瞑想 / メディテーション(用語)

瞑想 / メディテーションに関する記事一覧

  • 書く瞑想アプリ「muute」のAndroid版が提供開始、AIが思考と感情を分析しフィードバックとともに支援

    書く瞑想アプリ「muute」のAndroid版が提供開始、AIが思考と感情を分析しフィードバックとともに支援

    ミッドナイトブレックファストは6月7日、「AIが感情と思考を分析しフィードバックをすることで新しい自分を知ることのできる」AIジャーナリングアプリ「muute」(ミュート)について、iOS版に続きAndroid版アプリを公開した(iOS版、Android版)。Android 8.0以上に対応している。 続きを読む

  • ユーザーを維持するのは人とのつながり、瞑想にソーシャル要素を加えるChorus

    ユーザーを維持するのは人とのつながり、瞑想にソーシャル要素を加えるChorus

    瞑想アプリのChorusは2020年3月16日にオンライン体験をローンチした。このタイミングは、運が良かったともいえる。それは奇しくも、地元カリフォルニア州で、7つの自治体の保健所が共同で屋内退避命令を出したのと同じ日だった。 続きを読む

  • マインドフルネス入門に最適、コロナ禍の不安解消やClubhouse疲れにも有効な瞑想アプリ「Calm」をレビュー

    マインドフルネス入門に最適、コロナ禍の不安解消やClubhouse疲れにも有効な瞑想アプリ「Calm」をレビュー

    コロナで日々が不安で眠れない。そんな人も少なくないのではないだろうか。ストレス軽減方法はいくつかあるが、そんな中でも、「今この瞬間に意識を向ける」という概念であるマインドフルネスは、コロナ禍以前から女性を中心に人気であった。スピリチュアルに聞こえがちな瞑想という言葉だが、マサチューセッツ工科大学のジョン・カバット・ジン教授などが、医学的にもストレス軽減効果があると発表し始めたことで、瞑想やヨガは日常生活に取り入れられてきている。 続きを読む

  • 書く瞑想アプリ「muute」がAppStoreのヘルスケア/フィットネス領域で1位獲得、新機能も発表

    書く瞑想アプリ「muute」がAppStoreのヘルスケア/フィットネス領域で1位獲得、新機能も発表

    ミッドナイトブレックファストは1月29日、ユーザーの思考と感情の記録をAIが分析しフィードバックを行う国内初のAIジャーナリングアプリ 「muute」(ミュート。iOS版)が3つの新機能を2⽉中にリリース予定と発表した。また、リリース後約1ヵ月(1⽉7⽇時点)でAppStore ランキングのヘルスケア/フィットネス領域で1位を獲得したと明らかにした。 続きを読む

  • AIが思考と感情を分析するメンタルケア手法「ジャーナリング」を支援するmuuteアプリ

    AIが思考と感情を分析するメンタルケア手法「ジャーナリング」を支援するmuuteアプリ

    ミッドナイトブレックファストは12月9日、ユーザーの思考と感情の記録をAIが分析しフィードバックを行う国初のAIジャーナリングアプリ 「muute」(ミュート。iOS版)の提供開始を発表した。 続きを読む

  • コロナ禍で急成長の瞑想アプリ「Calm」が日本上陸、日本語オリジナルコンテンツも提供開始

    コロナ禍で急成長の瞑想アプリ「Calm」が日本上陸、日本語オリジナルコンテンツも提供開始

    睡眠・瞑想・リラクゼーションなどヘルス・ウェルネス領域アプリ「Calm」は12月9日、日本人ユーザー向け日本語オリジナルコンテンツの提供開始と、日本市場への本格参入を発表した。人々のストレス、不安感、不眠症などメンタルヘルスの世界的問題の解決に力を入れるとともに、日本におけるメンタルフィットネス文化確立を目指す。 続きを読む

  • 瞑想とマインドフルネスのアプリは新型コロナ禍で急成長中

    瞑想とマインドフルネスのアプリは新型コロナ禍で急成長中

    新型コロナウイルスのパンデミックによって、メンタルヘルス、とくに不安や不眠に対処する瞑想に重点を置いたアプリのダウンロード数が急増している。もっとも人気の高いメンタルウェルネス・アプリの上位10作は、2020年4月の合計ダウンロード数が、同年1月も200万件増加し、その月の合計ダウンロード数は1000万件近くに達した。 続きを読む

  • 催眠術で健康に、Mindset Healthの主張に投資家が1.2億円を賭ける

    催眠術で健康に、Mindset Healthの主張に投資家が1.2億円を賭ける

    オーストラリア生まれの兄弟は、スタートアップの世界で成功する能力に自信が持てずに気落ちしていたのだが、父親から催眠療法を試すよう勧められた。それをきかっけに、兄弟はMindset Healthを創設。約1億1800万円の資金を調達した。 続きを読む

  • 不安緩和のためマインドフルネスを無償で提供する瞑想アプリ

    不安緩和のためマインドフルネスを無償で提供する瞑想アプリ

    いったいこの先、どれくらいこの “15 days”(15日間)が続くのかはわからない。率直に言えば、今日が何曜日なのかも曖昧な感じだ。現実と社会を把握する力を皆が失い、それに対処するためのテクノロジーに徐々に向かって行く中で、沢山の瞑想アプリケーションが、屋内避難を続ける人びとの心を落ち着かせるために、無料のコンテンツ提供を始めている。 Headspaceはそのようなプランを提供した最初の企業の1つだ。この人気アプリは、そのプレミアムプランを、パンデミックの中最前線で活動し、最も苦しい仕事で気持ちが疲れ果てている「公… 続きを読む

  • 瞑想アプリでは不十分だった不安症に苦しむ人のためのCalmer You

    瞑想アプリでは不十分だった不安症に苦しむ人のためのCalmer You

    マインドフルネスを超えて、不安症で苦しむ人たちに焦点を当てた新しいアプリCalmer Youがリリースされた。アプリでは瞑想の指導だけでなく、日記、認知行動療法のコースワーク、その他の身体と心の健康のためのコンテンツを組み合わせたアクティビティが提供されている。 続きを読む

  • 瞑想の医学的有効性を証明するためHeadspaceが100億円調達

    瞑想の医学的有効性を証明するためHeadspaceが100億円調達

    瞑想とマインドフルネスのアプリを提供するHeadspaceは、瞑想の医学的な有効性を実証するために資金を調達し、カーネギーメロン大学、カリフォルニア大学サンフランシスコ校、スタンフォード大学などと共同で臨床研究を行う。 続きを読む

  • 瞑想アプリトップ10は2019年に約213億円の売上達成、2018年から52%の増加

    瞑想アプリトップ10は2019年に約213億円の売上達成、2018年から52%の増加

    ミレニアル世代の健康とセルフケアへの脅迫観念が、瞑想アプリの活況へとつながっている。アプリ情報企業のSensor Tower(センサータワー)は、既に2018年の第1四半期に、「セルフケア」アプリのトップ10が約2700万ドル(約29億円)の収益を上げ たと報告していた。これが2019年の終わりになると、その数字はずっと高くなった。Sensor Towerの最新データによれば、2019年に売り上げの多かった瞑想アプリのトップ10(すなわち「セルフケア」アプリのサブセット)の合計は、1億9500万ドル(約213億円)に成長している。これは、前… 続きを読む

  • 眠りを誘う瞑想を促すヘッドバンド「Muse S」が登場

    眠りを誘う瞑想を促すヘッドバンド「Muse S」が登場

    バイオフィードバックで瞑想が強化されるヘッドバンドMuse Softbandに睡眠機能が加わったMuse Sが登場した。専用スマホアプリと連動して、眠りに誘ってくれる。 続きを読む

  • RoomとCalmが約45万円の瞑想用ブースを発売

    RoomとCalmが約45万円の瞑想用ブースを発売

    米国ではメディテーション(瞑想)がブームとなっているが、そんな中でRoomはメディテーション用ブースのCalm Boothを4195ドル(約45万円)で発売した。 続きを読む

  • Elevate Labsの瞑想アプリBalanceは人間のコーチより効果的?

    Elevate Labsの瞑想アプリBalanceは人間のコーチより効果的?

    メンタルフィットネスのスタートアップ、Elevate Labsは、Balanceという新しいモバイルアプリをリリースした。人間の瞑想コーチとの作業体験を再現するように設計されたものだ。 続きを読む

  • モービーの最新アルバムは瞑想アプリのCalm経由のみで発売

    モービーの最新アルバムは瞑想アプリのCalm経由のみで発売

    アルバムの限定販売は今や珍しくない。しかし、モービーの最新作は、世界中のモバイルデバイス経由というちょっと回りくどい形で提供される。 続きを読む

  • CES 2019の主役はメンタルヘルスだった

    CES 2019の主役はメンタルヘルスだった

    先週ラスベガスのコンベンションセンターで行われたCESに数多くの新製品が登場したが、新たな主役となったのはメンタルヘルスだった。 続きを読む

  • 人気瞑想アプリHeadspaceがAlpine.AIの買収でAIを装備へ

    人気瞑想アプリHeadspaceがAlpine.AIの買収でAIを装備へ

    3100万人のユーザーを擁し、評価額3億2000万ドル(約356億円)の瞑想アプリHeadspace(ヘッドスペース)は、他の健康関連商品と差をつけようと、音声認識とAIの技術を倍掛けしようと考えている。同社は本日(米国時間9月4日)、デジタル・アシスタント市場の黎明期から活躍していた企業Alpine.AI(元VoiceLabs)を買収したと発表した。それには、Headspaceの主要アプリの音声による操作を高度化する狙いがある。 続きを読む

  • 悟りもアプリで開ける時代?ーー拡大するマインドフルネスのスタートアップ企業

    インターネットに接続している生活が良いとは限らない。スマホを片手に時間を浪費し、人と接する機会を失い、即座に得られる満足感を求める悪しき習慣ができつつある。そう感じることがあまりにも多い。 この問題を解決できるアプリがあればいいのに。できれば1日中使えて、人間とのやりとりを必要としないのなら尚良い。数分でダウンロードできるのなら言うことなしだ。 ようこそ、マインドフルネスとウエルネスの世界に。ここ1年ほどで投資家が、マインドフルネスや幸福、理想的な精神状態の促進を目的としたアプリやツールの開発を行うスタートアップ企業を支援した数は20以上… 続きを読む

  • Provataが瞑想アプリをローンチ、VR空間でマインドルフネスを実践できる

    Provataが瞑想アプリをローンチ、VR空間でマインドルフネスを実践できる

    VRの利点は一体何か?VRはまだ誕生したばかりであり、この命題の答えは今の所、異世界での体験で人生を良くするといった曖昧なものだ。「格別な没入感」を約束するこのテクノロジーが一般に受け入れられるようになり、メインストリームのものになるかもまだ分からない。 現段階でVRを使ったコンテンツにはいくつかのゲームがあるが、ニッチな層にしか訴求できていないだろう(VRを動かすのにプロ仕様の機材が必要だからだ)。また、実験的で教育コンテンツに近いものもある。 バーチャルツアーや医療セラピー、あるいは他者の目線で物事を体験することにより共感を呼び起こす… 続きを読む