月(用語)

月に関する記事一覧

  • 3Dプリントの家を建設するICONが228億円獲得、月や火星の基地建設も計画

    3Dプリントの家を建設するICONが228億円獲得、月や火星の基地建設も計画

    3Dプリンティングロボットを使ってホームレスの人々のための1世帯住宅を作る。NASAと協力して月面、ひいては火星にインフラや居住環境を構築するための建設システムを開発し、北米最大の3Dプリント建築物になるとみられるテキサス州の軍事部門の兵舎を納入する。これらは、テキサス州オースティンに拠点を置く建設テックスタートアップICONが取り組んできたことのごく一部だ。 続きを読む

  • 米上院予算委員会がNASAに月着陸船プログラムで2つのチームを選定するよう指示

    米上院予算委員会がNASAに月着陸船プログラムで2つのチームを選定するよう指示

    有人着陸システムの物語はまだ終わっていない。米上院が現地時間10月18日に発表した2022年度のNASAに関する予算案では、有人着陸システム(HLS)プログラムで2つのチームを選定するよう、航空宇宙局に指示している。だが、そのための追加予算は1億ドル(約114億円)に過ぎない。 続きを読む

  • 宇宙船や人工衛星の制御と離脱技術を開発するAurora Propulsion Technologies、惑星間移動手段としても期待

    宇宙船や人工衛星の制御と離脱技術を開発するAurora Propulsion Technologies、惑星間移動手段としても期待

    2021年は、人類史上かつてないほど多くの宇宙船が軌道に投入され、今後10年間はさらに衛星の打ち上げ数が増加すると予想されている。これほど混雑した状況では、衛星を宇宙空間で制御し、寿命が尽きたときに軌道から外すことができるかどうかが鍵となる。 続きを読む

  • 月軌道へのペイロード輸送を2022年第4四半期に行うとSpaceflightが発表

    月軌道へのペイロード輸送を2022年第4四半期に行うとSpaceflightが発表

    衛星ライドシェアサービスを提供するSpaceflight Inc.は、企業が月軌道やそれ以上の軌道に簡単にアクセスできるようにするという長期的なビジョンの一環として、2022年に月フライバイ・ミッションで顧客の荷物を送り届ける。 続きを読む

  • NASAがアルテミス計画の月着陸機コンセプト開発でSpaceXやBlue Originなど5社と契約

    NASAがアルテミス計画の月着陸機コンセプト開発でSpaceXやBlue Originなど5社と契約

    2020年に承認されたアルテミス計画は、アポロの時代以来となる人類の月面再訪だけでなく、2020年代後半までにそのような旅を定期的に行えるようにするという多くの目的がある。さらにNASAは、月に留まらず、火星にも人類を送り込む惑星間探査にまで拡げることを目指している。 続きを読む

  • 多様な素材が使える3Dプリンターを開発したAON3DがAstrobotic提携、月面着陸機の部品を製造

    多様な素材が使える3Dプリンターを開発したAON3DがAstrobotic提携、月面着陸機の部品を製造

    3Dプリントが大いに注目を集めているのには理由がある。3Dプリンターは新たな形状の物体を作り出すことができ、しかも従来の製造方法に比べてはるかに軽量な素材を使用できることが多い。しかし、アディティブ・マニュファクチャリングの訓練を受けていない企業や、従来の3Dプリントには適さない素材を使用しなければならない企業など、多くの企業にとっては依然として参入障壁が高いことも事実だ。 続きを読む

  • ブルーオリジンが未来のNASA月面着陸技術のテスト機打ち上げをライブ配信

    ブルーオリジンが未来のNASA月面着陸技術のテスト機打ち上げをライブ配信

    NS-17(New Shepard 17の略で、Blue Originの完全再利用型ロケットが離陸するのが17回目であることにちなんでいる)の打ち上げは、米国東部夏時間8月26日午前9時35分(日本時間8月26日午後10時35分)に、テキサス州西部にある同社の発射場から行われる。 続きを読む

  • 日本の宇宙ベンチャーispaceが月の夜にも耐えられる大型月着陸船のデザインを発表

    日本の宇宙ベンチャーispaceが月の夜にも耐えられる大型月着陸船のデザインを発表

    月面の経済発展でリーダーとなることを目指す日本の宇宙ベンチャー企業、ispaceは、早ければ2024年に月へ行く大型着陸機のデザインを発表した。東京を拠点とするispaceによれば、この「シリーズ2」と名付けられた次世代ランダーは、同社が計画する3回目の月探査ミッションで使用される予定とのことだ。 続きを読む

  • Blue Originは月着陸船のSpaceX発注に抗議し連邦裁判所でNASAと一騎打ちに

    Blue Originは月着陸船のSpaceX発注に抗議し連邦裁判所でNASAと一騎打ちに

    億万長者のジェフ・ベゾス氏が率いる宇宙企業Blue Originが、NASAを法廷に引っ張り出そうとしている。米国時間8月17日に同社は米連邦請求裁判所に、月着陸船の契約をライバル企業のSpaceXにのみ与えたとして同政府機関を告訴した。 続きを読む

  • 連邦政府はSpaceXがNASAの月着陸船建造を受注したことに対するBlue OriginとDyneticsの異議を退ける

    連邦政府はSpaceXがNASAの月着陸船建造を受注したことに対するBlue OriginとDyneticsの異議を退ける

    Blue Origin(ブルーオリジン)とDynetics(ダイネティクス)は、NASAがアルテミス計画で使用する有人着陸システムの建造をSpaceXにのみ委託するという決定を下したことに対し、いまだ強く抗議を続けている。この決定に対する抗議は 先日却下されたが、Blue Originが公然と疑問を呈した米国政府説明責任局の主張は誰でも読むことができる 続きを読む