

  • ウェブサイトのビジターを見込み客にするQualifiedは営業とマーケティングの革命を目指す

    ウェブサイトのビジターを見込み客にするQualifiedは営業とマーケティングの革命を目指す

    Salesforceの役員だったクレイグ・スウェンスラッド氏とショーン・ホワイトリー氏が創業したQualifiedが、シリーズAで1200万ドル(約12億7000万円)を調達した。CEOのスウェンスラッド氏によると、同社の目的は彼がSalesforceのCMOだったときに直面した問題を解決することだという。 続きを読む

  • ユニクロも利用するマーケティングSaaSであるシンガポールのInsiderが34億円を獲得し米国進出へ

    ユニクロも利用するマーケティングSaaSであるシンガポールのInsiderが34億円を獲得し米国進出へ

    シンガポールを拠点とし、クライアントのマーケティング意思決定を支援するソフトウェアを開発するスタートアップのInsider(インサイダー)は、シリーズCで3200万ドル(約34億円)を調達後、米国での立ち上げを計画している。 続きを読む