MIT

  • 安価な市販素材でMITがソフトロボットの皮膚となる触覚センサーを開発

    安価な市販素材でMITがソフトロボットの皮膚となる触覚センサーを開発

    MITのCSAILのチームが、ソフトロボット製のロボットアームに触覚を持たせるための「皮膚」を設計し、そのデモを披露した。 続きを読む

  • IoT
    MITの「RFocus」は壁一面をアンテナにするテクノロジー

    MITの「RFocus」は壁一面をアンテナにするテクノロジー

    MITのCSAIL(コンピュータ科学・人工知能研究所)が新たに開発した “smart surface” は、3000基以上のアンテナを使って信号強度を10倍近くに増幅する。 続きを読む

  • 仕事の未来は倫理的か?

    仕事の未来は倫理的か?

    EmTech Nextの本来の目的は、企業のトップやテクノロジーの専門家が次世代のテクノロジーが、今後数十年で私たちの仕事や経済をどのように変えてゆくかを話し合うことにある。だが私にとって、この集まりは生存の危機をもたらすものに感じられた。 続きを読む

  • MITの科学者が1年で10万回の反復実験が可能なロボットを開発

    MITの科学者が1年で10万回の反復実験が可能なロボットを開発

    科学はエキサイティングなはずだが、実際にはおそろしく退屈なこともある。何千回も同じことを繰り返す実験もあるが、そんなものは自動化してほしいところだ。 続きを読む

  • MITがソフトロボティクスの制御を最適化する新手法を開発

    MITがソフトロボティクスの制御を最適化する新手法を開発

    ソフトロボットの特定のタスク実行を最適化する新たな方法をMITの研究チームが開発した。 続きを読む

  • MITの最新ロボ「ミニチーター」がはしゃいで転んでひっくり返ってサッカーで遊ぶ

    MITの最新ロボ「ミニチーター」がはしゃいで転んでひっくり返ってサッカーで遊ぶ

    MITのバイオミメティックス・ロボティクス部門は、9匹の「ミニチーター」ロボの群れに、いろいろな動作をさせるデモをMITのキャンパスで実施した。既製の部品によって組み立て可能なレゴのようなものを目指して設計されたもので、耐久性と低コストも重視されている。 続きを読む

  • デリバリーロボが地図なしで配達先のドアを自力で見つける方法

    デリバリーロボが地図なしで配達先のドアを自力で見つける方法

    MITの研究者たちが開発した新しい行路発見方法は、さまざまな業界で客先まで物を届けなければならないロボット、いわゆるデリバリーロボットにとても役に立つ。 続きを読む

  • MITのブロック型ロボットは相互通信によって集団行動

    MITのブロック型ロボットは相互通信によって集団行動

    MITのComputer Science and Artificial Intelligence Laboratory(コンピューターサイエンスと人工知能研究所、 SAIL)が考案したこのキューブ状のロボットは、自力で移動し、お互いとコミュニケーションして協調しながら自分たちを何らかの構造物へ組み立てる。 続きを読む

  • 人間の動きと連動してバランスを保つパシフィック・リム的ロボ

    人間の動きと連動してバランスを保つパシフィック・リム的ロボ

    人間が二足歩行である以上、その環境内で動き回るにはロボットも二足歩行が適しているが、四足歩行や車輪移動の場合よりも転倒や落下をしやすい。その防止のためには高度なアルゴリズムが必要だ。 続きを読む

  • MITがロボットが物体を扱う時間を大幅に短縮する方法を開発

    MITがロボットが物体を扱う時間を大幅に短縮する方法を開発

    ロボットが物体をどうつかむかを決定するのにかかる時間を大幅に短縮する方法を開発したことを発表した。実験では、8分以上かかっていた操作が1秒未満でできたという。 続きを読む