月(用語)

月に関する記事一覧

  • 米会計検査院が月着陸船開発契約をめぐるBlue Originの抗議を却下

    米会計検査院が月着陸船開発契約をめぐるBlue Originの抗議を却下

    米会計検査院(GAO)は米国時間7月30日、Blue Originの抗議、そして月着陸船開発案を提出した防衛関連企業Dyneticsによる訴えのいずれも却下する、と明らかにした。GAOは、NASAがSpaceX1社と契約した際、法律や規則に反しなかった、と結論づけた。 続きを読む

  • 月着陸船開発を失注したベゾス氏がNASAに約2208億円の「インセンティブ」を打診

    月着陸船開発を失注したベゾス氏がNASAに約2208億円の「インセンティブ」を打診

    Blue Origin創業者である富豪のジェフ・ベゾス氏は米航空宇宙局(NASA)に契約と引き換えに月着陸船の開発費用を最大20億ドル(約2208億円)拠出し、パスファインダーミッションを自己資金で実施することを提案している。 続きを読む

  • GPSのような月面ナビネットワークをマステン・スペース・システムズが開発中

    GPSのような月面ナビネットワークをマステン・スペース・システムズが開発中

    これまで月に向かう宇宙船には、危険を検知してナビゲーションを補助する機器が搭載されていた。共通のナビゲーションネットワークが確立されていないことも、ある程度は納得できる。人類が月面に着陸したことは数えるほどしかなく、無人探査機の着陸は何度も行われているものの、未だ月面ミッションが定期的に行われるようになったわけではないからだ。 続きを読む

  • 次世代の月面探査車をGMとロッキード・マーティンが共同で開発中

    次世代の月面探査車をGMとロッキード・マーティンが共同で開発中

    人類が前回(1972年)、月を訪れたときには、比較的シンプルなバッテリー駆動の乗り物で移動した。NASAは次の有人月探査に向けて、月面車のアップグレードを検討している。ロッキード・マーティンとGMは米国時間5月26日、次世代の月面車を共同で開発していると発表した。 続きを読む

  • Firefly Aerospaceの月着陸船は2023年にSpaceXのFalcon 9で月へ

    Firefly Aerospaceの月着陸船は2023年にSpaceXのFalcon 9で月へ

    Firefly Aerospaceは、ロケットを開発しているだけでなく、並行して、同社の初めての月着陸船Blue Ghostを開発している。Blue Ghostは2023年に、別の打ち上げ企業SpaceXのロケットに乗って旅をすると米国時間5月20日に同社は発表した。 続きを読む

  • 月周回旅行を計画中の前澤友作氏が12月に国際宇宙ステーションへ、個人として日本人初

    月周回旅行を計画中の前澤友作氏が12月に国際宇宙ステーションへ、個人として日本人初

    SpaceX(スペースX)の民間宇宙旅行に向けた野望は、2018年に日本の起業家であり億万長者である前澤友作氏が、同社の大型宇宙船「Starship(スターシップ)」に乗って月を周回する往復宇宙旅行を行うと発表したことで、大きな盛り上がりを見せた。現在のスケジュールによると、前澤氏は2023年までにこの宇宙旅行を行うことを目指している途中にあるが、宇宙に出ることを強く望んでいる同氏は、それより前の今年12月に、民間宇宙飛行士として国際宇宙ステーションを訪問すると発表した。 続きを読む

  • NASAがアポロ計画以来となる有人月面着陸システムの開発にSpaceXを指名

    NASAがアポロ計画以来となる有人月面着陸システムの開発にSpaceXを指名

    NASAの有人着陸システム(HLS)を受注する企業が、SpaceXに決定した。同社は、アポロ計画以来初めてNASAの宇宙飛行士が月面に降り立つ手段を開発する権利を、29億ドル(約3156億円)で落札した。 続きを読む

  • 月へNASAの水探索車を届けるためにスペースXがFalcon Heavyロケットの打ち上げを2023年に予定

    月へNASAの水探索車を届けるためにスペースXがFalcon Heavyロケットの打ち上げを2023年に予定

    SpaceX(スペースX)は、2023年に大型の(そしてあまり使われていない方の)ロケット「Falcon Heavy(ファルコン・ヘビー)」を使用して、月にペイロードを送り込むことを予定している。このミッションでは、宇宙ベンチャー企業のAstrobotic(アストロボティック)が製造した月面着陸船を打ち上げることになっており、それにはNASAのVIPER(Volatiles Investigating Polar Exploration Rover、揮発性物質調査極地探索車。この機関は、楽しい頭字語を付けるために言語に無理させることを好む)が搭… 続きを読む

  • NASAが自律型軌道離脱システムや金星でも使えるバッテリーの研究に補助金

    NASAが自律型軌道離脱システムや金星でも使えるバッテリーの研究に補助金

    NASA(米航空宇宙局)のSBIRプログラム(中小企業技術革新研究プログラム)は定期的に将来有望な中小企業や研究プログラムに補助金を出している。そしてその補助金が交付されたリストを調べるのは常に興味深い。今回のリストから、特に説得力のあるもの、あるいは宇宙業界のミッションと産業にとって新たな方向を示している1ダースほどの企業と提案を紹介しよう。 続きを読む

  • ブルーオリジンが月面重力をシミュレートする機能をNew Shepardロケットに追加へ

    ブルーオリジンが月面重力をシミュレートする機能をNew Shepardロケットに追加へ

    NASAの発表によると、ブルーオリジンは再使用可能なNew Shepardを改良し、宇宙船のカプセルを回転させることで月の重力を再現することを計画している。これにより、カプセルは実質的に1つの大きな遠心分離機となり、内部の物体には月面で見られる重力に非常に近い力がかかることになる。 続きを読む