MIT

  • しぼんだ風船で物をつかむMITのロボットハンドは自重100倍の重さを持ち上げる

    しぼんだ風船で物をつかむMITのロボットハンドは自重100倍の重さを持ち上げる

    生物からヒントを得たソフトなロボットは、ロボット工学の中でももっともエキサイティングな分野だ。障害物に挟まれても壊れず、まわりの世界に形を合わせることができる 続きを読む

  • MITがインスリン内服カプセルの実験に成功、糖尿病患者の福音を目指す

    MITがインスリン内服カプセルの実験に成功、糖尿病患者の福音を目指す

    2型糖尿病でインスリン投与を必要とする患者は現在のところ注射に頼るほかない。内服可能なインリュリンカプセルは糖尿病医療における聖杯だったがMITの研究グループが重要な一歩を進めた。 続きを読む

  • MITのロボットはAI学習でジェンガがプレイできる

    MITのロボットはAI学習でジェンガがプレイできる

    ロボットに自律的にジェンガをプレイさせるのは非常に複雑な作業であることがわかった。MITの研究者は商用ロボットハンドをベースに積み木からブロックを抜くポピュラーなゲームに取り組んだ。 続きを読む

  • オブジェクトをシンプルな部分的形状の集まりとして捉え、精度の高い3Dモデルを作る

    オブジェクトをシンプルな部分的形状の集まりとして捉え、精度の高い3Dモデルを作る

    CSGと呼ばれる技法を使用するシステムによりMITの研究者たちが、オブジェクトを分解してそれら個々の構成要素を3Dモデルで表現することに成功した。いわばそれは、複雑な物体に対するリバースエンジニアリングだ。 続きを読む

  • ガラスを3DプリントするシステムをMIT研究者が開発

    ガラスを3DプリントするシステムをMIT研究者が開発

    Chikara Inamura, Neri Oxmanらが記述しているガラスの3Dプリントシステムは、熱い素材を完全にコントロールして最終製品を作ることができる。 続きを読む

  • AIと3Dプリントを使って写真の絵画を再現できるようになった

    AIと3Dプリントを使って写真の絵画を再現できるようになった

    MITのコンピューターサイエンス・人工知能ラボの研究者が、写真から絵画を再現するシステムをつくりだした。 続きを読む

  • 可動部品のないこの飛行機はイオン風に乗って飛ぶ

    可動部品のないこの飛行機はイオン風に乗って飛ぶ

    飛行機はそれが発明されたときから、可動部品を使って空気を押すことにより、飛行した。グライダーや気球は飛ぶというより浮かぶものだが、動力による飛行はもっぱらプロペラ、すなわち“押し進める(propel)”部品が頼りだ。しかし今日(米国時間11/21)それが変わり、世界初の“ソリッドステートな”(固体状態の)航空機が、“イオン風”を生成して可動部品まったくなしで飛ぶ。 続きを読む

  • RFIDステッカーからの信号で食品の汚染が分かる

    RFIDステッカーからの信号で食品の汚染が分かる

    安全でない食べ物は、それを食べる前に見つけたい。でも最近のベビーフード事件のように、瓶詰めや缶詰の場合はいちいち開けて調べることもできない。そこでMITの研究者たちは、食品に触れることなく、ある程度の距離から、一瞬でチェックできる方法を見つけた。それは、多くの製品にすでについているRFIDタグを利用する方法だ。 続きを読む

  • 特許出願の前に先行技術を調べるためのデータベースをMIT/Google/Cisco/米特許局などが共同ローンチ

    特許出願の前に先行技術を調べるためのデータベースをMIT/Google/Cisco/米特許局などが共同ローンチ

    パテントのシステムは破綻している。破綻の様相は実際に、いろんなやり方でリストアップできる。それらのリストの中には、先行技術(prior art)をめぐる問題も必ずあるだろう。そこで、著名な企業や団体から成るチームが協力して、先行技術を調べるためのデータベースPrior Art Archiveを作ろうとしている。 続きを読む

  • MITのSolveは本当に実効性のある社会改革コンテストの新しい形を示す

    MITのSolveは本当に実効性のある社会改革コンテストの新しい形を示す

    10年ほど前に、McKinsey&Companyが革新を促すためのコンテストの上手な活用方法を記事にして以来、業界全体が社会革新コンテストを中心に成長してきた。そうした「世界の救済」をテーマとしたコンテストも、形式化が進んだ。ドラムを鳴らして賞に話題を集め、大手企業と提携して資金を集め、著名人の審査員を並べる。世界中からできるだけ多くのアイデアを募り、そこから多くのメディアが注目するきらびやかなイベントで、ピッチを行うファイナリストを絞り込む。 続きを読む

  • ロボットも人間のように偏見を持つ、防ぎ方も人間集団と同じ

    ロボットも人間のように偏見を持つ、防ぎ方も人間集団と同じ

    カーディフ大学とMITの研究者たちによる、おもしろい研究によれば、複数のロボットが一緒に仕事をするとき、偏見が生じることがある。チームワークをシミュレーションするロボットたちが、他のチームのロボットに対する偏見を表現した。研究者たちによると、“自動機械のグループが、お互いの振る舞いを単純に認識し、コピーし、学習することによって偏見が現れる”。 続きを読む

  • MITの研究者たちが、ニューラルネットワークにうつ病の検知方法を教えている

    MITの研究者たちが、ニューラルネットワークにうつ病の検知方法を教えている

    MITの研究者たちによる新しい技術は、患者が書いた文章や口頭での反応を分析することで、うつ病を検知することができる。MITのCSAILグループによって開発が始まったこのシステムは「ニューラルネットワークモデルを使用することで、生のテキストやインタビューの音声から、うつ病を示すパターンを発見することができる」のだ。 続きを読む

  • ボストンエリアのスタートアップが、ニューヨークのベンチャー企業の数を追い抜く勢いに

    ボストンエリアのスタートアップが、ニューヨークのベンチャー企業の数を追い抜く勢いに

    ボストンは、米国で2番目に大きいスタートアップ資金調達の中心地としての、旧来の地位を回復した。 ニューヨークの年間ベンチャー投資総額の後塵を、何年にも渡って拝し続けたマサチューセッツ州が、2018年に遂にリードを奪い返したのだ。ボストンのメトロエリアへの今年のベンチャー投資額は、これまでのところ52億ドルとなり、ここ数年のうちでも最も高い年間合計になる予想が出されている。 現時点でのマサチューセッツ州の年初来の数字は、ニューヨーク市全体の数字よりも約15%高いものだ。このことは、今年ボストンのバイオテック重視のベンチャーを、これまでのとこ… 続きを読む

  • MITのCheeta 3ロボットは目隠しで階段を上れる――捜索・救難現場での実用化を目指す

    MITのCheeta 3ロボットは目隠しで階段を上れる――捜索・救難現場での実用化を目指す

    昨年TechCrucnhがボストンで開催したロボティクスに関するTC SessionsのステージでデビューしたMITのCheetah 3ロボットがさらに進化して戻ってきた。Sangbae Kim准教授はCheetah 3の新機能を10月にマドリッドで開催されるロボッティクスのカンファレンス、iROS 2018で公式に発表する予定だが、同准教授のラボで公開しているビデオを紹介しよう。 続きを読む

  • 人間の脳とロボットをつないで、失敗を未然に防ぐシステム

    人間の脳とロボットをつないで、失敗を未然に防ぐシステム

    ロボットに壊滅的なことをしないよう教えるにはどうしたらよいか? 言葉やプログラムで命令を与えることもできるが、人間の脳を見て苦痛の兆候を感じ取り、自らを止めさせる方法もある。MITのロボティクス研究所が作った新しいシステムは、人間の脳とつないでロボットに作業の指示を出す。 続きを読む

  • 批判を浴びていたMITが脳を保存するスタートアップNectomeとの関係を断つ

    批判を浴びていたMITが脳を保存するスタートアップNectomeとの関係を断つ

    MITが、Nectomeとの関係を断つことになった。この、Y Combinatorが支援するスタートアップは、将来のデジタルアップロードの可能性のために顧客の脳を保存すると称してきた。 続きを読む

  • MIT、砂漠の空気から水を絞り出す装置をテスト中

    MIT、砂漠の空気から水を絞り出す装置をテスト中

    スター・ウォーズの世界ではライトサーベル、ホログラム、ハイパードライブといったはなばなしいテクノロジーが有名だが、水不足の惑星タトゥイーンではルーク・スカイウォーカーのおじさん夫妻は水不足に苦しんでいた。 続きを読む

  • MIT発のスタートアップFeature Labsは機械学習アルゴリズムの開発を加速する

    MIT発のスタートアップFeature Labsは機械学習アルゴリズムの開発を加速する

    MITで始まった研究にルーツを持つスタートアップのFeature Labsは、データサイエンティストたちが機械学習アルゴリズムをより迅速に構築することを支援する一連のツールを、本日(米国時間2月22日)正式にリリースした。 共同創業者兼CEOのMax Kanterによれば、同社はデータサイエンティストたちにしばしば手作業を強いて時間のかかる「特徴量設計(feature engineering)」を自動化する方法を開発したのだと言う。「Feature Labsは、企業がインパクトのある機械学習プロダクトを企画し、実装し、そして何よりも大切なことで… 続きを読む

  • 今設計しているものの構造や形が目の前で3Dプリントで分かるプロトタイピングマシンをMITらが開発中

    今設計しているものの構造や形が目の前で3Dプリントで分かるプロトタイピングマシンをMITらが開発中

    MITとコーネル大学の共同プロジェクトRobotic Modeling Assistant(RoMA)は、最新のさまざまなテクノロジーを組み合わせて、従来よりも良いプロトタイピングマシンを作ろうとしている。 上図のように拡張現実ヘッドセットと二つのコントローラー、そしてCADプログラムを使って、設計者は3Dモデルを作る。するとロボットアームが、自分に装着されている3Dプリンターからプラスチックを射出してスケルトンモデル(骨格モデル)を作っていく。 続きを読む

  • ロボットたちに基本的な動作の組み合わせを通して世界を理解させる

    ロボットたちに基本的な動作の組み合わせを通して世界を理解させる

    言われたことをこなすという点で、ロボットは申し分ない。しかし、そのための情報をシステムに入力する作業は、時にロボットに実行して欲しい作業よりも、遥かに複雑なプロセスになってしまうことがある。これがロボットは単純な反復作業に向いていると言われる理由だ。 ブラウン大学とMITの研究チームは、現実の物体と、運動能力に基づく動作の抽象的な概念を開発することを通して、ロボットがタスクを計画できるようなシステムの開発に取り組んでいる。このシステムでは、ロボットは複雑な作業を、扱いきれない程の事細かな作業手順までに落とすことなく、実行することができる… 続きを読む