medicine

  • この腕輪は麻薬の過剰摂取を検出して死を未然に防ぐ

    この腕輪は麻薬の過剰摂取を検出して死を未然に防ぐ

    HopeBandと名付けられた腕輪が、血中の酸素濃度が低いことを感知して、それが急を要するレベルならテキストメッセージとアラーム音を送る。 続きを読む

  • 温度を自己管理するナノ粒子ががん細胞だけを焼き殺して人間には無害

    温度を自己管理するナノ粒子ががん細胞だけを焼き殺して人間には無害

    イギリスのサリー大学と中国の大連工科大学の研究者たちが、加熱されてがん細胞を殺し、自己規制により健康な細胞は焼かない、というナノ粒子を作った。その粒子の温度は摂氏42-45度に上げることができ、がん細胞を殺すには十分である。一定の温度に達したら自分の温度を上げず、健康な細胞に害を与えない。 続きを読む

  • 米FDA、針を使わない血糖値モニターを認可

    米FDA、針を使わない血糖値モニターを認可

    米国食品医薬品局(FDA)が現代科学技術に向けて準備運動している証拠がまた一つ見つかった ―― このたびFDAは、血液サンプル採取のために針を刺す必要ない初の連続血糖値モニターを承認した。 続きを読む

  • 不妊治療関連サービスの市場はいまや30億ドル規模に拡大

    不妊治療関連サービスの市場はいまや30億ドル規模に拡大

    2016年の統計で出産した人の年齢をみると、30歳代の人が初めて20歳代の人を上回ったのだそうだ。高齢出産のリスクについてはさまざまな調査が行われているが、出産の高齢化に伴う「問題」はそれだけではない。CDCの統計によると、アメリカでは8組のうちの1組のカップル(年齢問わず)が、何らかの原因による不妊に悩んでいるのだとのことだ。 続きを読む

  • 医療へのアクセスは、自宅検査サービスから始める方法もある

    医療へのアクセスは、自宅検査サービスから始める方法もある

    ScanaduやCorなど、多くの自宅検査システムが今もFDA(食品医薬品局)の認可を待っている。一方、簡単な検査であれば自宅で採取した検体を検査機関に送ることで実施できる。数多くのスタートアップが、STD(性感染症)や食物アレルギーの検査サービスを提供している。 続きを読む

  • ショーン・パーカーのがん研究所、治療の有効性がわかる血液検査法を発見か

    ショーン・パーカーのがん研究所、治療の有効性がわかる血液検査法を発見か

    ITビリオネアSean Parkerが設立したパーカーがん免疫療法研究所の協力を得た科学者チームは、腫瘍内のPD-1(プログラム細胞死タンパク質-1)経路を標的とする治療が、メラノーマ(悪性黒色腫)患者に有効かどうかを単純な血液検査で判定する方法を発見したと、科学論文誌Natureで発表した。 続きを読む

  • ホウレンソウの葉が血管網の生成を助けるなど再生医療で大活躍

    ホウレンソウの葉が血管網の生成を助けるなど再生医療で大活躍

    あなたがサラダは健康にいいと思っているまさにそのときに、ウースター工科大学の研究者たちは、脱細胞したホウレンソウの葉で、医師が器官を再生するときに必要とする血管網を作れることを発見した。このプロジェクトを専門誌Biomaterialsが特集しており、現状はまだ概念実証の段階だが、その真価は、別のもので前にあった血管系を代行できることを証明した点にある。 続きを読む

  • この小さなワイヤレス水分センサーが熱中症を予妨する

    この小さなワイヤレス水分センサーが熱中症を予妨する

    ノースカロライナ州立大学の研究員らが、ウェアラブルなワイヤレス水分センサーを作った。胸に貼ったパッチや手首に巻いた装置で、喉の乾き具合を知ることができる。 続きを読む

  • もっと簡単に誰もが医者になれるべきだ…医学教育のインターネット化に向かう第一歩BoardVitals

    もっと簡単に誰もが医者になれるべきだ…医学教育のインターネット化に向かう第一歩BoardVitals

    BoardVitalsは、基本的には難問をたくさん集めたレポジトリで、これから医師試験を受ける人たちが勉強のために利用するサイトだ。しかし同社は、医師資格試験を主宰する州の医事委員会(medical board(s))と、そこが行う試験を変えることによって、医学教育そのものを変えたいと願っている。 同社は小額のシード資金を獲得したあと、Rock Creek CapitalからシリーズAで110万ドルを調達した。同社はこれまで3万名あまりの医師を教育し、150の教育機関で利用されている。 続きを読む

  • 紫外線消毒ロボットLittle Moeはエボラウィルスも殺せる

    紫外線消毒ロボットLittle Moeはエボラウィルスも殺せる

    サンアントニオのXenexは、同社の、紫外線パルスを発射するロボットLittle Moeのおかげで、メディアの露出度が急増している。このロボットは、病院の病室などを5分で消毒し、ウィルスもそのDNAを融解して破壊する。下の、かわいらしいニュースビデオを、ご覧いただきたい。 その技術は新しくはない。物の表面に紫外線を当てて、ウィルスのDNAを損傷する。強力なキセノンランプを照射することによって、微生物を貫通し、独特のやり方で損傷を与える、という。。 続きを読む