metaps

  • メタップスとLOCUSが業務提携、ゲーム向けの動画制作から分析までをワンストップにした「LOOP」を提供

    メタップスとLOCUSが業務提携、ゲーム向けの動画制作から分析までをワンストップにした「LOOP」を提供

    アプリ収益化プラットフォームの「metaps」や手数料無料の決済サービス「SPIKE」などを提供するメタップスが、動画制作・マーケティング支援を行うLOCUSと業務提携を行うと発表した。4月26日より、企画や制作から解析、その後の評価までワンストップで提供する動画コンサルティングサービス「LOOP(ループ)」を共同で展開する。 続きを読む

  • 動画広告とテレビCMの効果を統合的に分析、メタップスが新サービス

    動画広告とテレビCMの効果を統合的に分析、メタップスが新サービス

    8月28日に上場したメタップスが、上場後初となる新サービス「Metaps Video Analytics」を発表した。 Metaps Video Analyticsは動画広告のアナリティクスサービスだ。最大の特徴は動画広告の効果測定と、テレビCMの効果測定を統合して分析できる点。メタップスでは広告代理店からテレビ視聴率データの提供を受けており、これとスマートフォン向け動画広告の効果分析を統合的に分析することで、例えばスマホ向けの動画広告とテレビCMの効果を比較したり、その相乗効果を調べたりということが可能になるという。 続きを読む

  • アプリ分析サービスや決済サービスを手がけるメタップス、8月28日にマザーズ上場

    アプリ分析サービスや決済サービスを手がけるメタップス、8月28日にマザーズ上場

    アプリ分析サービスを中心に事業を展開するメタップスが7月24日、東京証券取引所マザーズ市場への新規上場申請を実施し承認された。上場日は8月28日。同社は上場にともない115万2000株を公募し、157万8000株を売出す。オーバーアロットメントによる売出しは27万3000株。主幹事証券会社はSMBC日興証券。価格の仮条件決定日は8月12日。ブックビルディング期間は8月13日〜8月19日まで。公開価格決定日は8月20日。 続きを読む

  • カード決済だけやるのではなく、金融システムを作りたい—メタップスが電子マネーを提供する理由

    カード決済だけやるのではなく、金融システムを作りたい—メタップスが電子マネーを提供する理由

    2月に43億円の資金調達を実施し、人工知能によるデータ解析を元にしたアプリの分析・広告配信事業を展開しているメタップス。今では広告のほかに宇宙やロボット、オンライン決済などの事業を展開している。 そのオンライン決済プラットフォームである「SPIKE(スパイク)」に関するアップデートがあった。メタップスは6月2日、SPIKE上でプリペイド型電子マネー「SPIKEコイン」の提供を開始したことを発表した。 続きを読む

  • メタップスが今度はロボット領域に進出、ユカイ工学と組んで開発者のマネタイズ支援

    メタップスが今度はロボット領域に進出、ユカイ工学と組んで開発者のマネタイズ支援

    決済、人工知能と新しい領域に次々と進出しているメタップスだが、今度はロボット開発者向けのマネタイズ支援プラットフォーム「Metaps Robotics」を提供するという。これに先駆けて4月7日、ユカイ工学との業務提携を発表した。 国内でもハードウェアやIoT関連のスタートアップが徐々に立ち上がっているが、メタップスでは開発者のマネタイズには課題があると説明。そのマネタイズを支援する開発社向けのプラットフォームを今夏以降提供していくという。 続きを読む

  • メタップスが43億円の資金調達——人工知能でウェラブルのデータ解析、金融領域にも注力

    ここ数日、一部の起業家や投資家の間で話題となったメタップスのコーポレートサイト。同社の資本金がこれまでの9億4753万円から50億6368万円(資本準備金含む)に増加していたのだ。その詳細が明らかになった。日経新聞の報道でもあるとおり、同社は第三者割当増資などで合計43億円の資金調達を実施したという。直近では2014年7月にgumiが50億円の資金調達を実施しているがそれに次ぐ金額となる。 増資の引受先に関しては公開していないが、米シリコンバレーのベンチャーキャピタルのほか、国内事業会社などが中心で、今後事業提携などを通じて随時公開して… 続きを読む

  • 手数料無料の決済サービス「SPIKE」、いよいよオープンベータ版を公開

    手数料無料の決済サービス「SPIKE」、いよいよオープンベータ版を公開

    2013年にメタップスが発表した手数料無料の決済サービス「SPIKE」が本格始動する。4月14日より日本でオープンベータ版の利用が可能になる。 SPIKEでは、無料と有料の2つのプランを用意する。個人事業主や小規模事業者向けの「フリープラン」は、初期費用、月額費用、決済手数料が無料。月間100万円までの決済が利用できる。今後は月間の決済上限額を引き上げていき、最終的に完全無料での提供を目指すという。 続きを読む

  • 日本人は世界一アプリにお金を払う人種? 1,000万ダウンロード分析して気付いた日本と海外の違い

    日本人は世界一アプリにお金を払う人種? 1,000万ダウンロード分析して気付いた日本と海外の違い

    編集部註:この寄稿はAndroidアプリ向けのリワード広告プラットフォームを提供するメタップスの代表取締役CEOの佐藤航陽氏によるものだ。メッタップスはシンガポールにも拠点を置き、海外向けにも事業を展開している。 先週、メタップスで展開するアプリ収益化プラットフォームに参加しているAndroidアプリのダウンロード数が、世界で累計1,000万を超えました。昨年の8月からサービスを開始して約1年が立ちましたが、2012年に入ってからはよりアプリ市場の急激な盛り上がりを感じています。 シンガポール・東京・シリコンバレー・香港でAndroidア… 続きを読む

  • モバイルリワード広告のメタップスが昨年末の3.3億円に続いて1.1億円の資金調達を完了

    モバイルリワード広告のメタップスが昨年末の3.3億円に続いて1.1億円の資金調達を完了

    スマートフォンの広告ビジネスについては先日も伝えているようにいろんな場面で賑わいを見せている。そして今日また大きな資金調達をスタートアップ企業が発表している。広告を見てアプリをインストールしたユーザーにバーチャル通貨などの報酬を与えるリワード広告のサービスを提供するメタップスが、昨年末に3.3億円の資金調達にひき続いて新たに1.1億円の資金調達を完了させたことを発表した。総額4.4億円のシリーズAラウンドがこれで終了することになる。 メタップスは2007年9月創業で(当時の社名はイーファクター)、当初はコミュニティサービスを手がけていた… 続きを読む