メンタルヘルス(用語)

メンタルヘルスに関連する記事一覧

  • ジャーナリングが可能な書く瞑想アプリmuuteによる学校共同プロジェクトがスタート、第1弾は9校の中高生約200人が参加

    ジャーナリングが可能な書く瞑想アプリmuuteによる学校共同プロジェクトがスタート、第1弾は9校の中高生約200人が参加

    AIジャーナリングアプリ「muute」を開発・運営するミッドナイトブレックファストは1月11日、生徒の自己理解力の促進やメンタルヘルス向上を目的とする学校共同プロジェクト「mutte for school β」の開始を発表した。第1弾として北海道、東京、静岡、大阪、高知から9校の中学校・高校より約200人が参加する。 続きを読む

  • Headspace HealthがAIを活用したメンタルヘルス・ウェルネス企業Sayanaを買収

    Headspace HealthがAIを活用したメンタルヘルス・ウェルネス企業Sayanaを買収

    Headspace Health(ヘッドスペース・ヘルス)は、AIを活用したメンタルヘルスとウェルネスの企業であるSayana(サヤナ)を非公開の金額で買収した。Headspace Healthは、サンフランシスコに拠点を置く同社を買収することで、ユーザーにパーソナライズされたセルフケアを提供する能力を拡大するとしている。今回の買収は、HeadspaceとGinger(ジンジャー)が昨年合併し、評価額30億ドル(約3440億円)のHeadspace Healthが設立されたことによるものだ。この合併により、Gingerのセラピーとコーチング… 続きを読む

  • メンターシップを通じて女性が技術職として活躍できることを目指すTupu.io

    メンターシップを通じて女性が技術職として活躍できることを目指すTupu.io

    Xata.ioの共同創業者でCEOのモニカ・サルブ氏は、ハイテク企業で15年以上の勤務経験がある。彼女が働いていた組織の中では、自分の道を切り開いてくれるメンターはいなかったが、女性や歴史的に過小評価されてきた人たちが自分の道を見つけるのに苦労している様子を目の当たりにしていた。 続きを読む

  • 技術系スタートアップが在宅勤務のソフトウェア開発者を大切に扱うための5つのヒント

    技術系スタートアップが在宅勤務のソフトウェア開発者を大切に扱うための5つのヒント

    私はテック業界がいかに精神的に良好な状態を保つのが難しい場所であるかを考えていた。特に、前例のない状況でのリモートワークは、困難な状況をさらに悪化させる可能性がある。10年以上にわたってテクノロジー業界でリモートワークをしてきた者として、今回はペースの速い技術系スタートアップ企業がソフトウェア開発の人材を大切に扱うためのヒントを紹介したい。 続きを読む

  • TikTokをモデレーターが提訴、生々しい動画の審査業務が精神的トラウマに

    TikTokをモデレーターが提訴、生々しい動画の審査業務が精神的トラウマに

    集団訴訟の中で、TikTokのモデレーターであるキャンディー・フレイジャー氏はこれまで、暴力、学校での銃撃、致命的な転落、さらにはカニバリズムなどが映っている動画をスクリーニングしたと述べている。「(結果)原告は睡眠障害に悩み、眠れた時には恐ろしい悪夢にうなされています」と訴状には記されている。 続きを読む

  • 【コラム】非営利団体にはソーシャルメディアを改善する答えがあり、ビッグテックにはそれを実現するリソースがある

    【コラム】非営利団体にはソーシャルメディアを改善する答えがあり、ビッグテックにはそれを実現するリソースがある

    ソーシャルメディアがメンタルヘルスに与える影響についての議論は目新しいものとはいえないが、この秋、Facebookが自社プラットフォームの10代向けのメンタルヘルスに対する悪影響を十分に認識していたことを示唆していた報告が出されたことで、議論は再び世界の注目を取り戻した。 続きを読む

  • TikTokは「レコメンド」フィード多様化のため避けたいトピックを選択可能にする予定

    TikTokは「レコメンド」フィード多様化のため避けたいトピックを選択可能にする予定

    TikTokは米国時間12月6日、アルゴリズムによるオススメを活用した短編動画アプリのメインフィードである「For You」フィードに、新しいアプローチをとることを発表した。同社はすでに、アプリ内でのユーザーのエンゲージメントパターンに基づいて動画を提案するアルゴリズムの仕組みを詳しく説明しているが、特定のコンテンツカテゴリーがたくさん提案されることが「問題」になる可能性を認めている。 続きを読む

  • 男性のポルノ断ちもサポート、あらゆるデジタル依存症を克服するツールを英Remojoが開発

    男性のポルノ断ちもサポート、あらゆるデジタル依存症を克服するツールを英Remojoが開発

    男性のセクシャルヘルスをテーマにしたスタートアップが数年前から活発な動きを見せている。初期のテックビジネスには、勃起不全などの健康問題を治療するための医薬品への(より簡単な)アクセスを提供することを目的とするものや、抜け毛を減らしたり性欲を高めたりすることを謳ったホルモン検査やオーダーメイドのビタミン剤を提供するものもあったが、最近では男性のメンタルヘルスにも関心が向けられるようになった。 続きを読む

  • 現実世界への影響とポジティブな変化に焦点を当てたソーシャルアプリ「Alms」

    現実世界への影響とポジティブな変化に焦点を当てたソーシャルアプリ「Alms」

    多くのスタートアップが、より良いソーシャルアプリとはどのようなものかを試行錯誤している。Almsというスタートアップの場合、その答えは、個人の成長や持続可能性など、ポジティブな影響を与えるクリエイター主導のチャレンジに参加することで、ユーザーのウェルビーイングに焦点を当てるソーシャルネットワークだ。 続きを読む

  • 英国のメンタルヘルス企業iesoが10年間も蓄積した患者セラピスト間のテキストを武器に約60.9億円調達

    英国のメンタルヘルス企業iesoが10年間も蓄積した患者セラピスト間のテキストを武器に約60.9億円調達

    英国を拠点とするデジタルセラピー企業ieso(イエソ)は、火曜日(米国時間11月23日)に5300万ドル(約60億9600万円)のシリーズBラウンドを発表した。このラウンドは、より直感的な自律型テキストセラピーを実現するという、まったく新しい方向に進むために同社が必要とする資金だ。つまり、何千時間もの現実世界でのセラピーに基づいて訓練されたAIが、チャットでパーソナライズされたセッションを提供できるということだ。 続きを読む