メンタルヘルス

  • 不安緩和のためマインドフルネスを無償で提供する瞑想アプリ

    不安緩和のためマインドフルネスを無償で提供する瞑想アプリ

    いったいこの先、どれくらいこの “15 days”(15日間)が続くのかはわからない。率直に言えば、今日が何曜日なのかも曖昧な感じだ。現実と社会を把握する力を皆が失い、それに対処するためのテクノロジーに徐々に向かって行く中で、沢山の瞑想アプリケーションが、屋内避難を続ける人びとの心を落ち着かせるために、無料のコンテンツ提供を始めている。 Headspaceはそのようなプランを提供した最初の企業の1つだ。この人気アプリは、そのプレミアムプランを、パンデミックの中最前線で活動し、最も苦しい仕事で気持ちが疲れ果てている「公… 続きを読む

  • 瞑想アプリでは不十分だった不安症に苦しむ人のためのCalmer You

    瞑想アプリでは不十分だった不安症に苦しむ人のためのCalmer You

    マインドフルネスを超えて、不安症で苦しむ人たちに焦点を当てた新しいアプリCalmer Youがリリースされた。アプリでは瞑想の指導だけでなく、日記、認知行動療法のコースワーク、その他の身体と心の健康のためのコンテンツを組み合わせたアクティビティが提供されている。 続きを読む

  • Redditが精神的に追いつめられた人をサポートするメンタルヘルスのCrisis Text Lineと提携

    Redditが精神的に追いつめられた人をサポートするメンタルヘルスのCrisis Text Lineと提携

    意見を交わすためのウェブサイトで、何千ものコミュニティを擁するRedditは今週、メンタルヘルスサービスのCrisis Text Lineと新たに提携したことを発表した。 続きを読む

  • 瞑想の医学的有効性を証明するためHeadspaceが100億円調達

    瞑想の医学的有効性を証明するためHeadspaceが100億円調達

    瞑想とマインドフルネスのアプリを提供するHeadspaceは、瞑想の医学的な有効性を実証するために資金を調達し、カーネギーメロン大学、カリフォルニア大学サンフランシスコ校、スタンフォード大学などと共同で臨床研究を行う。 続きを読む

  • 2020年版メンタルヘルステックカオスマップをemolが公開

    2020年版メンタルヘルステックカオスマップをemolが公開

    AIとのチャットを利用した個人向けの感情ログアプリ「emol(エモル)」や法人向けのメンタルケアプラットフォーム「emol work(エモルワーク)」を提供するemolは1月14日、「国内メンタルヘルステックカオスマップ 2020年版」を公開した。 続きを読む

  • メンタルヘルスのスタートアップeQuooのアプリが英国国保公認に

    メンタルヘルスのスタートアップeQuooのアプリが英国国保公認に

    英国のメンタルヘルスのスタートアップeQuooは、英国の国民健康保険公認のアプリライブラリに唯一のゲームとして登録された。ゲームは健康的な心理スキルを教える感情フィットネスのためのもので、シード資金調達ラウンドも間もなく完了する予定。 続きを読む

  • 社員1人1人に適したメンタル向上プログラムを提供する「emol work」のベータ版公開

    社員1人1人に適したメンタル向上プログラムを提供する「emol work」のベータ版公開

    emolは12月2日、従業員のメンタルケアを通じて組織の生産性向上をサポートする法人向け新プロダクト「emol work」のベータ版をリリースした。 続きを読む

  • Pinterestに心の健康のためのアクティビティが表示される

    Pinterestに心の健康のためのアクティビティが表示される

    Pinterestのユーザーが気持ちが落ち込んでいるかのような言葉を検索すると、深呼吸など心の健康を取り戻すためのアクティビティが表示されるようになる。 続きを読む

  • 英ハリー王子がApple TV+向け番組を制作、メンタルヘルスを話題に

    英ハリー王子がApple TV+向け番組を制作、メンタルヘルスを話題に

    先月正式に発表されたAppleの来たるストリーミングサービスApple TV+にビッグネームが加わった。英国のハリー王子だ。 続きを読む

  • スクウェア・エニックスも利用、職場向けメンタルヘルス・プラットフォーム「Unmind」

    スクウェア・エニックスも利用、職場向けメンタルヘルス・プラットフォーム「Unmind」

    「この社会におけるメンタルヘルスのサポートは不十分だ、特に職場では」そう話すのはイギリスのメンタルヘルス領域のスタートアップUnmind(アンマインド)の共同創始者でCEOのニック・テイラー。彼は臨床心理士でもある。 続きを読む

  • CES 2019の主役はメンタルヘルスだった

    CES 2019の主役はメンタルヘルスだった

    先週ラスベガスのコンベンションセンターで行われたCESに数多くの新製品が登場したが、新たな主役となったのはメンタルヘルスだった。 続きを読む

  • MITの研究者たちが、ニューラルネットワークにうつ病の検知方法を教えている

    MITの研究者たちが、ニューラルネットワークにうつ病の検知方法を教えている

    MITの研究者たちによる新しい技術は、患者が書いた文章や口頭での反応を分析することで、うつ病を検知することができる。MITのCSAILグループによって開発が始まったこのシステムは「ニューラルネットワークモデルを使用することで、生のテキストやインタビューの音声から、うつ病を示すパターンを発見することができる」のだ。 続きを読む

  • Provataが瞑想アプリをローンチ、VR空間でマインドルフネスを実践できる

    Provataが瞑想アプリをローンチ、VR空間でマインドルフネスを実践できる

    VRの利点は一体何か?VRはまだ誕生したばかりであり、この命題の答えは今の所、異世界での体験で人生を良くするといった曖昧なものだ。「格別な没入感」を約束するこのテクノロジーが一般に受け入れられるようになり、メインストリームのものになるかもまだ分からない。 現段階でVRを使ったコンテンツにはいくつかのゲームがあるが、ニッチな層にしか訴求できていないだろう(VRを動かすのにプロ仕様の機材が必要だからだ)。また、実験的で教育コンテンツに近いものもある。 バーチャルツアーや医療セラピー、あるいは他者の目線で物事を体験することにより共感を呼び起こす… 続きを読む

  • Facebookの自殺防止ツールが多言語化、プライバシー保護とのバランスが難しい

    Facebookの自殺防止ツールが多言語化、プライバシー保護とのバランスが難しい

    Facebookが、その自殺防止ツールをアップデートし、今それを全世界で利用できるようにしている。 友だちからの投稿が自損行為や自殺を示唆していたら、このツールを使って警告/警報できる。前は英語のみで、そのほかのユーザーは特定のフォームを使う必要があった。しかしアップデートされたツールでは、その過程が迅速になり、そして簡単になった。 続きを読む

  • 研究結果:Facebookは鬱病の原因になりうる

    研究結果:Facebookは鬱病の原因になりうる

    ミズーリ大学コロンビア校の研究者らは、Facebook友達をうらやむ気持ちが鬱病の原因になるという、一部の人々をためらわせる調査結果を得た。学生700人を対象に調査した結果、「調査的利用」 ― 自分の生活を友達と比べるためにサイトを閲覧する ― をする人々は、単に友達や家族とのふれあいに使っている人々と比べて、鬱病の症状を起こしやすかった。 続きを読む