Microsoft Ignite 2019

  • 新しいEdgeにはマイクロソフトの大きな思いが込められている

    新しいEdgeにはマイクロソフトの大きな思いが込められている

    Microsoft(マイクロソフト)は、ChromiumベースのEdgeブラウザーに、いくつかの大きな目標を掲げている。Edge担当副社長Chuck Friedman(チャック・フリードマン)氏は、Edgeで10億人のユーザーを確保したいと考えている。 続きを読む

  • マイクロソフトが会議室管理サービスを開始

    マイクロソフトが会議室管理サービスを開始

    マイクロソフトは、会議室の管理サービスを提供する。このサービスは、Managed Meeting Rooms(マネージド・ミーティング・ルーム)と呼ばれ、費用は1室につき50ドルから。ソフトウェアを最適化して、ビデオ/音声ベースの会議を簡単に開始できるようにしただけでなく、ハードウェアの動作も監視して問題を解消することができる。 続きを読む

  • Microsoft TeamsにYammerとの統合やセキュアなプライベートチャネルなどの新機能

    Microsoft TeamsにYammerとの統合やセキュアなプライベートチャネルなどの新機能

    マイクロソフトはYammerをMicrosoft Teamsに統合すると発表した。YammerはOutlookにも組み込まれ、Teamsにはほかにも多くの新機能が追加される。 続きを読む

  • マイクロソフトが共同編集ツール「Fluid Framework」の公開プレビューを開始

    マイクロソフトが共同編集ツール「Fluid Framework」の公開プレビューを開始

    今年前半にMicrosoft(マイクロソフト)が開催したデベロッパーカンファレンスのBuildで、最も興味深く、そして最もわかりづらかったニュースのひとつが、同社のFluid Frameworkの初めての一般公開のデモだった。 続きを読む

  • Cortanaはユーザーの個人秘書になってメールも読んでくれる

    Cortanaはユーザーの個人秘書になってメールも読んでくれる

    マイクロソフトはCortanaを、個人の生産性を向上させるアシスタントにしたいと考えている。最初は、iOS用Outlookで、同社独自のテキスト読み上げ機能を使ってメールを読んでくれる機能が実装される。来月からは会議のコーディネーションも可能となる。 続きを読む

  • Microsoft AzureがFarmBeatsのプレビュー版を公開し農業テックに参入

    Microsoft AzureがFarmBeatsのプレビュー版を公開し農業テックに参入

    マイクロソフトがAzure FarmBeatsのパブリックプレビュー版を公開した。FarmBeatsは、センサー、衛星、ドローン、気象観測などさまざまなデータから農家に知見を提供しようとするサービスだ。 続きを読む

  • Excelに自然言語で質問できるようになった

    Excelに自然言語で質問できるようになった

    今日(米国時間11/4)MicrosoftはExcelを改訂し、旧態依然のスプレッドシートアプリに自然言語を導入したことを発表した。現在新機能を利用できるのはOffice Insidersのみで、人間に対するのと同じようにExcelに話しかけることができるもので、質問を書かなくても答が得られるようになるという。 続きを読む

  • ウェブ版のVisual Studioが試用可能に

    ウェブ版のVisual Studioが試用可能に

    Microsoft(マイクロソフト)は今年のデベロッパーカンファレンスことBuildで、Visual Studio IDEのウェブ版を開発中だと発表した。当時、Visual Studio Onlineは一部のディベロッパー向けにプライベート・プレビューとして公開されていた。そして今回のIgniteカンファレンスで、同社はこのサービスを試用したいすべてのデベロッパーに公開した。 続きを読む

  • 新プライバシー機能搭載のChromiumベースのEdgeブラウザが1月15日に公開

    新プライバシー機能搭載のChromiumベースのEdgeブラウザが1月15日に公開

    Microsoft(マイクロソフト)は米国時間11月4日、ChromiumベースのEdgeブラウザが1月15日に一般公開され、Insiderプログラム向けのベータ版となるWindowsとmacOSのリリースがダウンロード可能になったと発表した。 続きを読む