MFS

  • 住宅ローン借り換え支援のMFSが3.3億円調達、BtoBtoC型サービス開始でユーザーリーチ拡大めざす

    住宅ローン借り換え支援のMFSが3.3億円調達、BtoBtoC型サービス開始でユーザーリーチ拡大めざす

    住宅ローンの借り換え支援サービス「モゲチェック」を提供するMFSは3月30日、YJキャピタルとゴールドマン・サックスを引受先とする第三者割当増資を実施した。調達総額は3億3000万円だ。 続きを読む

  • 住宅ローン借り換えで平均480万円節約――「モゲチェック」が2.5億円調達

    住宅ローン借り換えで平均480万円節約――「モゲチェック」が2.5億円調達

    住宅ローンの借り換えサービスなどを展開するMFSは8月28日、オプトベンチャーズとグロービス・キャピタル・パートナーズを引受先とした第三者割当増資を実施した。調達金額は2億5000万円だ。 同社は今回調達した資金を利用して、新サービスの開発、人員拡大、マーケティングの強化、全国対応のオペレーション構築に注力するとしている。 続きを読む

  • 住宅ローンいくらまで借りれる? 10項目による自動診断をMFSが開始

    住宅ローンいくらまで借りれる? 10項目による自動診断をMFSが開始

    住宅ローンの借換サービス「モゲチェック」でスタートした日本のFintechスタートアップのMFSが今日、新たなサービス「モゲスコア」を開始した。ユーザーの収入状況やその安定性を判断するための重要な10項目(年収、勤続年数および家族構成など)から信用力を判断してスコアを算出する。同時に信用力に応じた適用金利の目安も提示する。 続きを読む

  • 住宅ローン借換「モゲチェック」のMFSがシリーズAで2億円を調達

    住宅ローン借換「モゲチェック」のMFSがシリーズAで2億円を調達

    住宅ローン借換サービスを提供するFintechスタートアップのMFSが今日、グロービス・キャピタル・パートナーズからシリーズBラウンドとして、8.5億円のバリュエーションで総額2億円の資金調達をしたことを発表した。黒字化が見えてきた東京・京橋の1号店に続いてリアル店舗展開や人材採用を加速する。 続きを読む

  • 住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」のMFSがマネックスなどから9000万円の資金調達

    住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」のMFSがマネックスなどから9000万円の資金調達

    日本初の住宅ローン借り換えアプリとして6月に紹介した「モゲチェック」を提供するFintechスタートアップのMFSが、マネックスベンチャーズ、電通デジタル・ホールディングス、電通国際情報サービス(ISID)の3社から総額で約9000万円の資金を調達したとTechCrunch Japanに明らかにした。Fintechの、それもかなり特化型のアプリだから当然とも言えるかもしれないけど、いわゆる純粋なVCからの調達ではなく、事業会社とそのVCからの資金調達である点が興味深い。 続きを読む