マサチューセッツ工科大学 / MIT(用語)

マサチューセッツ工科大学に関連する記事一覧

  • MIT製のルンバ似ロボットがボストンの食料倉庫で新型コロナを紫外線で消毒

    MIT製のルンバ似ロボットがボストンの食料倉庫で新型コロナを紫外線で消毒

    MIT(マサチューセッツ工科大学)のCSAIL(コンピュータ科学とAIラボ)は研究プロジェクトの1つを利用してグレーターボストンフードバンク(GBFB)の倉庫の消毒サービスを提供し始めた。 続きを読む

  • MITがカメラを使わずに個人のバイタルサインを遠隔監視する技術を開発、介護施設での活用に期待

    MITがカメラを使わずに個人のバイタルサインを遠隔監視する技術を開発、介護施設での活用に期待

    マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームは、対象者のバイタルサイン(生命兆候)を、接触型センサーやウェアラブル機器を使うことなく、周囲にすでに存在する無線信号を使用して観察するシステムを開発している。 続きを読む

  • MITの小さな人工脳チップがモバイルデバイスにスパコン並みの能力をもたらす可能性

    MITの小さな人工脳チップがモバイルデバイスにスパコン並みの能力をもたらす可能性

    MITの研究者が新しいタイプの人工の脳内シナプスに関する論文を発表した。小型で省電力仕様でありながら、複雑なAIコンピューティングをデータセンターに接続せずローカルで処理できるデバイスの作成に役立つという。 続きを読む

  • イノベーティブな起業家を動かすものは「金」か「利他主義」か?

    イノベーティブな起業家を動かすものは「金」か「利他主義」か?

    新型コロナウイルス(COVID-19)に完全に飲み込まれたこの新しい世界では、難局を打開しようとさまざまなイノベーションが湧き上がっている。そんな中で先日、シリコンバレーを代表する投資家と起業家精神を鼓舞するものについて話し合った。 続きを読む

  • 90億円の新規投資でCommonwealth Fusionの2025年核融合実証炉稼働に道筋

    90億円の新規投資でCommonwealth Fusionの2025年核融合実証炉稼働に道筋

    Commonwealth Fusion Systemsは約90億円の投資を獲得した。MITで開発された技術を利用し、現在開発が進む他の現世代型核融合炉を一足飛びに追い越し、廃棄物の出ないエネルギー源を10年以内に産業界の顧客に届けようと考えている。 続きを読む

  • MITが家電製品が出す電磁波から居住者の健康状態を把握するシステムを開発

    MITが家電製品が出す電磁波から居住者の健康状態を把握するシステムを開発

    マサチューセッツ工科大学のコンピューター科学・人工知能研究所の研究者が、ヘアドライヤー、ストーブ、電子レンジ、洗濯機などの家電製品がいつ、どこで使われているかを把握できる新しいシステムを開発した。 続きを読む

  • MITが布に織り込める健康モニタリング用センサーを開発、洗濯機でも洗える

    MITが布に織り込める健康モニタリング用センサーを開発、洗濯機でも洗える

    MITが開発した新しいタイプの軽量センサーは、布のような曲げられる素材に組み込める。 続きを読む

  • 緊急用人工呼吸器のSpiro Waveが米食品医薬品局の認可を取得して新型コロナ需要に応える

    緊急用人工呼吸器のSpiro Waveが米食品医薬品局の認可を取得して新型コロナ需要に応える

    新型コロナウイルス(COVID-19)重篤患者の治療に必要な人工呼吸器の不足を補う新規プロジェクトが、米国時間4月20日に大きな節目を達成した。米食品医薬品局(FDA)の緊急時使用認可(EUA)が下りて、同プロジェクトの機器の使用と量産が認められた。 続きを読む

  • 隔離ルールの緩和で新型コロナの発症が急増、MITの新たな機械学習モデルが示唆

    隔離ルールの緩和で新型コロナの発症が急増、MITの新たな機械学習モデルが示唆

    MITは、COVID-19感染拡大の新しいモデルを開発した。公式に入手可能なデータに基づき、流行に関する確立された疫学的方程式と、ニューラルネットワークに基づく推論を組み合わせたもの。それによると、隔離措置の緩和が早すぎると、結果はかなり壊滅的なものになると予測されるという。 続きを読む

  • MITの在宅新型コロナ患者の動きと呼吸を検知するワイヤレス装置が遠隔治療をサポートする

    MITの在宅新型コロナ患者の動きと呼吸を検知するワイヤレス装置が遠隔治療をサポートする

    新型コロナウイルス(COVID-19)パンデミックは医療従事者に前例のない困難をもたらしている。中でも大きな課題はソーシャルディスタンス問題であり、自身が感染することなく診察と治療を行うためにまったく新しい取り組みが必要になる。 続きを読む