Mars Rover

  • オポチュニティ、火星での偉大な探査ミッションを終える

    オポチュニティ、火星での偉大な探査ミッションを終える

    NASAとJPL(ジェット推進研究所)は2月13日、2004年に火星に送られた2台の探査機のうちの1つ「オポチュニティ」の活動が終了したと、特別なプレスカンファレンスにて発表した。 続きを読む

  • 火星探査機、ローバー・キュリオシティーの活動が4周年―NASAがかわいいゲームを発表

    火星探査機、ローバー・キュリオシティーの活動が4周年―NASAがかわいいゲームを発表

    NASAの火星探査車、ローバー、"キュリオシティー"が4歳になった。プレゼントには何がいいだろう? ローバーは水を探しているという。水をプレゼントするのは無理だが、ちょっとしたゲームはお祝いにぴったりだ。JPL、NASAのジェット推進研究所はゲーム開発ができる人材を抱えていたようだ。JPLはかわいい横スクロールゲームでローバーの火星での活動の4周年を祝った。 続きを読む

  • NASA、オポチュニティの誕生日を祝う―火星探査機は12年目を迎えてなお稼働中

    NASA、オポチュニティの誕生日を祝う―火星探査機は12年目を迎えてなお稼働中

    今週、NASAは探査機オポチュニティの火星上での12年目を祝うことになる。驚くべき点は、このマーズ・ローバー探査機は火星の地表で90日だけもつように設計されていたという点だ。 誰一人予期できなかっが、火星の地表の気象が探査機の活動に驚くほど好都合だった。また運営チームが創造性を発揮してソフトウェアにいくつもの改良を加えたことなどにより、NASAは現在もオポチュニティを活動させ、映像を受け取っている。 地球から6ヶ月半の長い旅を経て、オポチュニティは火星大気に突入し、パラシュートを展開、ロケットの逆噴射と底部のエアバッグを併用して地表に安全… 続きを読む

  • 火星探査ロボットCuriosityの着陸成功でNASAがソーシャル・メディアで脚光―モヒカン・ヘアのフライトディレクターもスターに

    火星探査ロボットCuriosityの着陸成功でNASAがソーシャル・メディアで脚光―モヒカン・ヘアのフライトディレクターもスターに

    At 太平洋時間で日曜日の午後10:32、ミニ・クーパー車のサイズのNASAのロボット探査機キュリオシティーが火星のゲイル・クレーターの赤い砂の上に無事着陸した。 NASAこれまでプロジェクトに支持を得るために苦闘してきた。資金繰り苦しむNASAにとって、キュリオシティーの成功は今後の各種プロジェクトの継続のために死活的な重要性があった。 昨夜のキュリオシティーの着陸でNASAにも望みが復活してきた。昨夜 #fundNASA(NASAに資金を提供しよう)というハッシュタグがTwitterで驚くほど広がりを見せたことでNASAはクラウド・ファン… 続きを読む