mcdonalds

  • マクドナルドがApprenteを買収し、ドライブスルーに音声技術を導入

    マクドナルドがApprenteを買収し、ドライブスルーに音声技術を導入

    McDonald’s(マクドナルド)はファストフード体験を再発明すべく、テクノロジー企業の買収にさらに力をいれている。米国時間9月10日、同社は多言語での音声注文を自動する会話エージェントを開発するスタートアップのApprenteを買収したと発表した。 続きを読む

  • 個人化サービスのDynamic Yieldをあのマックが買収、ドライブスルーのメニュー充実へ

    個人化サービスのDynamic Yieldをあのマックが買収、ドライブスルーのメニュー充実へ

    ドライブスルーのメニューをそのときの天候や、お店の混み具合、メニューアイテムのトレンドなどに合わせてカスタム化する。お客がオーダーを始めると、その選択に基づいて追加メニューをおすすめする。 続きを読む

  • マクドナルド、デリバリー客にバーガー絵柄のホームウェアをプレゼント

    マクドナルド、デリバリー客にバーガー絵柄のホームウェアをプレゼント

    McDonaldは北米全域でUberEATSによる配達サービスを提供しているが、薄暗いすみかを15分間離れるエネルギーを蓄える代わりに、デリバリーを頼むことの意味を全面的に享受したいという人のために、ブランド名入りホームウェアのスペシャルコレクションを提供する。そこにはこう書かれている「私はこのオンデマンド・ビッグマックを苦しみとセルフネグレクトの中で手に入れた」。 続きを読む

  • マクド(McDonald’s)の新型店Just For YouをGoogle CardboardのVRコンテンツで仮想体験

    マクド(McDonald’s)の新型店Just For YouをGoogle CardboardのVRコンテンツで仮想体験

    McDonaldには、各時代に合ったMcDonaldがある。そして、このどこにでもあるファストフードチェーンはときどき、時代に合わせて自分を作り変える。1990年代のオーストラリアにはコーヒーショップ的なレストランMcCaféがあり、そして数年前には、Shake Shackとの競合を意識して 、メニューをカスタマイズできるサービス、Create Your Taste(あなたのお味をお作りください)コンセプトを展開した。帽子をかぶったアマチュアレスラーみたいなキャラクター、Hamburglarも登場した。 続きを読む

  • SpotifyベースのSoundtrack Your Brandが米国でサービス開始。McDonald’sとのグローバル提携も同時に発表

    SpotifyベースのSoundtrack Your Brandが米国でサービス開始。McDonald’sとのグローバル提携も同時に発表

    Spotifyが一般顧客向けの会員制サービスのビジネスと、アーティスト向けのサービスを拡大し続けている。それと同時に同社が取り組んでいるのが、ストリーミング音楽のための新しいルートの獲得だ。Spotifyの支援のもとで共同創立された、企業向けの音楽ストリーミングサービスを手掛けるSoundtrack Your Brand(SYB)がサービスを開始する。同時に、同社と巨大なグローバル企業との契約も発表し、このニュースに一層の華を添えた。同社はMcDonald’sにストリーミング音楽を提供し、このファストフード業界の巨大企業が抱え… 続きを読む

  • 米マクドナルド、General Assemblyと提携して社員IT教育プログラムを試行

    米マクドナルド、General Assemblyと提携して社員IT教育プログラムを試行

    McDonald’sは今日(米国時間3/16)South by Southwest会場で、教育訓練サービスのGeneral Assemblyと提携したことを発表した。同社がスタートするパイロットプログラムでは、少数の従業員が、2つのGAコースのうち一つを受講でき、期間中は毎月奨学金を受けられる。 続きを読む

  • Twitter.comのリニューアルで魅力的な仕掛けを施せるようになった企業向けプロフィールページ

    Twitter.comのリニューアルで魅力的な仕掛けを施せるようになった企業向けプロフィールページ

    日本国内でもTwitter.comの新インタフェースが普及してきたようなので、改めて少々前の記事(米国公開12/8)を紹介しておこう。Twiterは米国時間の12月8日、Twitter.comの大規模リニューアルを発表した。日本語版独自記事でも紹介しているように、「繋がり」を見やすくし、また興味をもっていることに関する「発見」機能を強化した。Twitterの機能をより多くの人に理解してもらい、より効率的に使ってもらおうとする狙いだ。 ところで今回のリニューアルにともなって、企業ページについても大きな変更が加えられた。まだリニューアルが反… 続きを読む