マサチューセッツ工科大学 / MIT(用語)

マサチューセッツ工科大学に関連する記事一覧

  • ジェフリー・エプスタイン関連失言で辞任したリチャード・ストールマンがFSF理事会復帰、Red HatやSUSE反発

    ジェフリー・エプスタイン関連失言で辞任したリチャード・ストールマンがFSF理事会復帰、Red HatやSUSE反発

    3月22日、フリーソフトウェア財団(Free Software Foundation:FSF)は、2019年にFSF会長および理事会を離れたリチャード・M・ストールマン氏を復帰させたとする動画を公開しました。ストールマン氏と言えばEmacsやGCCの開発、GNU Public License(GPL)の策定などフリーソフトウェア界に多大な貢献をしてきたものの、思想の面では他に相容れない偏固なところがあり、時おり論争を巻き起こすこともあった人物。 続きを読む

  • ロボット構造の硬度を変化させる自然現象の影響を受けた新たなケーブル技術

    ロボット構造の硬度を変化させる自然現象の影響を受けた新たなケーブル技術

    ソフトロボティクスというサブカテゴリーは、この分野に対する多くの人々の考え方を変えた。自然現象の影響を強く受けたこの技術は、ロボットを論じるときに従来考えられていたような硬い構造とはまったく異なるアプローチを提供する。 続きを読む

  • MITの昆虫サイズのドローンは衝突しても平気

    MITの昆虫サイズのドローンは衝突しても平気

    昆虫といっても、その種類はあまりにも多いが、彼らは決してもろいものではない、たしかに、人間が足に全体重を乗せて踏めばほとんどの昆虫はつぶれてしまうが、それでもあの小さなサイズにしては、極めて頑丈で弾性のある生物に進化してきたのだ。しかし、昆虫サイズのテクノロジーとなれば、それはまた別の話となる。 続きを読む

  • MITの学生たちがロボットやドローン製作の全行程を自動化したシステムを開発

    MITの学生たちがロボットやドローン製作の全行程を自動化したシステムを開発

    付加製造法は、特定の作業に理想的なソリューションであることが証明されているが、この技術は多くのカテゴリーで従来の製造方法におよばない点がある。その最も大きなものの1つは、3Dプリントした後の組立て工程だ。3Dプリンターは非常に複雑な部品を作成することができるが、それを組み立てるには外部の人間または機械が必要になる。 続きを読む

  • MIT研究者が新たな情報に適応していく「流動」ニューラルネットワークを開発

    MIT研究者が新たな情報に適応していく「流動」ニューラルネットワークを開発

    最初の訓練を受けた後、その基礎となる動作を適応させることができる新しいタイプのニューラルネットワークは、自動運転やロボットの制御、病状の診断など、状況が急速に変化する状況において、大きな改善の鍵となる可能性がある。このようないわゆる「流動」ニューラルネットワークは、MITコンピュータ科学・人工知能研究所のラミン・ハサニ氏と彼のチームによって考案されたものだ。 続きを読む

  • MITの研究者がカスタムチップを使ってロボットの「応答速度」を高速化

    MITの研究者がカスタムチップを使ってロボットの「応答速度」を高速化

    MITの研究者たちは現在、ロボットがどれだけ速く情報を処理できるか(まだまだ遅い)と、どれだけ速く動けるか(現代のハードウェアの進歩のおかげで非常に速い)の間の大きなギャップに対処しようとしており、そのために「robomorphic computing(ロボモーフィック・コンピューティング)」と呼ばれるものを用いている。 続きを読む

  • MITが植物を実験室で植物の組織を培養する方法を開発、最終的には林業や農業の代わりに木材や野菜を生産

    MITが植物を実験室で植物の組織を培養する方法を開発、最終的には林業や農業の代わりに木材や野菜を生産

    企業や研究者が実験室で肉を育てることにアプローチしているように、MIT(マサチューセッツ工科大学)の研究者は、植物の組織を実験室で育てる新しい方法を開発した。このプロセスは実験室環境で木材や繊維を生産することが可能で、研究者たちはすでにジニアの葉から採取した細胞を使って単純な構造体を成長させることで、このプロセスがどのように機能するかを実証している。 続きを読む

  • MITメディアラボの新所長は元NASA副長官のデイヴァ・ニューマン教授

    MITメディアラボの新所長は元NASA副長官のデイヴァ・ニューマン教授

    学際的研究・開発のパイオニアであり各方面に大きな影響を与えてきたマサチューセッツ工科大学メディアラボの新所長は同大学で航空工学と宇宙工学の教授を務めるデイヴァ・ニューマン氏に決まった。 続きを読む

  • 海洋探査を変えるかもしれないMITが開発したバッテリー不要の水中ナビシステム

    海洋探査を変えるかもしれないMITが開発したバッテリー不要の水中ナビシステム

    MIT(マサチューセッツ工科大学)は水中で使用する新しいナビゲーションシステムを開発した。このシステムは、地上や空中でGPSが行っている方向案内を水中で実現しようとするものだ。GPSは、水中にはほとんど届かない。電磁波と水は相性が悪いからだ。潜水艦でソナーなどが使われているのはそれが理由だ。 続きを読む

  • MITの技術者チームが完全にフラットな魚眼レンズを開発、広角レンズの製造が容易になる可能性

    MITの技術者チームが完全にフラットな魚眼レンズを開発、広角レンズの製造が容易になる可能性

    MIT(マサチューセッツ工科大学)の技術者とマサチューセッツ大学ローウェル校が協力して、従来の超広角レンズのような球状の曲面カーブがなくフラットで、本物の魚眼のように像に歪みを実現したカメラ用レンズを考案した。 続きを読む