marketplace

  • Amazonが悪徳業者追放のためビデオ会議で出店業者の身元確認をテスト

    Amazonが悪徳業者追放のためビデオ会議で出店業者の身元確認をテスト

    Amazonは2020年4月26日、ビデオ会議を使って出店業者の身元確認を行う新システムのテストを開始すると発表した。この方法は、自社プラットフォーム上の詐欺対策として出店者の身元確認を行うAmazonの一連の取り組みの中のひとつだ。 続きを読む

  • Dockerがコンテナ化されたソフトウェアのためのマーケットプレースを立ち上げ…それは目下の急成長市場

    Dockerがコンテナ化されたソフトウェアのためのマーケットプレースを立ち上げ…それは目下の急成長市場

    Dockerが今日(米国時間6/21)、シアトルで行われた同社のデベロッパーカンファレンスで、Docker化された検証済みで信頼できるソフトウェアのマーケットプレースDocker Storeの、非公開ベータを発表した。 これは一種のセルフサービス型のポータルで、Dockerのエコシステムを構成するパートナーたちが自分たちのソフトウェアをDockerイメージで公開し配布する(有料or無料)。そしてユーザーはそれらのアプリケーションを、容易にデプロイできる。 続きを読む

  • Googleの極秘プロジェクト、Helpouts、社内テスト中―ハングアウトをベースにしたサービスのeコマース・プラットフォーム

    Googleの極秘プロジェクト、Helpouts、社内テスト中―ハングアウトをベースにしたサービスのeコマース・プラットフォーム

    われわれが得た情報によると、Googleは強力なクラウド・プラットフォームの上にサービスのeコマース・プラットフォームを構築しようと試みているという。 このプロダクトは部内でHelpoutsと呼ばれており、個人や大小の企業がライブ・ビデオを通じてサービスの売買ができる仕組みだという。マーチャント(売り手)と消費者は定期的な番組で、あるいはその都度のオンデマンドのビデオで結びつけられる。マーチャントの評価や支払い管理が可能で、もちろん強力な検索と推薦の機能も用意されるという。 Googleのハングアウトのライブ・ビデオのインフラはさまざまな… 続きを読む

  • 人生の充実は「物」ではなく「活動」のマーケットプレースLifeCrowdから

    人生の充実は「物」ではなく「活動」のマーケットプレースLifeCrowdから

    ロサンゼルスのLifeCrowdは、新進のインキュベータGlobal Accelerator NetworkのメンバーMuckerLabから生まれたサービスで、いろんなイベントや社会的活動のためのマーケットプレースだ。今日(米国時間3/16)から公開ベータに入った同サービスは、いろんなイベントやハプニングや教室、野外行事〜ハイキングなどから良質なものを選んで提供する。対象地域は、地元ロサンゼルスのほかに、サンフランシスコ、サンディエゴ、そしてカリフォルニア州オレンジカウンティ全体だ。 まだ生まれて1か月半だが、協同ファウンダのBong Koh… 続きを読む

  • APIの総合百貨店をねらうMashapeが今日から非公開ベータ–自分のAPIも売れるぞ!

    APIの総合百貨店をねらうMashapeが今日から非公開ベータ–自分のAPIも売れるぞ!

    Mashapeの経歴は、ちょっと変わっている: このイタリア生まれのスタートアップは2年間、母国で出資者を探したが、どこへ行っても断られた。そこで2009年にシリコンバレーに引っ越し、すると、3週間足らずで資金が得られた。わずか$100K(10万ドル)だが、これだけあれば本格的なサービスを構築できる。まさに、粘り勝ちだね。もちろん、優れたアイデアと、対象市場が上昇機運であることも、重要だけど。 みなさんもお気づきと思うけど、このところAPIがブームだ。TwitterのAPIは1日に150億回呼び出されている。昨年のGoogleとFaceb… 続きを読む