マーケティング(用語)

マーケティングに関連する記事一覧

  • ユニクロも利用するマーケティングSaaSであるシンガポールのInsiderが34億円を獲得し米国進出へ

    ユニクロも利用するマーケティングSaaSであるシンガポールのInsiderが34億円を獲得し米国進出へ

    シンガポールを拠点とし、クライアントのマーケティング意思決定を支援するソフトウェアを開発するスタートアップのInsider(インサイダー)は、シリーズCで3200万ドル(約34億円)を調達後、米国での立ち上げを計画している。 続きを読む

  • パンデミックでスポーツはファン体験を再考する必要に迫られている

    パンデミックでスポーツはファン体験を再考する必要に迫られている

    2020年、スポーツは突然、存続の危機に瀕している。無観客で再開するとしたら、リーグは進化したテクノロジーを使って、家にいるファンにどのようにして興奮を感じさせるだろうか? 続きを読む

  • 非技術系チームでもアプリの通知を最適化して送れるようにするNotivize

    非技術系チームでもアプリの通知を最適化して送れるようにするNotivize

    Notivizeという新しいスタートアップは、製品チームにとって、ユーザーのエンゲージメントを高める上でもっとも重要なツールである「通知」を直接操作できる方法を提供している。 続きを読む

  • リソース不足のスモールビジネス向け高品質ビデオ制作ツールVimeo Createがスタート

    リソース不足のスモールビジネス向け高品質ビデオ制作ツールVimeo Createがスタート

    Vimeoは、スモールビジネスがソーシャルメディア上のマーケティングのために制作する高品質なビデオ制作を助けるツールを発表した。Vimeo Createはアプリにはビジネス向けの高品質なテンプレートがあり、ユーザーはこの中からテンプレートを選んでカスタマイズすればよい。ゼロから新しいビデオを作ることもできる。 続きを読む

  • モバイルアプリグロースハッキングのApp SamuraiがシリーズAに到達し約2.7億円調達

    モバイルアプリグロースハッキングのApp SamuraiがシリーズAに到達し約2.7億円調達

    モバイルアプリのグロースハッキングのApp SamuraiがシリーズAで240万ドル(約2億6500万円)を調達した。2016年に創立されたApp Samurai Groupはモバイルアプリの開発企業の成長とマーケティングを助けるさまざなツールを提供している。 続きを読む

  • 「本気で世界シェア1位を取りにいく」Reproが4年ぶりの増資で約30億円を調達

    「本気で世界シェア1位を取りにいく」Reproが4年ぶりの増資で約30億円を調達

    CE(カスタマーエンゲージメント)プラットフォームを展開するReproは2月13日、複数の投資家を引受先とした第三者割当増資とデットファイナンスを通じて総額で約30億円を調達したことを明らかにした。 続きを読む

  • 国内1200社のMAツール導入・活用を支援するtoBeマーケティングが5.7億円を調達

    国内1200社のMAツール導入・活用を支援するtoBeマーケティングが5.7億円を調達

    企業向けにマーケティングオートメーション(MA)ツールの導入支援サービスを提供するtoBeマーケティングは10月18日、複数の投資家を引受先とした第三者割当増資により総額約5.7億円を調達したことを明らかにした。 続きを読む

  • 約10年の受託開発による知見をSaaS化へ、アプリマーケティング基盤「EAP」運営が1億円調達

    約10年の受託開発による知見をSaaS化へ、アプリマーケティング基盤「EAP」運営が1億円調達

    モバイルアプリプラットフォーム「EAP」を展開するランチェスターは10月3日、XTech Venturesより1億円の資金調達を実施したことを明らかにした。 続きを読む

  • ユーチューバーのCaspar Leeがインフルエンサーマーケティングのプラットホーム立ち上げ

    ユーチューバーのCaspar Leeがインフルエンサーマーケティングのプラットホーム立ち上げ

    ソーシャルメディア上ではインフルエンサーたちがますます力を揮っているが、企業がこれらのスターを起用して製品をプッシュし 続きを読む

  • 成長したスタートアップを潰してしまう「虚栄マーケティング」に手を出すな

    成長したスタートアップを潰してしまう「虚栄マーケティング」に手を出すな

    2014年、私はロケット宇宙船の1階だと自分で思っていた場所に乗り込んだ。Flingは、2014年に急成長したアプリとなり、私は相当気前のいい待遇でその会社のCGO(Chief Growth Officer、最高成長責任者)に抜擢された。今思えば、そこで立ち止まるべきだった。 続きを読む