医療(用語)

医療に関連する記事一覧

  • レントゲンに代わる低コスト小型スキャナー開発のNanoxが約62億円調達、5G利用で救急車搭載も夢ではない

    レントゲンに代わる低コスト小型スキャナー開発のNanoxが約62億円調達、5G利用で救急車搭載も夢ではない

    イスラエルのスタートアップNanox(ナノックス)はスキャン装置のサイズとコストを抑えるハードウェア、そして画像の質と画像から得られる洞察を高めるソフトウェアでもって、医療画像と画像分析の世界を席巻しようという野心を持っている。 続きを読む

  • インフォームドコンセントを動画で支援するContreaがシード資金調達

    インフォームドコンセントを動画で支援するContreaがシード資金調達

    医師から患者への医療情報提供の支援ツールを開発するCotrea(コントレア)は7月28日、East Venturesからシードラウンドでの資金調達を実施したことを明らかにした。 続きを読む

  • Daybreak Healthが10代向けオンラインメンタルヘルス治療を開始

    Daybreak Healthが10代向けオンラインメンタルヘルス治療を開始

    Y Combinatorが支援するスタートアップのDaybreak Healthは、訓練を受けた10人のメンタルヘルスの臨床医チームと協力し、サンフランシスコ・ベイエリアの高校の十代の若者にメンタルヘルスサポートを行っている。 続きを読む

  • 医薬品の研究開発を支援する鳥取大発スタートアップが伊藤忠と資本業務提携

    医薬品の研究開発を支援する鳥取大発スタートアップが伊藤忠と資本業務提携

    最先端の染色体工学技術をバイオ関連企業に提供する鳥取大学発スタートアップのchromocenter(クロモセンター)は7月13日、伊藤忠商事からの出資受け入れと業務提携を発表した。 続きを読む

  • スマートウォッチに偽の「薬を服用」アラートを送れる脆弱性が発覚

    スマートウォッチに偽の「薬を服用」アラートを送れる脆弱性が発覚

    セキュリティ研究チームによると、高齢者や認知症患者が多く利用しているスマートウォッチに攻撃者が簡単にデバイスの制御を奪える脆弱性があった。 続きを読む

  • ポータブルで超低コストなMRIシステムを開発するベルリン発のDeepSpinがシード資金を調達

    ポータブルで超低コストなMRIシステムを開発するベルリン発のDeepSpinがシード資金を調達

    「次世代AI搭載MRIイメージングマシン」と自らが呼ぶシステムを開発するベルリンを拠点とするスタートアップのDeepSpin(ディープスピン)が、シード資金として60万ユーロ(約7300万円)を調達した。 続きを読む

  • レントゲンに代わる低コストのスキャン装置を開発、富士フイルムなどが出資するイスラエル拠点のNanox

    レントゲンに代わる低コストのスキャン装置を開発、富士フイルムなどが出資するイスラエル拠点のNanox

    医療テクノロジー分野においてはいま、新型コロナウイルス(COVID-19)パンデミックとの戦いに役立つツールやイノベーションに多くの注意が注がれている。 続きを読む

  • 歯のレントゲン分析にAIを活用するOverjetが8.5億円調達

    歯のレントゲン分析にAIを活用するOverjetが8.5億円調達

    歯科医や保険会社が歯のレントゲン写真を理解するのをAIを使ってサポートするOverjetが、米国6月2日にシードラウンドで785万ドル(約8億5000万円)を調達したと発表した。 続きを読む

  • Nuroがトヨタ・プリウスベースの自動運転車と自社製R2配達ロボで米大手薬局チェーンの処方薬を配達

    Nuroがトヨタ・プリウスベースの自動運転車と自社製R2配達ロボで米大手薬局チェーンの処方薬を配達

    Softbank Vision FundやGreylockなどの投資企業から11070億円以上を調達した自律型ロボットのスタートアップNuroは、木曜日、アメリカの大手薬局チェーンCVS Pharmacyと提携して、処方薬の配達試験をヒューストンで行うと発表した。 続きを読む

  • コンプレックスを武器に、美容医療アプリ「トリビュー」はどのようにして生まれたのか

    コンプレックスを武器に、美容医療アプリ「トリビュー」はどのようにして生まれたのか

    2017年、国内で美容医療に関する情報収集がクリニックのHPやSNS上などに限られていたとき、いち早く口コミ・予約アプリ「TRIBEAU」(トリビュー)をローンチさせたのがトリビュー。代表の毛迪(モウ・デイ)氏自身も美容医療を何度か受けており、「ユーザーとして自分も使いたいアプリがほしい」という思いでサービスを開発した。アプリ立ち上げまでの道のりやコロナ禍におけるサービスの展望について話を聞いた。 続きを読む