Motion control

  • Disney Researchが壁をよじ登り天井を這うロボットを開発

    Disney Researchが壁をよじ登り天井を這うロボットを開発

    Disney Researchとチューリッヒ工科大学の研究グループが、走行し、飛行し、ジャンプし、そして壁をよじ登る車を作った。車輪で走行し、プロペラを回転して障害物を飛び越え、壁にぶつかると垂直方向に動く。 vertical(垂直)をもじってVertiGoと名付けられたこのロボットは、実は車輪を駆動する動力がない。動きはすべてプロペラに由来し、それが、地上では車を走行させ、壁に当たれば車体を壁に押し付ける。 続きを読む

  • DIYで自由にカスタマイズできる3Dモーションセンス・コントローラDuo, Kickstarterで資金募集中

    DIYで自由にカスタマイズできる3Dモーションセンス・コントローラDuo, Kickstarterで資金募集中

    [筆者: Michael Seo] Duoは3Dのモーションセンス(動き感知)のできるコントローラで、 Leap Motion Controllerや Kinectに似ているが、DIY的に使用する。Leap Motion Controllerは小さなエレガントなパッケージ入りだが、Duoは買った人自身がこれから何とかするのだ。 Kickstarterで20ドルを出資すると、詳しいインストラクションと市販部品の網羅的なリスト、それにCADファイルがもらえる。本格的なDIY人間がこれから自分だけのモーションコントローラを作っていくためには、それだけあれば十分… 続きを読む

  • Kinetic Spaceは人のジェスチャーを理解する–手話でPCをコントロールしたり

    Kinetic Spaceは人のジェスチャーを理解する–手話でPCをコントロールしたり

    Kinetic Spaceプロジェクトは、3Dの空間スキャナ(Xbox Kinectなど)を使ってジェスチャーを登録したり読んだりする。また、そのジェスチャーの速度や反復などに基づいてイベントをトリガできる。とくに優れているのは、粒度が細かいことだ。たとえば人間の手の動きを、機械を制御するための身振り言語として読み取らせることもできる。 プロジェクトのコードはここで入手できる。”PrimeSense PS1080、Kinect、Xtionなど”をサポート、とあるから、ハイエンドからローエンドまで幅広い対応をしている。… 続きを読む