Microsoft-Office

  • マイクロソフトの「Windows Virtual Desktop」は複数のWindows 10セッションを動かせる

    マイクロソフトの「Windows Virtual Desktop」は複数のWindows 10セッションを動かせる

    米国時間3月20日から、エンタープライズユーザーなら誰でも「Windows Virtual Desktop」を使ってAzureのクラウドでホストされる仮想のWindows 10デスクトップがどんなものか試すことができる。 続きを読む

  • Office 2019が出たけど今やMicrosoft Officeの最良の機能はOffice 365にある

    Office 2019が出たけど今やMicrosoft Officeの最良の機能はOffice 365にある

    Microsoftが今週、WindowsとmacOS用のOffice 2019をリリースした。それは、この生産性スイートの、サブスクリプション型(有料会費制)ではないタイプの、定例の最新アップデートだ。言い換えるとそれは、あなたが10年前にOffice Depotで買ったシュリンクラップ(収縮包装)のOfficeと同じ種類のOfficeだ。でも今やそれは、Microsoftがあなたに買ってほしいと思っているOfficeではない。あなた自身も、買いたくないかもしれない。なぜなら現時点では、Office 2019は一種の限定バージョンであり、そ… 続きを読む

  • GoogleドライブでOffice文書/PDF/画像にコメントできるようになった

    GoogleドライブでOffice文書/PDF/画像にコメントできるようになった

    本日(米国時間2/7)GoogleはGoogle Driveのアップデートを公開し、G SuiteとMicrosoft Officeが混在する職場や組織で、同僚や顧客との共同作業を便利にする機能を追加した。 続きを読む

  • Microsoft OfficeのiPhoneアプリ(Word, Excel, PP)では手書き文字や図形を描ける…強調用に使えるかも

    Microsoft OfficeのiPhoneアプリ(Word, Excel, PP)では手書き文字や図形を描ける…強調用に使えるかも

    仕事用の文書が指で書いた落書きみたいでもよい、という会社はどこにもない。だからiPhoneのOfficeアプリのデフォルトの入力方法を手書きにしている人はいない。でも、おもしろい箇所を強調したり、簡単に注記を書きたいときには、手書きが便利かもしれない。 そこで今日App Storeに登場したWordとExcelとPowerPointのアップデートでは、そんな手書き機能が導入された。そのためには、上図にあるような”Draw”タブ(アクセスに数クリックを要する)をクリックするとシンプルなページレイアウトになるので、その… 続きを読む

  • Trelloに対抗、Microsoftの新たなプロジェクト管理ツール「Planner」が正式ローンチ

    Trelloに対抗、Microsoftの新たなプロジェクト管理ツール「Planner」が正式ローンチ

    Microsoft Officeのラインナップに、 新たな仲間が加わった。Microsoft Plannerだ。これは仕事の計画を視覚的に整理するためのソフトウェアで、タスクのアサイン、ファイル共有、チャットなどチームが協働するための機能を備えている。昨年の秋に初めて概要が紹介されたこのアプリは、プロ向けソフトウェアであるAtlassianのJIRA CoreやTrello、Asanaといったスタートアップが提供する簡単に使えるツールがひしめく分野へと参入する。 続きを読む

  • プログラミング不要、ドラッグ&ドロップでビジネスアプリケーションを作れるMicrosoftのPowerAppsツールが公開プレビュー

    プログラミング不要、ドラッグ&ドロップでビジネスアプリケーションを作れるMicrosoftのPowerAppsツールが公開プレビュー

    Microsoft PowerAppsを使えば、誰もがベーシックなビジネスアプリケーションを作れる。プログラミングの能力は、必要ない。そのアプリケーションは、Web上やモバイルで使える(後者はiOSやAndroid用のPowerAppsアプリを使う)。Microsoftはこのプロジェクトの最初の非公開プレビューを昨年11月に発表したが、今日から(米国時間4/29)は、誰もがそれを試用できる。 続きを読む

  • Microsoft、Androidスマートフォン向けOfficeアプリケーションを公式リリース

    Microsoft、Androidスマートフォン向けOfficeアプリケーションを公式リリース

    MicrosoftがOffice for Android phoneの公式リリースをアナウンスした。プレビュー版のリリースから5週間で正式版に進化した形だ。このたびリリースされたのはWord、Excel、およびPowerPointのAndroid Phone版だ。これによりiOSデバイス、Windows、OS X、そしてAndroidタブレットに続いてOfficeを正式に利用できる環境が整ったことになる。 続きを読む

  • Microsoftのオープン化さらに進む―iOS版OfficeからiCloud、Boxへのアクセスを提供

    Microsoftのオープン化さらに進む―iOS版OfficeからiCloud、Boxへのアクセスを提供

    Microsoftは、最近のDropboxとの統合に続いて、今日(米国時間2/17)、Officeソフトと新たなサードパーティーのクラウドサービスとの連携を発表した。手始めとして、iOS版OfficeがiCloudとBoxに直接アクセスできるようになる。これはOfficeのファイル選択機能とiOSのクラウド上に保存されたファイルにアクセするス機能を連携させることによって 実現された。 続きを読む

  • Google DocsがMicrosoft Wordの変更記録機能をサジェスト編集でサポート、Wordとの互換性がアップ

    Google DocsがMicrosoft Wordの変更記録機能をサジェスト編集でサポート、Wordとの互換性がアップ

    Googleは今月初めに行ったデベロッパカンファレンスGoogle I/Oで、同社の生産性アプリケーションのスイート…DocsとSheetsとSlides…の大型アップデートを発表した。そのときのメインフィーチャはQuickOfficeの統合で、これによりMicrosoft Officeのドキュメントをオンラインで容易に編集できるようになった。今日(米国時間7/25)Googleは、それらのアップデートの一部をブログ記事で再び紹介するとともに、WordからDocsへの移行をなお一層容易にする新たな仕組みを、Google Docsに導入した。… 続きを読む

  • Microsoft、iPad版Officeを発表―マルチプラットフォームに舵を切る

    Microsoft、iPad版Officeを発表―マルチプラットフォームに舵を切る

    今朝(米国時間3/27)、Microsoftはサンフランシスコでプレスイベントを開催し、Office for iPadを発表した。同時に、エンタープライズがWindows以外のプラットフォームでOfficeを管理するのを助けるためのさまざまなツールも公開された。 この動きは予期されたことではあったが、Microsoft社内でこれまで絶対の権威を誇っていたWindowsのヘゲモニーが失われつつあるという観測を裏付けるものだ。 イベントの終わりで、新CEOのサトヤ・ナデラはWindows環境に専念することと他のプラットフォームをサポートすることの… 続きを読む

  • CloudOn 4.0でMicrosoft OfficeがAndroid携帯にやってくる

    CloudOn 4.0でMicrosoft OfficeがAndroid携帯にやってくる

    CloudOnは、iOS(スマートフォン/タブレット)とAndroid(タブレットのみ)からMicrosoft Officeにアクセスできるアプリだが、今日(米国時間2/21)からはAndroidのスマートフォンでもOfficeの文書を作る・見る・編集する・共有するができるようになる。 CloudOnによると、現在そのアプリのダウンロード数は平均して月に54000回だ。これまでで最高の日は、昨年の12月20日の9万回あまりだった。 ファイルに生じたアクティビティをニューズフィード的に教えてくれるFileSpaceもアップデートされた。知らせ… 続きを読む

  • Microsoft SkyDrive上の文書はOffice Web Appsのアカウントのない人でも見たり編集できる

    Microsoft SkyDrive上の文書はOffice Web Appsのアカウントのない人でも見たり編集できる

    Microsoft Office Web AppsのSkyDriveの新たな機能により、これからは文書の共有や編集を、Microsoftのアカウントのない者でもできるようになる。 ユーザが自分のアカウントからエディットリンクを共有すると、それをもらった人も文書を編集できるようになる。 続きを読む

  • Microsoftは2014年にOfficeのLinuxバージョン提供か–新戦略としてのオープンソース化

    Microsoftは2014年にOfficeのLinuxバージョン提供か–新戦略としてのオープンソース化

    いよいよ、大きな時代の変わり目だ。MicrosoftがOfficeのLinuxバージョンを2014年に提供することを検討している。 ExtremeTechによると、MicrosoftはOfficeのLinuxポートを2014年にリリースすることを“真剣に検討”している。これは、ただごとではないし、しかも完璧に理にかなっている。Officeは、プロプライエタリなソフトウェアだが、企業向けソフトウェアとしての往年の栄光はもはや取り戻せないだろう。Officeをオープンソースにすれば、.NET宇宙の外のデベロッパたちと… 続きを読む

  • Microsoft Office 2013のWindows優先は裏目に–サードパーティの機会が増大

    Microsoft Office 2013のWindows優先は裏目に–サードパーティの機会が増大

    Microsoftが、最新版のMicrosoft Office 2013をSurfaceタブレットのWindows RTにしか提供しないので、多くのCIOたちが困っている。この、クロスプラットホーム性を欠く姿勢によりMicrosoftは、より明確で完全なモバイルのワークフローを提供するサードパーティのベンダたちに、大きなチャンスを与えている。 ThinkJarのファウンダでアナリストのEsteban Kolskyの説では、OutlookはMicrosoftの最有力アプリケーションの一つだが、同社はSurfaceやそのほかのモバイル製品向けにそれ… 続きを読む

  • AudioMicro、Microsoftと提携してOffice 2010利用者に無料の音楽およびサウンドエフェクトデータを提供

    AudioMicro、Microsoftと提携してOffice 2010利用者に無料の音楽およびサウンドエフェクトデータを提供

    DFJ FrontierおよびFotoliaの出資を受けて、ロイヤリティーフリーのストック(素材)音楽や効果音を提供するAudioMicroがMicrosoftとの提携を発表した。世界中のMicrosoft Office 2010利用者にストック音楽や効果音を提供するという内容だ。 1,500以上の楽曲および効果音ライブラリがOffice.comにて提供され、Microsoft Office 2010の利用者はライセンスおよび配布条件の範囲内で、Microsoft Officeドキュメント内でデータが利用できる。 続きを読む

  • Google、MS OfficeとGoogleドキュメントを同期するプラグインを発表

    Google、MS OfficeとGoogleドキュメントを同期するプラグインを発表

    何年も前から生産性ツールはやがてクラウド化すると言われてきた。ところが、クラウド上でリアルタイムで共同作業ができるようになるというのは私のようなテクノロジーマニアには嬉しいニュースだが、一般ユーザーにとっては別のことを意味する―何百万人ものユーザーが慣れ親しんだMicrosoftOffice 2003や2007の環境を離れて新しいアプリケーションの使い方を習ったり、高額な有料サービスに登録したりしなければならないということだ。しかしGoogleは今までのやり方を大きく変えることなくクラウド化を進めることができるオプションの提供を始めた。… 続きを読む

  • 私がiPadを売ってしまった理由

    私がiPadを売ってしまった理由

    【抄訳】 *Photo credit ZDNet photo gallery そう、ぼくは正真正銘のAppleファンボーイだ: Steve Jobsが1985年以降作ったものは、すべて買ってる。最初はもちろん初代のMacintosh、Apple TVも持ってるし、iPodは数台、Macbook Pro、Macbook Air、iMac、iPhoneを2つ、iPadも2つ(一つはもらい物)。Windowsの上でMicrosoft Outlookを使う必要があるので、そんなときはMacの上で仮想マシンを動かす。でも、この根っからのファンボーイが、今やiPadをC… 続きを読む

  • Microsoft Office 2010、世界同時発売開始へ

    Microsoft Office 2010、世界同時発売開始へ

    Mircrosoftが大いに宣伝しているMicrosoft Officeの新バージョン、Office 2010は、AmazonやBest Buyを始めとする世界で3万5千の小売店やオンラインストアからいよいよ発売が開始される。 もちろん新バージョンはコンピュータにプリインストールされて消費者の手にわたるケースも多いだろう。プレスリリースでMicrosoftは「2011年にはOffice2010がプリインストールされたPCが1億台以上出荷される」と述べている。 Office 2010が発表されたのは昨年で(われわれの完全ガイド記事)、すでにベータ版… 続きを読む

  • Google Docs、リアルタイム性をさらに高める―新アプリDrawings追加

    Google Docs、リアルタイム性をさらに高める―新アプリDrawings追加

    GoogleはGoogle Docsの改良によって徐々にではあるが、着実にMicrosoftの核心ともいうべきOffice製品群に迫っている。現在Google Docsは無料のウェブ・アプリケーションとしてワープロ、表計算などが提供されているが、今日(米国時間4/12)、Drawingという新しアプリが加わった。同時に表計算を始めとするGoogle Docsのリアルタイム性が大幅に改善された。これらのニュースはGoogleのAtmosphereイベントで発表された。 Google Drawingsは実は一般的な意味でのドローソフトではない。むし… 続きを読む

  • DocVerse、Microsoft Office用プラグインをリリース―OfficeでGoogleドキュメント式に共同作業が可能に

    DocVerse、Microsoft Office用プラグインをリリース―OfficeでGoogleドキュメント式に共同作業が可能に

    GoogleドキュメントやそのライバルのZoho、Etherpadなどの登場によって、ワープロや表計算などの生産性アプリには共有や共同編集などコラボレーション機能が必須となってきた。Microsoft自身もコラボレーション機能を新バージョンOfficeのExcelに付け加えているが、その機能はまだ限定的だ。一方、DocVerseはWord、Excel、PowerPoint向けのコラボレーション用プラグインを発表した。これによってユーザーは他のユーザーとWordなどのアプリのファイルを共有し、共同で編集作業が行えるようになる。 DocVe… 続きを読む